伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【松山主水】日本最強は誰?流派は? | おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【松山主水】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【松山主水】です。

【松山主水】は、一種の超能力のようなものを使う伝説のサイキック剣豪です。

では【松山主水】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

スポンサーリンク

松山主水 

名前:松山主水大吉

流派:二階堂平法

出身:美濃国

年代:戦国時代~江戸時代初期(?~?)

 

松山氏は、西美濃十八将の一人松山刑部正定の一族として美濃に伝わる二階堂流を継いでいた。

竹中半兵衛重治の従弟ともいわれる松山主水は、祖父より二階堂流を学び、祖父の名を継いで松山主水を名乗ったという。

 

江戸で浪人をしていた主水は、ある日友人と二人で千住小塚原あたりを歩いている時、若侍たち数十人に因縁をつけられた。

突然、友人を斬り捨てられた主水は激怒し、抜刀して若侍たちを斬り倒す。

残った若侍たちに取り囲まれてしまうが、主水はいつの間にか輪の中から脱出。

主水は胸先に刀を持ち、左手を刀の棟に乗せたまま不思議な構えで立っていた。

若侍が斬りかかろうとしても、なぜか主水の前では体が動かない。

その後、主水は掛け声とともに、その場から立ち去ったという。

主水が使った術は「心の一方」または「すくみの術」といわれる催眠術のようなものであったらしい。

この術は、相手を金縛りにあったように身動きできなくする術であり、主水は12歳のときから祖父に師事して、これら秘伝を伝授されていた。

 

その後、主水は熊本藩・細川家に近習として出仕し、藩主・細川忠利の武術師範を務めた。

忠利は主水の手ほどきを受けてから急速に上達し、柳生宗矩と試合して勝つこともあった。

宗矩は、突然上達した忠利の剣の腕に首を傾げたという。

また、忠利が江戸城へ登るとき、主水が行列の先頭に立つと、「心の一方」の術によって混雑していてもスイスイ進むことができた。

主水が左手のひらを下向きに前に突き出すと、行列を横切ろうとする者は動けなくなってしまったといわれる。

また、このころ細川家は改易された加藤家の浪人を受け入れて、豪傑と知られた荘林十兵衛は忠利の父・細川忠興の家臣となっている

 

 

出典:http://blog.livedoor.jp/

スポンサーリンク

 

 

 

隠居していた忠興と忠利は仲が悪く、家臣たちもケンカすることが日常茶飯事だった。

主水もその内の一人で、ある時、忠興の船に飛び乗って狼藉を働いて荘林十兵衛を小バカにした。

当然のことながら忠興は激怒し、主水暗殺を命令。

詫びを入れたが許されることもなく、さすがに忠利も頭を抱え、仕方なく主水には身を隠すように指示した。

 

主水は松江村の光円寺に匿われたが、ここで身体を壊して病の床についてしまう。

すると、そこに見舞いを装った荘林十兵衛が現れ、いきなり無言で布団の上から主水を刺した。

主水は「卑怯っ」と叫んで刀を取ろうとしたが、すでに致命傷を受けており立ち上がることすらできなかった。

目的を達した荘林十兵衛は安堵して水を飲もうと縁側に下りたが、ここで「卑怯者!」という声とともに後ろから小姓に斬りつけられて絶命。

死の間際で、これを見届けた主水は「でかした・・・」と一言褒めて息絶えたという。

主水の死後、この小姓は探し出されて殺され、さらに今度は荘林の子・半十郎が槍で突き殺されるという恨みの連鎖が続く。

事態を重く見た忠利と忠興は、直接対面して収拾を図ることになるが、剣術が盛んな細川藩はこの事件以前にも宮本武蔵によって兵法師範の佐々木小次郎が殺されているなど、常に血生臭い事件が起こる藩でもあった。

 

ちなみに主水には村上吉之丞という抜群に強い門弟がおり、細川家に仕官を求めた宮本武蔵に試合を挑んだところ、武蔵は恐れて逃げたという逸話が伝えられている。

 

 

スポンサーリンク

「心の一方」という相手を動けなくしてしまう術。

これが本当なら、松山主水は「最強」の剣豪やん・・・・性格は「最悪」らしいのですがw

そんなサイキッカー主水も病気には勝てないのか、最後は秘技「心の一方」が不発。

あっけない最期となってしまいます。

強いからって何でもやっていいものじゃありませんね。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪