伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【鬼一法源】日本最強は誰?流派は? | おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【鬼一法源】日本最強は誰?流派は?

      2017/07/19

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は、本当の意味で伝説の剣豪【鬼一法源】です。

【鬼一法源】は源義経に剣術を教えたとされる伝説の剣豪です。

この【鬼一法源】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

スポンサーリンク


鬼一法源

名前:鬼一法源

流派:京八流

出身:伊予国?

年代:平安時代

 

鬼一法源は伝説上の人物で、京の堀川に住んでいたことから、堀川の鬼一と呼ばれていた。

兵法、武略に通じていたとされる鬼一は、幼名を鬼一丸といい、伊予国の陰陽師の子であるといわれる。

長じて陰陽博士の安部泰長の門人となり、天文地理まで究め、呪術兵法である六韜兵法も用いていた。

この鬼一法源が京の鞍馬寺で8人の僧侶に剣を教え、それが後に広まって京八流になり、その後の剣術の源流になっていったとされる。

あくまで、伝説の人物であり、どこまでが本当で何が正しいのか、何がウソなのか分からないが、鞍馬寺の僧兵を中心とした太刀の術が、およそこの平安時代後期に編み出され、俗世から離れたところで発達していった。

そのことから鬼一法源は剣の源流として作り上げられていったとも考えられる。

源義経が鬼一法源から直接剣術を教わった、また源義経が六韜兵法書を盗み出したという伝説も、本当の話かどうかはわからないが、源義経が不遇だった幼少期の環境から、采配を振るう大将としての技よりも自分の身をじぶんで守る一対一の太刀之技を最初に学んでいたとしても無理のない話である。

 

 

111131

出典:https://kotobank.jp/

スポンサーリンク

 

 

いきなり、本当に【伝説】の剣豪を紹介してしまいましたが、結局歴史とはそんなものだと思うんですよね。

どんな作り話であっても、人が信じればそれが歴史に変わるし、勝者が都合よく書き変えて伝えてられている歴史も、今となっては分からないだけで必ずあるはずです。

古事記や日本書紀で伝えられている神話や神様が、現在の神社信仰に繋がってみんな初詣やお参りに出かけるわけですから、この鬼一法源も実在していなくても「いた」と思えば、人々の心の中とかに「いた」んです。

だいたい、源義経に剣を教えたなんてカッコ良すぎるし、もともと陰陽師の出なんてミステリアスな部分も魅力的です。

そもそも名前がカッコイイ。素晴らしいネーミングセンス!

上の浄瑠璃のイカツイおっさんの絵なんかより、下の烏帽子をかぶった陰陽師が刀振り回してるほうがイメージにピッタリ。

 

 

d34f382f26991ce4

出典:http://seesaawiki.jp/

スポンサーリンク


 - 伝説の剣豪