剣豪

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【柳生兵庫助】日本最強は誰?流派は?

投稿日:2018年3月30日 更新日:

はじめに

この記事ではシリーズ化して伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介しています。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【柳生兵庫助】です。【柳生兵庫助】は柳生石舟斎の孫で柳生新陰流の正統後継者とされる伝説の剣豪です。それでは【柳生兵庫助】について流派や出身地も含め簡単に説明していきます。

 

出典:http://unblamableness56.rssing.com/

スポンサーリンク

柳生兵庫助 

名前:柳生兵庫助利厳

流派:柳生新陰流

出身:大和国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1579~1650)

石舟斎の嫡孫として

柳生兵庫助は「柳生新陰流」を創始した柳生石舟斎宗厳の孫にあたる人物。

石舟斎の嫡男・厳勝は戦場で受けた傷によって歩行困難であったため、家督を相続することができず、兵庫助が誕生した時には既に隠居状態にありました。

このため兵庫助は、剣術を諦めなければならなかった父に代わって石舟斎から直々に「新陰流」の手ほどきを受けていました。

兵庫助は石舟斎に資質、兵法が極めて似ていると評され、石舟斎もそれを喜んで一層の教授を行ったといいます。

 

やがて徳川家康が叔父・柳生宗矩を兵法指南役に迎えたことが世に知れ渡ると「柳生新陰流」の評価は急上昇し、宗矩の8歳年下である兵庫助を求める者が声が後を絶ちませんでした。

石舟斎は兵庫助の気性を心配して手元から離すのを渋っていましたが、熊本の加藤清正は熱心な懇願には断り切れなくなり、兵庫助は熊本に向かうことになります。

この際、石舟斎は「兵庫助は短慮であるから、どんなことをしでかそうとも、死罪3回分までは必ず許してあげて欲しい」と条件付きで承諾したといいます。

 

出典:http://maron-no-kakurega.com/

スポンサーリンク

修行の旅へ

熊本藩に召し抱えられた兵庫助でしたが、石舟斎の不安は的中します。

肥後でキリシタン一揆が発生した時、兵庫助は清正の意を受けて鎮圧に向かいました。

すると戦場に到着した兵庫助は総攻撃を主張して先発隊の加藤家家臣と口論となり、その者を斬り捨てて独断で総攻撃を仕掛けて鎮圧しました。

そして兵庫助は、そのまま暇を乞うて清正のもとを去っていったのです。

 

その後、兵庫助は諸国を巡る武者修行の旅に出かけました。

時々は柳生庄に帰っていたようですが、足かけ12年以上の修行の旅であったようです。

この武者修行の間、死期を察した石舟斎から印可状と『柳生の大太刀』を授与され、また熊野では棒庵入道より「新當流」の薙刀、槍術における『唯授一人』の印可を授けられています。

スポンサーリンク

尾張柳生

元和元年(1615)、尾張藩藩主・徳川義直の宿老・成瀬隼人正の勧めで兵庫助は大御所・徳川家康に拝謁しました。

兵庫助は義直の師範となるよう直々に要請されましたが、「江戸の但馬(柳生宗矩)とは違い、兵法以外の御奉公は一切御免こうむりたい」と述べ、宗矩のような兵法以外の政治的活躍を一切拒否して仕官することになりました。

その後、尾張名古屋の兵庫助を訪ねて試合を挑む武芸者も多くいましたが、兵庫助はその試合のほとんどを小太刀で応じ、「おいとしぼう(お気の毒に)」という掛け声とともに悉く勝ったといいます。

 

尾張藩に仕えて5年後の元和6年(1620)、兵庫助は義直を「新陰流」の剣術および「新當流」の槍、長刀の印可を授与しました。

この時、兵庫助は自身が祖父と師・棒庵から受け継いだ印可状、伝書、目録、大太刀の全てを義直に進上しました。

この後、尾張柳生の後継者となる三男・柳生連也が印可を受ける際は、義直から相伝を受ける形を取らせた事で、「柳生新陰流」は尾張藩の『御流儀』として伝わり地位を不動のものとしていくのです。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

おわりに

石舟斎は江戸にいる宗矩には授けなかった『柳生の大太刀』を、甘やかして育てた兵庫助に授けました。

剣豪・石舟斎もやはりもやはり人の子。自分の孫には甘かったようです。

きっと、この人はお爺ちゃんから褒めて伸ばされる教育を受けて、周りの人とうまくコミュニケーションが取れない人物だったのでは?

腕も立つし、柳生の御曹司とくれば、他の奴なんてザコどころかゴキブリ以下ですよ。

そんな、ゆとり教育の中にあっても兵庫助は、やっぱり正当な柳生新陰流の後継者。

最後まで剣のみに生きる人生を選んでいるところはご立派です!

スポンサーリンク

剣豪名をクリックすると個別の剣豪紹介記事が見れます↓

時代 剣豪名 流派
平安 鬼一 法眼 京八流
源 判官 義経 太刀の術
室町 念阿弥 慈恩(相馬 義元) 念流
中条 兵庫頭 長秀 中条流
飯篠 長威斎 家直 天真正伝香取神道流
松本 備前守 政信 鹿島神流
愛洲 移香斎 久忠 陰流
戦国 塚原 卜伝 高幹 鹿島新當流
山本 勘助 晴幸 京流
竹内 中務大夫 久盛 竹内流
上泉 伊勢守 信綱 新陰流
宝蔵院 胤栄 宝蔵院流
富田 五郎左衛門 勢源 富田流
奥山 休賀斎 公重 神影流
柳生 石舟斎 宗厳 柳生新陰流
北畠 具教 鹿島新當流
師岡 一羽 常成 一羽流
足利 義輝 鹿島新當流・新陰流
疋田 豊五郎 景兼 疋田陰流
丸目 蔵人 長恵 タイ捨流
林崎 甚助 重信 神夢想林崎流
根岸 兎角(信太 朝勝) 微塵流
伊藤 一刀斎 景久 一刀流
斎藤 伝鬼坊 勝秀 天流
真壁 暗夜軒 氏幹 霞流
富田 越後守 重政 富田流
樋口 又七郎 定次 馬庭念流
吉岡 憲法 直綱 吉岡流
江戸 東郷 重位 示現流
小野 忠明(神子上 典膳) 小野派一刀流
小笠原 源信斎 長治 真新陰流
柳生 但馬守 宗矩 柳生新陰流
片山 伯耆守 久安 片山伯耆流
鐘捲 自斎 通家 鐘捲流
柳生 兵庫助 利厳 柳生新陰流
松山 主水 大吉 二階堂平法
夢想 権之助(山本 勝吉) 神道夢想流
小栗 仁右衛門 正信 小栗流
宮本 武蔵 玄信 二天一流
高田 又兵衛 吉次 宝蔵院流
神谷 伝心斎 直光 直心流
針ヶ谷 夕雲 正成 無住心剣流
上泉 義胤(上泉 秀信) 民弥流
松林 蝙也斎 永吉 夢想願流
田宮 平兵衛 重正 田宮流
荒木 又右衛門 保知 柳生新陰流
佐々木 巌流 小次郎 巌流
伊藤 典膳 忠也 忠也派一刀流
柳生 十兵衛 三厳 柳生新陰流
薬丸 兼陳 薬丸自顕流
柳生 連也斎 厳包 柳生新陰流
関口 八郎左衛門 氏業 関口流
高田 三之丞 為長 柳生新陰流
伊庭 是水軒 秀明 心形刀流
今枝 佐仲 良台 初實剣理方一流
辻 月丹 資茂 無外流
高木 馬之輔 重貞 高木流
真里谷 円四郎 義旭 無住心剣流
堀部 安兵衛 武庸 馬庭念流
樋口 十郎兵衛 定暠 馬庭念流
楳本 法神 政武 法神流
寺田 五右衛門 宗有 天真一刀流
戸賀崎 熊太郎 暉芳 神道無念流
近藤 内蔵之助 長裕 天然理心流
平山 行蔵 講武実用流
岡田 十松 吉利 神道無念流
岡田 惣右衛門 寄良 柳剛流
浅利 又七郎 義信 中西派一刀流
白井 亨 義兼 天真一刀流
中西 忠兵衛 子正 中西派一刀流
千葉 周作 成政 北辰一刀流
大石 進 種次 大石新陰流
男谷 精一郎 信友 直心影流
高柳 又四郎 義正 中西派一刀流
伊庭 軍兵衛 秀業 心形刀流
幕末 斎藤 弥九郎 善道 神道無念流
大川 平兵衛 英勝 神道無念流
加藤田 平八郎 重秀 加藤田新陰流
遠藤 五平太 正贇 中西派一刀流
島田 虎之助 直親 直心影流
逸見 小源太 長英 甲源一刀流
橘 内蔵介 正以 柳剛流
浅利 又七郎 義明 中西派一刀流
勝 海舟 安邦 直心影流
桃井 春蔵 直正 鏡新明智流
大山 格之助 綱良 薬丸自顕流
宇野 金太郎 重義 片山伯耆流
斎藤 新太郎 龍善 神道無念流
清河 八郎 正明 北辰一刀流
黒河内 伝五郎 兼規 神夢想一刀流
仏生寺 弥助 神道無念流
上田 馬之助 美忠 鏡新明智流
高杉 晋作 春風 神道無念流・柳生新陰流
桂 小五郎(木戸 孝允) 神道無念流
佐々木 只三郎 泰昌 神道精武流
斎藤 歓之助 歓道 神道無念流
千葉 栄次郎 成之 北辰一刀流
河上 彦斎 玄明 我流
近藤 勇 昌宜 天然理心流
坂本 龍馬 直柔 北辰一刀流
高橋 泥舟(高橋 伊勢守) 自得院流
土方 歳三 義豊 天然理心流
沖田 総司 房良 天然理心流
永倉 新八(長倉 載之) 神道無念流
伊庭 八郎 秀穎 心形刀流
斎藤 一(藤田 五郎) 無外流
岡田 以蔵 宜振 鏡新明智流
中村 半次郎(桐野 利秋) 薬丸自顕流
明治 山岡 鉄舟 高歩 一刀正伝無刀流
榊原 鍵吉 友善 直心影流
松崎 浪四郎 直之 加藤田新陰流
渡辺 昇 武常 神道無念流
奥村 左近太 奥村二刀流・直心影流
得能 関四郎 通久 直心影流
牟田 文之助 高惇 鉄人流
根岸 信五郎 資剛 神道無念流
門奈 正 水府流・北辰一刀流
高山 峰三郎 直心影流
逸見 宗助 立身流
高橋 赳太郎 高運 無外流
本間 三郎 本間念流
川崎 善三郎 重徳 無外流
高野 佐三郎 豊正 中西派一刀流
内藤 高治 北辰一刀流
山田 次朗吉 鹿島神傳直心影流
中山 博道 神道無念流

 

スポンサーリンク

-剣豪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【男谷精一郎】日本最強は誰?流派は?

はじめに この記事ではシリーズで伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介しています。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【男谷精一郎】です。【男谷精 …

神道無念流|維新志士の多くが学んだ剣豪・福井兵右衛門嘉平を祖とする陰流系統の剣術

神道無念流 「神道無念流」は下野国都賀郡藤葉村出身の福井兵右衛門嘉平(1702~1782)が創始しました。 福井兵右衛門嘉平は「新神陰一円流」の2代目である野中権内玄慶から剣術を学んだのちに「無念流」 …

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【中山博道】日本最強は誰?流派は?

はじめに 伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【中山博道】です。【中山博道】は …

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【富田重政】日本最強は誰?流派は?

はじめに この記事ではシリーズで伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介しています。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【富田重政】です。【富田重政 …

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【奥村左近太】日本最強は誰?流派は?

はじめに ここではシリーズ化して伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介しています。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【奥村左近太】です。【奥村左 …

スポンサーリンク