伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【吉岡憲法】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【吉岡憲法】です。

【吉岡憲法】は、かの有名な剣豪・宮本武蔵と死闘を繰り広げたとされる伝説の剣豪です。

では【吉岡憲法】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://matome.naver.jp/

スポンサーリンク

吉岡憲法 

名前:吉岡憲法

流派:吉岡流

出身:山城国

年代:戦国時代(?~?)

 

吉岡憲法の「憲法」は、吉岡流の屋号のようなものであった。

吉岡家は「けんぽうの家」と呼ばれ、京の人々からは剣術の家として古くから知られていた。

吉岡家の家伝「吉岡伝」の中でも、吉岡家の当主は代々「憲法」を名乗っていることから、吉岡憲法といっても一人の人間を指すものではないことが分かる。

その中でも、初代「憲法」である吉岡直元は室町幕府12代将軍・足利義晴に仕えて軍功があり、ここから足利家と深く結びついていったという。

その後、吉岡家は弟の吉岡直光が「憲法」を継いで足利家兵法指南となり、京都今出川に住んで道場を構えて『天下の兵法所』と呼ばれることになる。

この直光は剣豪将軍として知られた足利義輝に仕えていたが、義輝が死ぬと有名無実化した将軍家から離れてひっそりと生涯を閉じたという。

織田信長の擁立されて足利義昭が将軍に就くと、直光の長男で吉岡流の3代目・吉岡直賢は再び兵法指南役となった。

この直賢も「憲法」を名乗り、一説によると宮本武蔵の父である新免無二斎と試合を行ったといわれる。

 

 

出典:http://gen4.cocolog-nifty.com/

スポンサーリンク

 

 

直賢の嫡男として生まれた吉岡直綱は祇園藤次に兵法を学び、吉岡家の4代目当主となった。

この直綱は「二天記」によると21歳の宮本武蔵と試合を行い、吉岡一門が悉く敗れたと伝わっている。

しかし「吉岡伝」では、蓮台野の試合で武蔵は眉間を打たれて敗れ、その後一乗寺下り松では武蔵が行方をくらませて逃げたと伝わっている。

慶長19年(1614)の大坂の役が起きた時、徳川家康は京都所司代を通じて吉岡一門が大坂方に従軍しないよう申し伝えていた。

しかし吉岡家は大坂城に入城して徳川軍と戦うことを選び、敗戦後は徳川家に遠慮して兵法所を閉じて、家伝の一つである染物業に専念したという。

その後、吉岡家が染めた黒褐色の染物は「吉岡染」、「憲法染」と呼ばれて大成功することになる。

吉岡流の兵法は現代に伝わることがなかったが、家伝の染物は今でも高級品として伝承されることになった。

 

 

出典:https://item.rakuten.co.jp/

スポンサーリンク

吉岡一門と宮本武蔵との決闘の勝敗は、両者の意見が全く食い違っていてハッキリしていませんが、現代では武蔵の人気に圧倒的に押されて吉岡側の負けが真実のようになっています。

実際はどちらかがウソを言っているのだと思いますが、負けた方は素直に負けを認めないってところはさすが兵法家。

剣豪としての意地もあるんでしょうね。

でも、今後も武蔵の人気は衰えることがなさそうなので、おそらく吉岡家は負けた側として永遠に語られていくことになりそうです。

かわいそう・・・w

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪