伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【樋口十郎兵衛】日本最強は誰?流派は? | おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【樋口十郎兵衛】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【樋口十郎兵衛】です。

【樋口十郎兵衛】は守って負けを認めさせる「不殺の剣」を説いた馬庭念流の伝説の剣豪です。

では【樋口十郎兵衛】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://gpnotebook.gunmablog.net/

スポンサーリンク

樋口十郎兵衛 

名前:樋口十郎兵衛定暠

流派:馬庭念流

出身:上野国

年代:江戸時代中期(?~?)

 

樋口十郎兵衛は、馬庭念流を継承する樋口家の13代目・樋口十郎右衛門将定の子として生まれた。

馬庭念流は念阿弥慈恩を祖として古伝の剣術を伝える流派であったが、父・将定は赤穂浪士で有名な堀部安兵衛にも剣を教えるなどして、道場剣術が全盛期を迎える江戸時代後期にあっても人気を博し、代々の宗家は江戸に出張道場を構えて教授を行っていた。

十郎兵衛も父から馬庭念流を引き継ぐと、江戸京橋太田屋敷に出張道場を開いて門弟数千人を集め、江戸の諸侯からも教えを求める者が多かったという。

さらに十郎兵衛は、弟・樋口次郎太夫定張にお玉が池と小石川の道場を任せ、四六時中竹刀の音が絶えない道場として江戸で最盛期を迎えた。

 

馬庭念流の教え『念流兵法心得』には、「当流稽古の仕様は、負ける所を勧めて勝つ所を知るの修行なり。目前の勝を嫌うには非ざれども、始終の勝を勝ちとす。心得べし」とある。

これは相手を打ち倒すのではなく、守りの剣をもって相手に負けを認めさせる剣の教えであり、「不殺の剣」または「護身の剣」とも言える剣術であった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

幕府閣僚の松平越後守(宣富?)は、馬庭念流が他流の剣術とは違って実用的であると評価し、自宅に十郎兵衛を招いて兵法が見たいと申し入れた。

十郎兵衛はこのとき94歳であったが、孫婿の樋口勇蔵定雄を連れて御前に参上し、馬庭念流の組太刀を演じた。

越後守が剣の奥義を尋ねると、十郎兵衛は「剣の道 わざをつとめておのずから 業を離れて 業にこそあれ」と歌を詠んで答えたという。

 

こののち、まもなく十郎兵衛は死去したが、長男・樋口十郎右衛門定広が15代目を相続して、祖父と共に演武を披露した16代目・定雄と小石川の道場で多くの弟子を育てた。

後世、18代目・樋口定伊も水戸藩・徳川斉昭に招かれて演武を披露し、神田明神下に道場を構えたほか、講武所でも馬庭念流を教示している。

古く伝統を伝える剣術でありながら、流行りの竹刀稽古の剣士たちを圧倒する強さを発揮した馬庭念流は、幕末においてもその剣名を轟かせるのである。

 

 

スポンサーリンク

樋口十郎兵衛は、長く続く馬庭念流の教えを最も体現した剣豪といえるでしょう。

古流でありながらも、江戸時代には数千人もの門弟を持ったというのですから、十郎兵衛が教える「不殺の剣」は江戸の人たちを惹きつけるものがあったということ。

この流派は今もなおその名を残し、歴史を駆け抜けてきた「剣豪」たちの技を現代に伝えています。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪