伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【辻月丹】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

ここではシリーズ化して伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介しています。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【辻月丹】です。【辻月丹】は戦国の気風が残る江戸前期、幕末が迫る江戸後期の狭間にあり江戸中期において剣と禅を極めた「江戸の剣聖」とも呼ぶべき伝説の剣豪です。それでは【辻月丹】について流派や出身地も含め簡単に説明していきます。

 

出典:http://mugairyu.info/

スポンサーリンク

辻月丹

名前:辻月丹、辻兵内、辻資茂

流派:無外流、山口流

出身:近江国

年代:江戸時代中期(1649~1727)

山口流・辻兵内

辻月丹は慶安2年(1649)に近江国甲賀に生まれました。幼名は兵内といいます。

13歳で京都に上った兵内は山口卜真斎家利の元で剣術を学び、26歳の時に「山口流」の免許皆伝になったといいます。

師の山口卜真斎は常陸国鹿島に生まれ、天流、鞍馬流、タイ捨流、神当流、富田流、神道流などの諸流を学んだのち、各地で兵法勝負を繰り返すうちに京都に留まる事になり、元和6年(1620)に自宅の庭で異人の童子が呪文を唱えながら二刀を振っているのを見て「山口流」を興したといわれています。

このため「山口流」は二刀流の流儀として始まり、兵内にも受け継がれていきました。

免許皆伝後、甲賀に戻った兵内は山籠もりなどの厳しい修行を重ね、やがて江戸に出て麹町に「山口流」の道場を開きました。

しかし、無名の「山口流」や田舎者の兵法者は江戸の武士に相手にされず、兵内はわずかな弟子と稽古していたといいます。

そんな中でも兵内は「自鏡流」の流祖である多賀自鏡軒盛政に居合を学び、自身の剣に磨きをかけていきました。

居合も極めた兵内の剣はすさまじく、山口卜真斉が江戸を訪れた34歳の時には求めに応じて居合を披露して灯明の火を抜刀で3回消して師を驚かせたといわれます。

また、兵内は技や力だけの剣術ではなく、心の修行も必要として麻布にある吸江寺の石潭禅師に師事して禅と中国の古典を学びました。

そして兵内は45歳の時に悟りを開き、第二世の神州和尚から亡き師・石潭禅師の名で偈を授けられました。

※「偈(げ)」とは禅僧などが悟りの境地を韻文の体裁で述べたもの。

 

石潭禅師の偈

出典:http://mugairyu.info/

スポンサーリンク

無外流・辻月丹

元禄6年(1693)、悟りを開いた兵内は名を『月丹資茂』とし、流派名を偈よりとって「無外流」としました。

こうして一介の田舎兵法者に過ぎなかった辻兵内は、長年の参禅によって悟りを開いた剣客・辻月丹として有名になり、吸江寺を訪れる大名と対等に語る事ができるようになりました。

そして月丹の元に厩橋藩主・酒井忠挙、土佐藩主・山内豊昌らが弟子入りしたことでさらに剣名が高まり、弟子の数は大名家32家、直参156人、陪臣930人にのぼったといいます。

ますます有名人となった月丹には多くの大名家から師範役として迎えたいとの申し出がありましたが、月丹自身はこれらを全て断り、代わりに甥で「無外流」第2代となった辻右平太を厩橋藩・酒井家に、養子で「無外流」第3代となる都治(辻)記摩多資英を土佐藩・山内家の師範役に推挙しました。

その後、月丹は61歳の時に酒井忠挙の取り計らいで5代将軍・綱吉に謁見することになりましたが、これは綱吉の死去により実現しませんでした。

月丹は剣と禅は「一如(仏語で絶対的に同一である真実の姿)」であるとし、弟子達にも禅を学ばせ、理解できたものにしか免許を授けませんでした。

そして享保12年(1727)、 禅学の師であった石潭禅師の命日と同じ日、月丹は座禅を組み死去したといいます。享年79。

スポンサーリンク

剣豪名をクリックすると個別の剣豪紹介記事が見れます↓

時代 剣豪名 流派
平安 鬼一 法眼 京八流
源 判官 義経 太刀の術
室町 念阿弥 慈恩(相馬 義元) 念流
中条 兵庫頭 長秀 中条流
飯篠 長威斎 家直 天真正伝香取神道流
松本 備前守 政信 鹿島神流
愛洲 移香斎 久忠 陰流
戦国 塚原 卜伝 高幹 鹿島新當流
山本 勘助 晴幸 京流
竹内 中務大夫 久盛 竹内流
上泉 伊勢守 信綱 新陰流
宝蔵院 胤栄 宝蔵院流
富田 五郎左衛門 勢源 富田流
奥山 休賀斎 公重 神影流
柳生 石舟斎 宗厳 柳生新陰流
北畠 具教 鹿島新當流
師岡 一羽 常成 一羽流
足利 義輝 鹿島新當流・新陰流
疋田 豊五郎 景兼 疋田陰流
丸目 蔵人 長恵 タイ捨流
林崎 甚助 重信 神夢想林崎流
根岸 兎角(信太 朝勝) 微塵流
伊藤 一刀斎 景久 一刀流
斎藤 伝鬼坊 勝秀 天流
真壁 暗夜軒 氏幹 霞流
富田 越後守 重政 富田流
樋口 又七郎 定次 馬庭念流
吉岡 憲法 直綱 吉岡流
江戸 東郷 重位 示現流
小野 忠明(神子上 典膳) 小野派一刀流
小笠原 源信斎 長治 真新陰流
柳生 但馬守 宗矩 柳生新陰流
片山 伯耆守 久安 片山伯耆流
鐘捲 自斎 通家 鐘捲流
柳生 兵庫助 利厳 柳生新陰流
松山 主水 大吉 二階堂平法
夢想 権之助(山本 勝吉) 神道夢想流
小栗 仁右衛門 正信 小栗流
宮本 武蔵 玄信 二天一流
高田 又兵衛 吉次 宝蔵院流
神谷 伝心斎 直光 直心流
針ヶ谷 夕雲 正成 無住心剣流
上泉 義胤(上泉 秀信) 民弥流
松林 蝙也斎 永吉 夢想願流
田宮 平兵衛 重正 田宮流
荒木 又右衛門 保知 柳生新陰流
佐々木 巌流 小次郎 巌流
伊藤 典膳 忠也 忠也派一刀流
柳生 十兵衛 三厳 柳生新陰流
薬丸 兼陳 薬丸自顕流
柳生 連也斎 厳包 柳生新陰流
関口 八郎左衛門 氏業 関口流
高田 三之丞 為長 柳生新陰流
伊庭 是水軒 秀明 心形刀流
今枝 佐仲 良台 初實剣理方一流
辻 月丹 資茂 無外流
高木 馬之輔 重貞 高木流
真里谷 円四郎 義旭 無住心剣流
堀部 安兵衛 武庸 馬庭念流
樋口 十郎兵衛 定暠 馬庭念流
楳本 法神 政武 法神流
寺田 五右衛門 宗有 天真一刀流
戸賀崎 熊太郎 暉芳 神道無念流
近藤 内蔵之助 長裕 天然理心流
平山 行蔵 講武実用流
岡田 十松 吉利 神道無念流
岡田 惣右衛門 寄良 柳剛流
浅利 又七郎 義信 中西派一刀流
白井 亨 義兼 天真一刀流
中西 忠兵衛 子正 中西派一刀流
千葉 周作 成政 北辰一刀流
大石 進 種次 大石新陰流
男谷 精一郎 信友 直心影流
高柳 又四郎 義正 中西派一刀流
伊庭 軍兵衛 秀業 心形刀流
幕末 斎藤 弥九郎 善道 神道無念流
大川 平兵衛 英勝 神道無念流
加藤田 平八郎 重秀 加藤田新陰流
遠藤 五平太 正贇 中西派一刀流
島田 虎之助 直親 直心影流
逸見 小源太 長英 甲源一刀流
橘 内蔵介 正以 柳剛流
浅利 又七郎 義明 中西派一刀流
勝 海舟 安邦 直心影流
桃井 春蔵 直正 鏡新明智流
大山 格之助 綱良 薬丸自顕流
宇野 金太郎 重義 片山伯耆流
斎藤 新太郎 龍善 神道無念流
清河 八郎 正明 北辰一刀流
黒河内 伝五郎 兼規 神夢想一刀流
仏生寺 弥助 神道無念流
上田 馬之助 美忠 鏡新明智流
高杉 晋作 春風 神道無念流・柳生新陰流
桂 小五郎(木戸 孝允) 神道無念流
佐々木 只三郎 泰昌 神道精武流
斎藤 歓之助 歓道 神道無念流
千葉 栄次郎 成之 北辰一刀流
河上 彦斎 玄明 我流
近藤 勇 昌宜 天然理心流
坂本 龍馬 直柔 北辰一刀流
高橋 泥舟(高橋 伊勢守) 自得院流
土方 歳三 義豊 天然理心流
沖田 総司 房良 天然理心流
永倉 新八(長倉 載之) 神道無念流
伊庭 八郎 秀穎 心形刀流
斎藤 一(藤田 五郎) 無外流
岡田 以蔵 宜振 鏡新明智流
中村 半次郎(桐野 利秋) 薬丸自顕流
明治 山岡 鉄舟 高歩 一刀正伝無刀流
榊原 鍵吉 友善 直心影流
松崎 浪四郎 直之 加藤田新陰流
渡辺 昇 武常 神道無念流
奥村 左近太 奥村二刀流・直心影流
得能 関四郎 通久 直心影流
牟田 文之助 高惇 鉄人流
根岸 信五郎 資剛 神道無念流
門奈 正 水府流・北辰一刀流
高山 峰三郎 直心影流
逸見 宗助 立身流
高橋 赳太郎 高運 無外流
本間 三郎 本間念流
川崎 善三郎 重徳 無外流
高野 佐三郎 豊正 中西派一刀流
内藤 高治 北辰一刀流
山田 次朗吉 鹿島神傳直心影流
中山 博道 神道無念流

 

スポンサーリンク

 - 剣豪