伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【楳本法神】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【楳本法神】です。

【梅本法神】は、医術、中国武術まで学んだとされ、人々からは「天狗」と謳われた異能の伝説の剣豪です。

では【楳本法神】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

楳本法神 

名前:楳本法神政武

流派:法神流

出身:加賀国

年代:江戸時代後期(1727~1830)

 

楳本法神は、本性を富樫といい加賀藩に仕えて家伝の剣術を伝えていた富樫彦左衛門政高の子であるといわれる。

加賀藩内で一向一揆で、父・政高は防戦及ばず敗退してしまい、その責任から父は藩を出奔して自害してしまう。

この時15歳だった法神は、家を出て西国を放浪して武者修行を重ねていった。

法神は早業を得意とした武術を編み出し、「今牛若」と呼ばれたという。

また、剣術の他にも占術にも長じており、上海に渡って中国武術を学んだともいわれている。

 

晩年は上総国赤城山に住んで、武術、医術、農法に長けていた法神は、地元の人々から「神仙」、「天狗」とも呼ばれていた。

試合においては無類の強さを誇ったが、法神は常に流血沙汰を嫌って相手を立てることを忘れなかったため、負けた者たちもこぞって教えを請うた。

そして法神は、上総国一円に多くの門弟を育てており、その数は3,000人以上といわれる。

中でも、須田房吉為信、森田与吉吉隆、石田寿吉が高弟であり「法神の三吉」と呼ばれていた。

また、これに保根村樫山の歌之助を加えて「法神の四天王」ともいった。

法神流の道統は、三吉の一人・須田房吉が継いで前橋紺屋町に道場を開き、さらに江戸に進出して木挽町と赤坂にも道場を開いている。

法神は文政13年(1830)に下田沢村の尾池雅楽之助の家で死去したと伝わり、享年104といわれている。

 

 

出典:https://blog.goo.ne.jp/

スポンサーリンク

戦国時代以前ならまだしも、江戸時代後期に活躍した楳本法神の生涯は、非常に謎に包まれて数多くの「伝説」を残しています。

中には、一日30里(約118キロ)を走るともいわれる話から、享年168だったという眉唾物の話まで。

長寿の秘訣は医術に通じていたからかもしれませんが、168歳は生きすぎでしょ。

このように伝説が誇張されすぎて、どこか怪しいイメージがつきまといますが、法神はきっと農民たちにも人気のあった優しい「天狗」だったんじゃないかな。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪