伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【真里谷円四郎】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【真里谷円四郎】です。

【真里谷円四郎】は純粋な剣理を追求した無住心剣流の最強の使い手とされる伝説の剣豪です。

では【真里谷円四郎】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://yaplog.jp/

スポンサーリンク

真里谷円四郎 

名前:真里谷円四郎

流派:無住心剣流、真里谷流

出身:上総国

年代:江戸時代中期(1662~1743)

 

真里谷円四郎は元の名前を山名勝之助といい、若い頃から上総国真里谷村を出て江戸で無住心剣流を学んだ

当時の無住心剣流宗家は2代目・小田切一雲で、一雲は開祖・針ヶ谷夕雲と3度立合って3度とも「相抜け」となった達人であった。

円四郎は、修行の甲斐あって25歳の時に一雲より的伝免許を受け、一雲と同様に円四郎も師匠との試合を行った。

ここで「相抜け」となれば問題がなかったのだが、円四郎は一雲との試合で2度立合って2度とも勝ってしまう。

これに一雲は潔く円四郎の剣技を認めて、無住心剣流を円四郎に託すことになった。

 

無住心剣流は、子供の戯れのような無垢な心で剣を使うことを求める禅問答のような特殊な剣術であった。

そこで剣の神髄を得た円四郎は、千度の立合いに一度も不覚を取らなかったといわれる。

しかし、虚飾を廃し、あまりにも純粋な剣の理を追い求めた結果、その神髄を理解できる者が育たなかったため、この特殊な剣術を受け継いでいく者は、その後現れることはなかった。

 

「生まれついたままの純粋な赤子の心でもって、種々の分別を離れ、外面に捉われることなく、ただ刀を引き上げて自然の感ずるところ、落ちるべきところへ刀を落とすだけ」と教えられて、理解出来ない者の方が普通である。

禅の悟りに等しい、高邁な剣理を解明した無住心剣流は、同流最強の使い手・真里谷円四郎を最後に途絶えてしまった。

 

 

出典:http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/

スポンサーリンク

針ヶ谷夕雲、小田切一雲、真里谷円四郎と続いた無住心剣流、マジで難しすぎます。

そもそも「相抜け」という極意をウリにしていたのに、円四郎が師匠に勝ってしまって、その極意もウヤムヤに・・・

「剣の神髄とは何か」を問う、この流派の人たちは本当に刀を振って修行していたんでしょうか?

行き着くところまで行ったら、頭の中だけで試合ができたんじゃねぇの?

でも、それはもはや剣術ではないっすwww

 

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪