伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【富田重政】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【富田重政】です。

【富田重政】は「名人越後」の名で知られた富田流の使い手、伝説の剣豪です。

では【富田重政】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://blog.hangame.co.jp/

スポンサーリンク

富田重政 

名前:富田越後守重政

流派:富田流

出身:越前国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1554~1625)

 

富田重政は川崎弥兵衛景邦の子として生まれ、本名を川崎六左衛門という。

父・景邦は富田流初代の富田長家の高弟となり、山崎流を称していた。

六左衛門は父から山崎流を学び、さらに長家の子・富田景政について富田流を修めて、門下随一の使い手となる。

そして六左衛門は景政の娘を娶って富田姓を与えられ、養子になって富田流を継ぐことになった。

こうして六左衛門は『富田重政』と名乗り、のちに従五位下に任じられて越後守を授かる。

重政は前田利家に仕えて天正11年(1583)の末森城の戦いでは一番槍の武功を挙げたことから利家の賞賛を受け、小田原征伐や関ヶ原の戦いにおいても、前田軍の武将として従軍している。

これらの戦功から1万3千石の所領を与えられ、その後老齢のため一旦は隠居するが、前田利常に従って大坂夏の陣では19の首をあげたという。

このため、重政は富田流の中でも傑出した存在として「名人越後」の名で呼ばれた。

 

 

出典:https://ixagno.blog.fc2.com/

スポンサーリンク

 

 

晩年、重政は武芸好きで知られる将軍・徳川家光から剣術指南役の柳生宗矩との試合を持ち掛けられた。

重政は謹んで受けて江戸行きの準備を進めたが、そこに江戸からの使者がやってきて「試合は中止。龍虎相打つの言葉もあるように名人同士が試合すれば、いずれか一人に汚名がつく」と家光の言葉を伝えたという。

 

富田の家督は、長男・重家が継いでいたが24歳で死去。

家督、富田流とも次男・重康が継ぎ、父と同様に越後守を称した。

重康も富田流の達人として名を馳せたが、晩年に中風にかかり「中風越後」と揶揄されたという。

 

 

出典:https://ameblo.jp/tetu522/

スポンサーリンク

富田重政は、よくありがちな『神社に参拝』→『奥義開眼』のような眉唾もののエピソードを持つ剣豪ではなく、戦においてその強さを発揮した実戦派の剣豪。

所領1万3千石って少なそうに聞こえますけど、なかなかのもんですよ。

たしか、大河ドラマで主役を務めた井伊直虎の所領がそのぐらいのはず。

『名人越後』と呼ばれた父が偉大過ぎたため、『中風越後』というイジメのようなあだ名をつけられた息子がかわいそうでなりません・・・w

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪