伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【丸目蔵人】日本最強は誰?流派は?

      2019/09/27

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【丸目蔵人】です。

【丸目蔵人】は、剣聖・上泉伊勢守信綱の新陰流を受け継ぎ、九州に広めていった伝説の剣豪です。

では【丸目蔵人】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

出典:http://mobunaga.blogspot.jp/

スポンサーリンク

 

丸目蔵人 

名前:丸目蔵人佐長恵

流派:タイ捨流

出身:肥後国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1540~1629)

新陰流との出会い

丸目蔵人は、天文9年(1540)に丸目与三右衛門尉の長男として肥後国人吉で生まれました。

この頃、肥後国の大名・相良氏は、南の島津氏、北の大友氏と絶えず戦火を交えていました。

そんな中で、蔵人は3人の弟とともに若くして剣術修行に励み、16歳の時には大畑合戦で初陣を飾ります。

そして17歳からは中条流を学び、19歳の時には供を連れて京へと武者修行の旅に出ました。

 

京に着いた蔵人はたまたま上泉伊勢守信綱と出会ったため、すぐに試合を所望しました。

信綱が使っていた袋竹刀は相手を傷つけず試合を行えるもので、当時としては画期的なものでした。

蔵人はそれを怪しみながら手に取って立ち合いますが、信綱に面を2本を軽く取られ、3本目は体当たりでぶっ飛ばされるなど全く歯が立ちません。

そして新陰流の神業に圧倒された蔵人は感嘆し、その場で入門を願い出ました。

 

出典:https://ameblo.jp/

スポンサーリンク

 

新陰流免許皆伝

入門を許された蔵人は、水を得た魚のように稽古に精進し、新陰流を学んでいきました。

ほどなく多くの門弟の中でも頭角を現し、信綱が将軍・足利義輝や正親町天皇の前で剣技を披露した際は、相手役を務めるほど上達していました。

 

その後、信綱と別れた蔵人は故郷に帰り、相良氏に仕えて新陰流を指南していきました。

指南しながら己の研鑽にも努めた蔵人は永禄9年(1566)、門弟の丸目寿斎、丸目吉兵衛、木野九郎右衛門を伴って再び上京を果たします。

この時、蔵人は愛宕山、誓願寺、清水寺の3か所に「天下一」の立札を出して真剣勝負を募集しましたが、名乗り出る者は誰一人いませんでした。

そして、この話を聞いた信綱は蔵人に「殺人刀太刀、活人剣太刀」の印可を与え、蔵人は晴れて免許皆伝となったのです。

ちなみに、この時に掲げられた蔵人の高札は、その後も誰一人として手を触れる者がなく、寛永9年(1632)に清水寺が火災に遭うまで残されていたといいます。

 

出典:https://nioh-wiki.com/

スポンサーリンク

 

新陰流からタイ捨流へ

帰郷した蔵人は再び相良氏に仕えましたが、永禄12年(1569)に島津氏が大口城を攻めてきた際、蔵人は策にのせられて多くの将兵と大口城を失います。

敗戦後、主君・相良義陽は蔵人に責任を負わせ、その後どんな功績を上げようとも目通りを許すことはありませんでした。

武将としての出世の道が途絶えた蔵人はその後、兵法の鍛錬を続けて九州一円の他流の兵法を打ち破り、これを知った信綱より西国での新陰流の教授を任されました。

 

一方、この間に蔵人の門人であった有瀬外記は、関東に出て信綱の直弟子になっていました。

そして外記が修行を終えて帰国する際、信綱は工夫した太刀を蔵人に伝えるように申し送りました。

しかし、外記が帰国後いくら伝えようとしても、蔵人は自分の門人だった者から学ぶことを嫌って取り合おうともしません。

それでも、やはり信綱の工夫した剣が気になってしまった蔵人は、直接会って教授してもらおうと関東へ向かいました。

 

長旅を終え、関東に着いた蔵人でしたが、残念ながら信綱はすでにこの世を去っていました。

このため、落胆して帰った蔵人は昼夜問わず鍛錬に励み、自らの流派「タイ捨流」を名乗るようになります。

「タイ捨」は「太捨」、「体捨」、「待捨」とも書きますが、通常は仮名文字を用います。

これは、字にとらわれず幅広い意味を持つためだといわれます。

 

晩年、相良氏に許された蔵人はタイ捨流の剣術指南として仕え、肥後国だけでなくタイ捨流を九州一円に広めて、他家からも弟子や門人を迎えました。

最後は徹斎と号して隠居生活を送り、寛永6年(1629)に死去。享年89。

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

スポンサーリンク

 

上泉伊勢守信綱に学び、「新陰流」の正統な系統として九州に「タイ捨流」を広めた丸目蔵人。

師匠を敬うならば、柳生新陰流のように「タイ捨新陰流」とでも名乗って欲しかった・・・。

また、真剣勝負を募集したり、弟子からは学びたくないといった頑固なところが、個人的にはちょっと残念。

やっぱり、強くなりすぎると、こだわりも比例して強くなっていくものなのかな?

 

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪