伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【片山久安】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【片山久安】です。

【片山久安】は、実戦剣術が好まれる戦国時代において「居合」を天下に認めさせた伝説の剣豪です。

では【片山久安】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://spysee.jp/

スポンサーリンク

片山久安 

名前:片山伯耆守久安

流派:伯耆流

出身:周防国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1574~1650)

 

片山久安は、居合の祖として有名な林崎甚助の門弟とも、叔父の片山松庵から居合十八刀の秘太刀を授けられたともいわれる剣豪。

幼少より武芸を志し、刀を好んだ久安は、自ら学んだ技に満足することなく、諸国を巡って教えを請い修行を重ねていった。

そして京の愛宕社に参籠して術の成就を祈ったときに、夢に『貫』の字を見て極意「磯之波」の一刀を悟ったという。

 

その後、久安の名声は諸国に伝わり、全国から教えを請う者が集まるようになる。

当時はまだ戦国の世であって、戦場で役に立つ剣術が好まれる時代。

久安にが教えようとした技は、甲冑の弱いところ攻める剣術を工夫された居合剣術であった 。

 

さらに時が経ち、久光は豊臣秀次に招かれた。

そこで秀次は、久安の武術が他と異なる理由を尋ねる。

すると久安は「居合なるものは、これに先ずる者に先ずる也。すなわち治国平天下の則也」と独自の理論を答え、感心した秀次の剣術指南になったという。

 

 

出典:https://nobu201x.gamecity.ne.jp/

スポンサーリンク

 

 

さらに慶長15年(1610)、今度は後陽成天皇に招かれる。

ここで久安は演舞を行い、従五位下・伯耆守に叙せられて、片山伯耆守久安の名を天下に轟かせた。

 

豊臣家が滅びると、久安は浪人となり岩国へ移ることになる。

岩国で久安は吉川家の客分として迎えられ、佐伯氏の娘を娶って領地まで与えられるほど厚遇された。

そんな安定した生活の中でも、久安の武術探求の思いは尽きることがなく、諸国へ武者修行に出発。

そして関東の鹿島神宮を訪ねたときに、ついに自らの居合の極意を完成させたともいわれる。

 

帰国した久安は、吉川家の剣術指南役として生涯を送り、その技は子孫たちによって伝えられていった。

岩国では「片山流」と称された久安の居合は、広島藩や熊本藩など各地に広まり、現在でも「片山伯耆流」、「伯耆流居合」として盛んに行われる流派となっている。

 

 

出典:http://www.eonet.ne.jp/

スポンサーリンク

天皇からも賞賛された片山久安の居合は、正に天下に認められた国を治めるべき剣の道。

自分の強さだけを求めるような「剣術オタク」ではなく、諸国に伝えることも忘れない「剣の先生」のような存在。

「居合」を現代でも盛んに行うようになっているのは、きっとこの人のおかげだと思います。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪