伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【白井亨】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【白井亨】です。

【白井亨】は江戸時代末期に「老い」に負けない剣術を完成させた伝説の剣豪です。

では【白井亨】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://japanbujut.exblog.jp/

スポンサーリンク

白井亨 

名前:白井亨

流派:天真流

出身:江戸

年代:江戸時代後期(1783~1843)

 

白井亨は天明3年(1783年)に江戸の町人・大野家で生まれ、後に母方の祖父である信州中野の郷士・白井彦兵衛の養子となった。

亨が8歳のとき祖父が死去し、その遺言で母は機迅流の依田新八郎秀復のもとへ入門させる。

亨は非常に重い竹刀と振って人一倍稽古に励み、14歳の頃には道場随一の腕前となる。

しかし、師との折り合いが悪い事もあって印可がもらえず、不満に思った亨はアッサリと見切りをつけて、江戸で名高い一刀流・中西道場の中西子啓のもとへ入門した。

当時の中西道場には、師範代で「音無しの剣」を振るう高柳又四郎、形稽古にこだわりながらも試合を行えば無敵だった寺田宗有、さらに浅利又七郎、千葉周作などがいた。

その中で亨は、形稽古を宗有、竹刀稽古を又四郎から学んで天賦の才を発揮。

やがてこの二人と並んで中西道場の「三羽烏」と呼ばれるようになった。

享和元年(1801)に師の子啓が没すると、亨は道場を去って諸国武者修行の旅に出た。

この頃に、失われていた小笠原玄信の伝説の技「八寸の延金」を自己流で編み出し、神道無念流の岡田十松の道場や馬庭念流の道場などで数々の試合を行って名声を上げた。

そして亨は岡山藩で優遇されて道場を構え、剣術指南となって300人の門弟を抱える大道場主となる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

文化8年(1811)、母の病の知らせもあって江戸に戻った亨は、共に腕を磨いた中西道場の同門達を尋ねて回ったが、皆の剣の衰えように落胆してしまう。

亨は「老いる=強さを失う」に納得がいかなかった。

この悩みをを中西道場の兄弟子で天真一刀流を開いていた寺田宗有に打ち明けて試合をしたが、63歳となっていた宗有の前に亨は一歩も動けず敗北した。

亨は剣の恐ろしさを感じながらも、年齢を重ねても衰えない世界を知って歓喜したという。

その場で宗有に弟子入りを志願した亨であったが、ここで宗有は苦言を呈した。

「これまでお前は20年以上にわたって邪道の剣を使ってきた。一からやり直すには悟道の道に求めるしかない。」

それからの亨は徹底して水行を行い、精神面を鍛錬しながら宗有から剣を学んでいった。

5年後、天真一刀流二代目と引き継いだ亨の剣は、青年の頃とは全く違う円熟した剣を振るったという。

天保3年(1832年)、大石進が江戸の各道場にて他流試合を挑み、江戸の剣豪たちを総なめにしていたとき、千葉周作が引き分けに持ち込んだ他、唯一これを破ったのは亨だけだった。

大石進が巨体を生かして5尺3寸の長竹刀を使用していたの対し、亨は2尺以下の短い竹刀を使用したという。

天保14年(1843)に亨は江戸で死去したが、天真伝兵法は富山藩士・吉田有恒が生前に継承し、富山藩に伝わった。

 

 

スポンサーリンク

若い頃は師匠に恵まれませんでしたが、最終的には自分の剣の道を悟らせてくれた寺田宗有に出会った白井亨。

二人は中西道場で共に修行していた間柄ですが、この時の白井亨には宗有の剣の理を感じることができなかったのでしょう。

のちに白井亨が悩むことになる「老いる=強さがなくなる?」の答えは実は本当に近くにあったのに。

のちに63歳の宗有を目の前にして、一歩も動けなかったというのは相手の強さ、自分の強さが打ち込む前に感じることができたということ。

白井亨のそれまでの修行は遠回りしていたのかもしれませんが、それを辿ってきたかこそ分かるものがあったのでしょう。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪