伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【関口氏業】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【関口氏業】です。

【関口氏業】は、今も伝承される関口流を世に広めた伝説の剣豪です。

では【関口氏業】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://www.nihonkobudokyoukai.org/

スポンサーリンク

関口氏業 

名前:関口八郎左衛門氏業

流派:関口流

出身:紀伊国

年代:江戸時代(1630~1716)

 

関口八郎左衛門氏業は、関口流の開祖である父・関口氏心(柔心)の長子として紀伊国に生まれた。

関口家は今川氏の分家で、代々宗家の今川家に仕えていたが、徳川家康の正室・築山殿が関口氏の出身であったことから、桶狭間の戦い以降の今川氏の没落とともに今川氏真との関係が悪化し、徳川氏に仕えるようになった。

父・氏心は、幼少の頃より武芸・組討に優れていて、廻国修行の末に神夢想林崎流・林崎甚助の抜刀術、三浦流柔術・三浦義辰、さらに長崎では拳法を学ぶ

そして屋根から落ちる猫を見て開眼した氏心は、自ら屋根から落ちるにという修行の末に高度な受け身を極めて、柔術の流派である関口新心流を開いた。

その後、氏心は紀州徳川家の柔術指南役として徳川頼宣に仕え、関口新心流は紀州藩の御流儀となっていった。

 

しかし、その子・氏業は親の七光りで厚遇されることを潔しとせず、自分は自分の価値で知行をもらうべきと、指南役としての不自由ない暮らしを捨てて諸国修行の旅に出た。

名門ともいえる氏業であったが、その身なりはかなりカブキ者ものだったらしく、帯には鉄扇を差して3尺3寸の大太刀を腰に下げて歩いていたという。

あまりに刀が大きく、地面に擦るので小車をつけて引いていたとも。

また、お供の者にも派手な着物を着せて、髪を伸ばさせ朱塗りの脇差しを携帯させていた。

 

 

出典:https://mainichi.jp/

スポンサーリンク

 

 

やがて、江戸についた氏業は、浜松町に道場を構えて関口流の指南をはじめる。

氏業は武芸のほかに文才もあって、江戸の諸侯から絶大な人気を誇るようになり、信州松代藩主・真田幸道も門弟の一人だった。

名声を得た氏業であったが、常に連れて歩いていたド派手な若者・虎蔵の素行が次第に悪くなり、氏業は頭を悩ました。

そして氏業は、虎蔵がゆくゆくは大悪党になって関口流の恥になるのではないかと考え、ついに虎蔵を斬る決心をする。

いつものように虎蔵を連れ出した氏業は、青山の新坂で一刀両断のもとに斬り殺し、懐紙で刀の血をぬぐった。

しかし、この氏業が使った懐紙が良くなかった。

懐紙は真田幸道から拝領したものであったため、すぐに下手人は真田の手の者との噂が立ってしまったのだ。

間もなく氏業が真田屋敷に指南に赴くと、そこで真田幸道から声をかけられた。

「虎蔵はひどい目に遭ったそうだが、不憫なことだ。聞くところによると刀をぬぐった紙がこちらのものであったという。密かに調べさせたがいまだに手がかりはない。先生も、さぞガッカリされているでしょう。心中お察しします。」

これに氏業は返答のしようもなく、体よく挨拶だけして帰ったという。

 

氏業は多くの門弟を育て、中でも渋沢伴五郎は江戸で道場を開いて渋川流を称している。

また一方で、関口流は紀州藩に伝承され続けて、今も関口家によって広められている。

 

 

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

父親の七光りを嫌い、自分の価値を見出そうとするストイックさや、弟子の将来を案じて師匠としての責任を果たしたことは素晴らしいと思います。

ちょっと最後はツメが甘いというか、浅慮だったなぁと思いますが、私は涙ながらに弟子を斬ったと信じたい。

師匠の七光りで勘違いしちゃった弟子に、自分の経験からきちんと指導できていれば、こんな悲劇はなかったのに。

師匠、弟子、真田の全員が悲しい思いをしてしまった事件ですよね。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪