伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【高木馬之輔】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【高木馬之輔】です。

【高木馬之輔】は体格や力に頼った武術から、老若男女の誰もが使える武術を開発した伝説の剣豪です。

では【高木馬之輔】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://www.geocities.jp/

スポンサーリンク

 高木馬之輔

名前:高木馬之輔重貞

流派:高木流

出身:美作国

年代:江戸時代中期(1656~1716)

 

高木馬之輔は、明暦2年(1656)に津山藩士として生まれ、幼少の頃から武術修行に熱中して、柔術を中心に棒、槍、薙刀などを学んでいた。

中には「鉄板投術」と呼ばれた手裏剣の類まで学んだといわれ、ありとあらゆる武芸に興味があったことが分かる。

ちなみに馬之輔の身長は六尺八寸(206cm)という巨体であったという。

 

馬之輔は16歳になった寛文10年(1670)に、高木流初代の高木折右衛門より極意を受けたと同時に養子に入り、この時に高木馬之輔を名乗った。

厳しい修行と体格を生かした怪力で自信をつけていた馬之輔に大きな転機が訪れたのは、身長四尺八寸(145cm)の竹内流3代目宗家・竹内久吉との立合だった。

津山藩主・森忠政の御前で行われた試合は、体格に劣る竹内久吉の一方的な勝利。

馬之輔は、2度立ち合いを願って2度とも敗れ、3度目は立ち合いにも応じてもらえなかった。

この試合で自分の実力と慢心を知った馬之輔は、竹内久吉に詫びて入門を志願し、竹内流を学ぶことになった。

 

 

出典:http://www.geocities.jp/

スポンサーリンク

 

 

その後、無事に免許皆伝を受けた馬之輔は「高木流体術腰廻」と称して、自らの流派に工夫を加え後輩の育成にあたった。

さらに晩年、自らの経験から体力に頼る武術を反省した馬之輔は「力をもって争う者は、その力を脱して止む。力をもってせず、老若婦女といえども勝利を得る術あるべし」と語り、この理想に近づくべく数年間の術の工夫を続けた。

しかし、馬之輔は納得する術を得ることができず、意を決して氏神に参籠して術の完成を祈願した。

籠ること100日、ついに神示「楊(やなぎ)の枝に雪を戴ける」を受け、これをもとに術の工夫を重ねて理想の武術を完成させたという。

 

「本體楊心流高木流柔術」と称した馬之輔は、元禄6年(1693)に近衛家より、武士の頭領宗家侑門院別当力士の称号を受け、享保元年(1716)に61歳で没した。

称号を受けた時、馬之輔は百五十貫目(450kg)の重りを持ち上げたというと伝説が残っている。

 

 

スポンサーリンク

最後の最後は神頼みという、昔の「剣豪」がよく行っていた常套手段で覚醒した高木馬之輔。

いつの時代になっても、「剣豪」って伝説が欲しいんですね・・・

でも、馬之輔が編み出した術は、力で押し切る武術ではなく、楊のしなやかさからヒントを得た老若男女が使える武術。

平和な時代に合わせた武術が、のちのちまで与えた影響は大きいと思います。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪