伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【関口氏業】日本最強は誰?流派は?

      2019/11/13

はじめに

この記事ではシリーズで伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【関口氏業】です。【関口氏業】は今も伝承される「関口流」を世に広めた伝説の剣豪です。それでは【関口氏業】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

出典:http://www.nihonkobudokyoukai.org/

スポンサーリンク

 

関口氏業 

名前:関口八郎左衛門氏業

流派:関口流

出身:紀伊国

年代:江戸時代(1630~1716)

名門出身の傾奇者

関口八郎左衛門氏業は「関口流」の開祖である父・関口氏心(柔心)の長子として紀伊国に生まれました。

関口家は今川氏の分家で、代々宗家の今川家に仕えていましたが、徳川家康の正室・築山殿が関口氏の出身であったことから、桶狭間の戦い以降の今川氏の没落とともに今川氏真との関係が悪化し、徳川氏に仕えるようになっていました。

父・氏心は幼少の頃より武芸・組討に優れていて、廻国修行の末に「神夢想林崎流」の林崎甚助の抜刀術、「三浦流柔術」の三浦義辰、さらに長崎では拳法を学んでいました

そして氏心は屋根から落ちる猫を見て開眼し、自ら屋根から落ちるという修行の末に高度な受け身を極め、柔術の流派である「関口新心流」を開きました。

その後、氏心は紀州徳川家の柔術指南役として徳川頼宣に仕え「関口新心流」は紀州藩の御流儀となりました。

 

しかし、その子・氏業は親の七光りで厚遇されることを潔しとせず、自分は自分の価値で知行をもらうべきと、指南役としての不自由ない暮らしを捨てて諸国修行の旅に出ました。

名門ともいえる氏業ですが、その身なりはかなりカブキ者ものだったらしく、帯には鉄扇を差して3尺3寸の大太刀を腰に下げて歩いていたといいます。

また、あまりに刀が大きく地面に擦るので、鞘の先に小車をつけて引いていたともいわれており、他にもお供の者に派手な着物を着せて髪を伸ばさせ、朱塗りの脇差しを携帯させていたといいます。

 

出典:https://mainichi.jp/

スポンサーリンク

 

師匠としての責任

諸国修行の末、江戸についた氏業は浜松町に道場を構えて「関口流」の指南をはじめました。

氏業は武芸のほかに文才もあって江戸の諸侯から絶大な人気を誇るようになり、信州松代藩主・真田幸道も門弟の一人でした。

しかし、師匠の名声が高まれば高まるほど、周りの者は調子に乗っていくもの。

常に連れて歩いていたド派手な若者・虎蔵の素行は次第に悪くなり、氏業は頭を悩ますようになっていきます。

そして氏業は虎蔵がゆくゆくは大悪党になって「関口流」の恥になるのではないかと考え、ついに虎蔵を斬ることを決心をしました。

 

いつものように虎蔵を連れ出した氏業は、青山の新坂で一刀両断のもとに斬り殺し、懐紙で刀の血をぬぐいました。

しかし、この氏業が使った懐紙が良くありませんでした。

懐紙は真田幸道から拝領したものであったため、すぐに下手人は真田の手の者との噂が立ってしまったのです。

間もなく、氏業が真田屋敷に指南に赴くと真田幸道から声をかけられました。

「虎蔵はひどい目に遭ったそうだが、不憫なことだ。聞くところによると刀をぬぐった紙がこちらのものであったという。密かに調べさせたがいまだに手がかりはない。先生も、さぞガッカリされているでしょう。心中お察しします」

全てを見透かした上での言葉に、氏業は返答のしようもなく、体よく挨拶だけして帰ったといいます。

 

氏業は多くの門弟を育て、中でも渋沢伴五郎は江戸で道場を開いて「渋川流」を称しています。

また一方で「関口流」は紀州藩に伝承され続けて、今も関口家によって広められています。

 

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

 

父親の七光りを嫌い、自分の価値を見出そうとするストイックさや、弟子の将来を案じて師匠としての責任を果たしたことは素晴らしいと思います。

ちょっと最後はツメが甘いというか、失敗しちゃったところがありますが。

師匠の七光りで勘違いしちゃった弟子に自分の経験からきちんと指導できていれば、こんなことにはならなかったのに。

師匠、弟子、真田の全員が悲しい思いをしてしまった嫌な事件です。

 

スポンサーリンク

日本剣豪一覧

鬼一法眼:全ての剣術の元祖となる伝説の剣豪

源義経:孤独から「太刀の術」を学んだ剣豪

念阿弥慈恩:新陰流と一刀流の原点となる剣豪

中条長秀:初代「不殺の剣」を説いた剣豪

飯篠家直:天真正伝香取神道流の祖となる剣豪

松本政信:極意「一つの太刀」を生む剣豪

愛洲移香斎:陰流の祖となった伝説の剣豪

塚原卜伝:多くの剣豪たちに影響を与えた剣聖

山本勘助:諸国流浪の果てに川中島で散る剣豪

上泉信綱:柳生の師で有名な新陰流の剣聖

竹内久盛:柔術の源流となった名門出身の剣豪

宝蔵院胤栄:仏法と殺生の狭間に悩む槍の剣豪

奥山公重:家康の初代剣術指南役となった剣豪

斎藤伝鬼坊:弟子のため壮絶な死を遂げた剣豪

師岡一羽:香取、鹿島の剣を引き継いだ剣豪

足利義輝:壮絶な最期を遂げた天才剣豪将軍

根岸兎角:師匠を見捨てた恩知らずな剣豪

疋田豊五郎:剣聖伊勢守の甥で一番弟子の剣豪

丸目蔵人:新陰流を受け継いだタイ捨流の剣豪

上泉義胤:剣聖伊勢守の孫で変わり者の剣豪

林崎甚助:仇討ちのために居合を極めた剣豪

田宮平兵衛:紀州藩に採用された居合の剣豪

片山久安:天下に名を轟かせた居合の剣豪

樋口又七郎:念流を復活させた岩をも砕く剣豪

富田勢源:中条流小太刀の使い手で盲目の剣豪

富田重政:実戦に長け名人越後と呼ばれた剣豪

鐘捲自斎:偉大すぎる師匠と弟子を持った剣豪

小笠原長治:幻の技「八寸の延金」を使う剣豪

伊藤一刀斎:生涯を剣のみに捧げた無双の剣鬼

小野忠明:一刀流を受け継いだワガママ剣豪

吉岡憲法:将軍家に結びつきの強い名門剣豪

宮本武蔵:文才にも長けた天下無双の剣豪

佐々木小次郎:負けたことで有名になった剣豪

柳生石舟斎:柳生新陰流を創始した剣豪

柳生宗矩:幕府で「治世の剣」を振るった剣豪

松山主水:暗殺されたサイキック剣豪

柳生十兵衛:主君に仕えられない梟雄剣豪

東郷重位:タイ捨流を破った示現流の剣豪

薬丸兼陳:薬丸自顕流の祖となった剣豪

柳生兵庫助:尾張藩に柳生を根付かせた剣豪

柳生連也:江戸柳生を破る尾張柳生の天才剣豪

高田又兵衛:胤栄から宝蔵院流を学んだ剣豪

小栗仁右衛門:柔術の元となった組討術の剣豪

今枝佐仲:中国地方の名流となった剣豪

松林蝙也斎:将軍の前で飛んだバットマン剣豪

夢想権之助:棒術で武蔵を破ったお調子者剣豪

神谷伝心斎:直心陰流の源流となった剣豪

針ヶ谷夕雲:「相抜け」を境地とした剣豪

荒木又右衛門:仇討ちで名を轟かせた剣豪

関口氏業:名門出身の傾奇者剣豪

堀部安兵衛:忠臣蔵で活躍する剣豪

高木馬之輔:楊の枝から覚醒した柔術の剣豪

伊庭是水軒:実力重視の心形刀流を興した剣豪

真里谷円四郎:悟りを開いた無住心剣流の剣豪

戸賀崎熊太郎:最後まで師を敬った優しき剣豪

岡田十松:神道無念流を託され発展させた剣豪

平山行蔵:変態級の厳しい修行を行う剣豪

楳本法神:医術にも長け天狗と慕われた剣豪

黒河内伝五郎:会津で武芸全般に通じた剣豪

白井亨:「八寸の延金」を習得した努力の剣豪

寺田宗有:実力と品格を備えた江戸時代の剣聖

大石進:江戸名門道場を次々と破る怪物剣豪

近藤長裕:多摩に実力重視の剣術を広めた剣豪

樋口十郎兵衛:馬庭念流の最盛期を作った剣豪

千葉周作:玄武館で剣をマニュアル化した剣豪

千葉栄次郎:北辰一刀流後継者の天才剣豪

斎藤弥九郎:練兵館で志士たちを育てた剣豪

桃井春蔵:士学館を立て直す品格を備えた剣豪

岡田惣右衛門:スネ打ちを実用性を説いた剣豪

中西忠兵衛:幕末有名剣豪を多く輩出した剣豪

逸見長英:甲源一刀流の名を守った天才剣豪

大川平兵衛:復讐に燃え革命を目指した剣豪

浅利又七郎:鉄舟を育てた中西派一刀流の剣豪

男谷精一郎:強さと謙虚さを持つ幕末の剣聖

島田虎之助:師に「心の剣」と称された剣豪

勝海舟:厳しい修行を政治にも生かした剣豪

坂本龍馬:薩長同盟を成し遂げた幕末の英雄

伊庭八郎:新時代に抗う悲劇の隻腕剣豪

桂小五郎:「逃げの小五郎」も実力ある剣豪

清河八郎:幕府を出し抜いた裏のある剣豪

佐々木只三郎:龍馬を暗殺したとされる剣豪

岡田以蔵:残忍な人斬りを好んだ狂気の剣豪

河上彦斎:るろうに剣心のモデルとなった剣豪

高杉晋作:幕末の革命者は意外に真面目な剣豪

仏生寺弥助:粗暴で心優しい幕末最強の剣豪

中村半次郎:人斬りの印象がつきまとう剣豪

山岡鉄舟:剣禅書から人の道を極めた剣豪

高橋泥舟:槍のように真っすぐに生きた剣豪

スポンサーリンク

 - 剣豪