伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【岡田以蔵】日本最強は誰?流派は?

      2019/12/24

はじめに

この記事ではシリーズで伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介しています。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【岡田以蔵】です。【岡田以蔵】は幕末最大の「人斬り」、日本史上に残る「暗殺者」としてその名を轟かした伝説の剣豪です。それでは【岡田以蔵】について流派や出身地も含め簡単に説明してきます。

 

出典:https://matome.naver.jp/

スポンサーリンク

岡田以蔵 

名前:岡田以蔵

流派:鏡新明智流

出身:土佐国

年代:江戸時代末期(1838~1864)

剣豪としての岡田以蔵

岡田以蔵は土佐国香美郡岩村の郷士・岡田義平の長男として生まれました。

嘉永元年(1848)、父の義平が足軽として徴募されると以蔵も城下に住んで足軽の身分を継ぎました。

そして以蔵は「中西派一刀流」の麻田直養のもとで剣術を学び、たちまち頭角を現してのちに『土佐勤王党』の盟主となる武市半平太から重用されるようになっていきます。

さらに安政3年(1856)、以蔵は半平太に従って江戸の「鏡新明智流」の道場『士学館』で学び、免許皆伝まで受けました。

また、以蔵は万延元年(1860)に半平太の時勢探索に従い、中国、九州地方で武術修行を行ないました。

この時、以蔵は半平太の配慮で岡藩にとどまり、「直指流剣術」も学んでいます。

 

その後、半平太が『土佐勤王党』を結成し、土佐藩保守派の吉田東洋を暗殺すると半平太が藩の実権を握るようになります。

そして半平太の信頼が厚かった以蔵は文久2年(1862)に参勤交代の衛士に抜擢され、半平太らと共に京へ上がりました。

これ以降、『土佐勤王党』が王政復古運動に尽力する裏側で、以蔵は薩長他藩の同志たちと共に『天誅』と称して集団暗殺活動を開始していきます。

 

出典:http://nekoyakata.net/

スポンサーリンク

人斬りとしての岡田以蔵

人斬りとして目覚めた以蔵は手始めに、吉田東洋暗殺事件を捜査していた土佐藩士・井上佐市郎を殺害しました。

この時のやり口は、井上を料亭に呼び出して泥酔させ、心斎橋の上で肩を組もうと見せかけて喉元を絞めて殺害。遺体を道頓堀川へ投げ棄てるというものでした。

続いて以蔵は、土佐勤王党と対立していた越後国出身の勤皇の志士・本間精一郎を殺害します。

この時は『薩摩の人斬り』こと田中新兵衛らと共に本間を取り囲み、脇腹をえぐったあと斬首して高瀬川へと投げ込みました。

さらにその二日後、以蔵は安政の大獄の際に志士弾圧を行っていた宇郷重国を見つけ出し、子もろとも斬殺して首を鴨川河岸に晒します。

また、同じく安政の大獄の際に多くの志士を摘発した目明し・猿の文吉についても、以蔵らが自宅から拉致して連行し、裸にして三条河原の杭に縛り「斬るのは刀の穢れになる」として絞殺。

文吉の遺体は竹の棒を肛門から体内を貫通させて頭まで通され、亀頭に釘を打たれて晒されていました。

その後も『人斬り以蔵』の凶行はとどまることを知らず、井伊直弼の懐刀・長野主膳の妾であった村山加寿江(村山たか)を、安政の大獄において志士弾圧に加わった女スパイとして襲撃し、寝ていたところを引きずり出して三条大橋に生き晒しにしました。

加寿江は女ということもあって殺されはしませんでしたが、三日三晩も生き晒しにされたといいます。

また、この翌日には長野主膳と加寿江の子である多田帯刀も連行して殺害し、首を晒しています。

これらを含め、以蔵は文久2年(1862)8月~文久3年(1863)1月の間に9件の暗殺事件に関わったとされています。

この暗殺事件から以蔵は後世において『人斬り』の悪名を背負うことになりますが、当時は同志から『天誅の名人』と呼ばれていたといいます。

 

出典:http://syouwa-kaidou.co.jp/

スポンサーリンク

罪人としての岡田以蔵

以蔵は半平太が在京中の文久3年(1863)1月、人斬りに飽きてしまったのか、勤王の志士として立とうとしたのか、突如として土佐藩を脱藩しました。

脱藩後の以蔵は酒色に溺れ、同志から借金を繰り返して見放されてしまいます。

この状況を見かねてか、江戸で知り合いになっていた坂本龍馬は以蔵に勝海舟の護衛を頼みました。

佐幕派の要人を暗殺してきた以蔵にとって勝海舟は敵といってもおかしくない人物でしたが、龍馬からの斡旋であれば断ることもできず、しぶしぶ了承することになりました。

そして以蔵が護衛についたある日、勝海舟が不逞浪士三人に襲われたところ、以蔵は一瞬で一人を斬り倒し、残り二人を退散させました。

この時、勝海舟は「人を殺すのを好んではいけない」とたしなめましたが、以蔵から「自分がいなければ、先生の首は飛んでいましたよ」と返されて、それ以上は何も言えなかったと語っています。

このように以蔵には更生の機会はあったものの、自らそれを拒絶し、その後も酒に溺れて龍馬からも見放され、やがて勝海舟のもとを去って無宿者に落ちていきました。

 

元治元年(1864)、京都町奉行所の無宿人狩りで捕えられた以蔵は額に入墨をされて京を追放されます。

そして丸腰の以蔵を待ち構えていたのは土佐藩の役人たちでした。

為すすべもなく捕らえられた以蔵は土佐の牢獄にブチ込まれます。

この頃、土佐藩では公武合体を唱える山内容堂が実権を回復し、勤王派への激しい弾圧が始まっており、吉田東洋暗殺、京の暗殺事件に関して武市半平太を含む『土佐勤王党』の多くが捕まって調査されていました。

牢獄での以蔵は女も耐えたような軽い拷問に泣き喚き、半平太には「以蔵は誠に日本一の泣きみそであると思う」と酷評されています。

やがて拷問に屈した以蔵は、自分の罪状及び『天誅』に関わった同志の名を自白し、『土佐勤王党』の崩壊のきっかけを作りました。

あることないこと自白する以蔵には、獄内外の同志により毒を差し入れる計画まで浮上しましたが、半平太が強引な毒殺には賛同せず、以蔵の親族からも了承を得られなかったこともあって、実行されることはありませんでした。

そして慶応元年(1865)、以蔵は打ち首、獄門に処されました。享年28。

 

出典:http://ryoumaarasuji.blog110.fc2.com/

スポンサーリンク

おわりに

岡田以蔵は、もはや「剣豪」というより「殺人者」と言う方が適切なのかもしれません。

幕末において江戸では様々な流派が道場を構える中、「剣の道」と共に「人の道」も教えていたはず。

しかし、以蔵は「位の桃井」と呼ばれた士学館で学んでいたにも関わらず、残念ながら「人の道」には目覚めることはなく、「殺人者」として目覚めてしまった。

暗殺自体は土佐勤王党、武市半平太らからの命令もあって以蔵一人が悪いとは思いませんが、「天誅」の名のもとに行った残忍な見せしめは、以蔵の中にある狂気があふれ出ているようしか感じません。

ちなみに、以蔵は安政の大獄に関わった者を重点的に暗殺していますが、その中で愛人と子供まで対象とされてしまった井伊直弼の懐刀・長野主膳について過去の記事で書いていますので興味のある方はどうぞ。

 

謎のお面の男を雇う長野主膳とは?西郷どん(せごどん)磯田屋で橋本左内を襲った男の主人?長野主膳は井伊直弼の懐刀!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 長野主膳 大河ドラマ西郷どん(せごどん)第11話、篤姫を輿入れさせるために江戸城で阿部正弘と共に将軍・徳川家定に対面した島津斉彬は、対立

スポンサーリンク

剣豪名をクリックすると個別の剣豪紹介記事が見れます↓

時代 剣豪名 流派
平安 鬼一 法眼 京八流
源 判官 義経 太刀の術
室町 念阿弥 慈恩(相馬 義元) 念流
中条 兵庫頭 長秀 中条流
飯篠 長威斎 家直 天真正伝香取神道流
松本 備前守 政信 鹿島神流
愛洲 移香斎 久忠 陰流
戦国 塚原 卜伝 高幹 鹿島新當流
山本 勘助 晴幸 京流
竹内 中務大夫 久盛 竹内流
上泉 伊勢守 信綱 新陰流
宝蔵院 胤栄 宝蔵院流
富田 五郎左衛門 勢源 富田流
奥山 休賀斎 公重 神影流
柳生 石舟斎 宗厳 柳生新陰流
北畠 具教 鹿島新當流
師岡 一羽 常成 一羽流
足利 義輝 鹿島新當流・新陰流
疋田 豊五郎 景兼 疋田陰流
丸目 蔵人 長恵 タイ捨流
林崎 甚助 重信 神夢想林崎流
根岸 兎角(信太 朝勝) 微塵流
伊藤 一刀斎 景久 一刀流
斎藤 伝鬼坊 勝秀 天流
真壁 暗夜軒 氏幹 霞流
富田 越後守 重政 富田流
樋口 又七郎 定次 馬庭念流
吉岡 憲法 直綱 吉岡流
江戸 東郷 重位 示現流
小野 忠明(神子上 典膳) 小野派一刀流
小笠原 源信斎 長治 真新陰流
柳生 但馬守 宗矩 柳生新陰流
片山 伯耆守 久安 片山伯耆流
鐘捲 自斎 通家 鐘捲流
柳生 兵庫助 利厳 柳生新陰流
松山 主水 大吉 二階堂平法
夢想 権之助(山本 勝吉) 神道夢想流
小栗 仁右衛門 正信 小栗流
宮本 武蔵 玄信 二天一流
高田 又兵衛 吉次 宝蔵院流
神谷 伝心斎 直光 直心流
針ヶ谷 夕雲 正成 無住心剣流
上泉 義胤(上泉 秀信) 民弥流
松林 蝙也斎 永吉 夢想願流
田宮 平兵衛 重正 田宮流
荒木 又右衛門 保知 柳生新陰流
佐々木 巌流 小次郎 巌流
伊藤 典膳 忠也 忠也派一刀流
柳生 十兵衛 三厳 柳生新陰流
薬丸 兼陳 薬丸自顕流
柳生 連也斎 厳包 柳生新陰流
関口 八郎左衛門 氏業 関口流
高田 三之丞 為長 柳生新陰流
伊庭 是水軒 秀明 心形刀流
今枝 佐仲 良台 初實剣理方一流
辻 月丹 資茂 無外流
高木 馬之輔 重貞 高木流
真里谷 円四郎 義旭 無住心剣流
堀部 安兵衛 武庸 馬庭念流
樋口 十郎兵衛 定暠 馬庭念流
楳本 法神 政武 法神流
寺田 五右衛門 宗有 天真一刀流
戸賀崎 熊太郎 暉芳 神道無念流
近藤 内蔵之助 長裕 天然理心流
平山 行蔵 講武実用流
岡田 十松 吉利 神道無念流
岡田 惣右衛門 寄良 柳剛流
浅利 又七郎 義信 中西派一刀流
白井 亨 義兼 天真一刀流
中西 忠兵衛 子正 中西派一刀流
千葉 周作 成政 北辰一刀流
大石 進 種次 大石新陰流
男谷 精一郎 信友 直心影流
高柳 又四郎 義正 中西派一刀流
伊庭 軍兵衛 秀業 心形刀流
幕末 斎藤 弥九郎 善道 神道無念流
大川 平兵衛 英勝 神道無念流
加藤田 平八郎 重秀 加藤田新陰流
遠藤 五平太 正贇 中西派一刀流
島田 虎之助 直親 直心影流
逸見 小源太 長英 甲源一刀流
橘 内蔵介 正以 柳剛流
浅利 又七郎 義明 中西派一刀流
勝 海舟 安邦 直心影流
桃井 春蔵 直正 鏡新明智流
大山 格之助 綱良 薬丸自顕流
宇野 金太郎 重義 片山伯耆流
斎藤 新太郎 龍善 神道無念流
清河 八郎 正明 北辰一刀流
黒河内 伝五郎 兼規 神夢想一刀流
仏生寺 弥助 神道無念流
上田 馬之助 美忠 鏡新明智流
高杉 晋作 春風 神道無念流・柳生新陰流
桂 小五郎(木戸 孝允) 神道無念流
佐々木 只三郎 泰昌 神道精武流
斎藤 歓之助 歓道 神道無念流
千葉 栄次郎 成之 北辰一刀流
河上 彦斎 玄明 我流
近藤 勇 昌宜 天然理心流
坂本 龍馬 直柔 北辰一刀流
高橋 泥舟(高橋 伊勢守) 自得院流
土方 歳三 義豊 天然理心流
沖田 総司 房良 天然理心流
永倉 新八(長倉 載之) 神道無念流
伊庭 八郎 秀穎 心形刀流
斎藤 一(藤田 五郎) 無外流
岡田 以蔵 宜振 鏡新明智流
中村 半次郎(桐野 利秋) 薬丸自顕流
明治 山岡 鉄舟 高歩 一刀正伝無刀流
榊原 鍵吉 友善 直心影流
松崎 浪四郎 直之 加藤田新陰流
渡辺 昇 武常 神道無念流
奥村 左近太 奥村二刀流・直心影流
得能 関四郎 通久 直心影流
牟田 文之助 高惇 鉄人流
根岸 信五郎 資剛 神道無念流
門奈 正 水府流・北辰一刀流
高山 峰三郎 直心影流
逸見 宗助 立身流
高橋 赳太郎 高運 無外流
本間 三郎 本間念流
川崎 善三郎 重徳 無外流
高野 佐三郎 豊正 中西派一刀流
内藤 高治 北辰一刀流
山田 次朗吉 鹿島神傳直心影流
中山 博道 神道無念流

 

スポンサーリンク

 - 剣豪