伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【寺田宗有】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【寺田宗有】です。

【寺田宗有】は形稽古にこだわりつづけ、発するオーラによって相手に負けを悟らせてしまう江戸時代きっての伝説の剣豪です。

では【寺田宗有】について流派や出身地も含め、①~④に分けて紹介していきます。

 

 

出典:http://koryaku.fullbokko.drecom.jp/

スポンサーリンク

寺田宗有 

名前:寺田五右衛門宗有

流派:天真一刀流

出身:上野国

年代:江戸時代末期(1743~1825)

 

①不遇の時代

寺田宗有は高崎藩士・寺田五右衛門宗定の子として生まれ、中西派一刀流初代の中西忠太子定に師事して一刀流を学んだ。

しかし、修行半ばでに師の子定は亡くなってしまい、跡を継いだ2代目・中西忠蔵子武は先代の考え方を転換してしまう。

このころの剣術界は木刀による形稽古から竹刀・防具着用による打込稽古への転換期にあり、子武は竹刀による打込稽古を重視していた。

この方針に、弱冠17歳の宗有は「剣法の真意に非ず」と生意気なことをいって中西道場を去ってしまった。

 

翌年、高崎藩に出仕した宗有は、平常無敵流・池田八左衛門成春に入門。

30歳になるまでの12年間を修行に没頭して奥義を授けられ、池田門下の重鎮として活躍するようになる。

宗有は、平常無敵流のほかにも居合、砲術、槍術、柔術を学んで全て皆伝免許を得ていたという。

しかし、高崎藩では剣術師範は一刀流しか認められず、平常無敵流の宗有が剣術師範として用いられることはなかった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

②再び中西道場へ

寛政8年(1796)、宗有は藩侯・松平輝和から一刀流の再修行を下命され、江戸に出て再び中西道場に戻る。

このころ中西道場は、2代目・子武はすでに亡く、3・代目・子啓の代となっていた。

道場では「音無しの剣」を振るう高柳又四郎が20代の若さで師範代を務めており、翌年には白井亨が入門するなど全盛期を迎えていた。

すでに竹刀稽古が主流となっていた道場内において、宗有は相変わらず竹刀稽古は一切せず、もっぱら組太刀の稽古に専念した。

 

あまりに宗有が竹刀を持たないので、竹刀派の若い門人が宗有を侮って「先生、一つ竹刀打ちの稽古をお願いします」と試合を申し込んだことがある。

宗有は「本来竹刀打ちは好まないが、強いて望みとあれば是非に及ばぬ。少しも遠慮することはないから思い切り打ってこい」と了承し、防具を着けずに木刀を下げて道場の中央に立った。

これを聞いた竹刀派の若い門人はいきり立ち、宗有の面を打とうとしたが「面へくれば、摺り上げて胴を打つぞ」と思惑を瞬時に読まれてしまう。

それならばと小手を打とうとすると、宗有は「小手へ来れば切り落として突くぞ」と言い当てる。

打ち込む前にことごとく手を読まれ、宗有の鋭い気合に圧倒された、若い門人は次第に何もできなくなってしまった。

ほかにも何人かが挑んだが、全員が同じ目にあってしまい、一同はあらためて宗有の腕前に敬服し、組太刀の悪口をいう者もいなくなった。

近くで見ていた千葉周作は、この試合を見て組太刀の重要性を悟ったといわれる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

③三羽烏の筆頭として

ある日、水戸侯が江戸城に登城する際、行列で先駆けを務めていた徒士が大名行列を笠に着て乱暴を働いた。

見かねた宗有はこれを止めようと飛び込み、あっという間に5人ほど投げ飛ばす。

これを見ていた同心たちが慌てて十手を手に宗有を取り押さえようとしたが、宗有は同心たちの十手を全て奪い、投げ捨ててしまった。

この騒動に水戸の行列が止まってしまい、不思議に思った水戸侯が「何事か」と駕籠から声をかける。

近くにいた侍は「狼藉者一人に行列が止められ、大勢がさんざんにやられて、狼藉者が去っていくところです。」と報告した。

これを聞いた水戸侯は「追え」と命じると、侍は神妙な顔で「斬りますか?」と答えた。

すると水戸候は「馬鹿野郎。丁寧に謝ってこい。名前を聞くときは『ご尊名は?』と申すのだぞ」と言った。

そのあと寺田宗有の名を聞いた水戸侯は「なんと立派な男よ」と褒めたといわれる。

 

その後、宗有は寛政12年(1800)に56歳で一刀流の皆伝免許を許された。

翌年に3代目・中西子啓が急逝したとき、子啓の養子・兵馬はまだ15歳だったために宗有は兵馬の後見を務めて、高柳又四郎、白井亨の二人を師範代して共に道場を支えた。

寺田宗有、高柳又四郎、白井亨の3人は「中西道場の三羽烏」と呼ばれ、宗有はその筆頭といわれる。

その5年後、兵馬は無事に4代目となって中西忠兵衛子正を名乗ることになる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

④老いて極められた剣

宗有は禅の重要性にも着目していて、白隠慧鶴の高弟・東嶺円慈に参禅し、大悟して「道楽天真に達した」と言われ、天真翁を名乗っている。

ここから「天真一刀流」を興して自ら初代となることになった。

文化8年(1811年)、武者修行に出ていた白井亨が、自ら工夫し会得した伝説の技「八寸の延金」をひっさげて江戸に帰って来た。

この時、白井亨は「老いることで強さを失う」ことに悩んでおり、その悩みを解決すべく当時60歳を越えていた宗有と立ち合った。

この試合で、白井亨は全く手が出せずに完敗し、宗有に心酔してその場で入門を願い出ることになる。

宗有の門人となった白井亨は、宗有との修行を通じて、年齢によって肉体的な力が衰えても、ますます深く高く進む剣の境地があることを知った。

白井亨によると、宗有は剣と座禅のほかに毎朝200~300回の水浴びや数日間の断食を死ぬまで続けていたという。

 

文化12年(1815)、宗有は藩主の供をして大坂へ向かったとき、腰には竹光を差して出かけている。

道中、宗有が河原で草履のひもを結び直していると、この竹光が鞘から抜けて足下に落ちてしまった。

これを見ていた周りの者が竹光を見て笑うと、宗有は「わしは気に入らぬ者があると、すぐ刀を抜いて首を切り落とす癖がある。だから旅のときは真刀を差さないことにしている。しかしこの竹光が正宗のような名刀と変わるところはない」と言って、傍らの大石に竹光で斬りつけると、石は真っ二つになったという。

 

 

スポンサーリンク

年齢を重ねても、極まり続ける剣の境地。

高齢化社会に悩む現代日本がお手本にしたい人物。

たくさんの「伝説」エピソードも詳細に残っていて、さらにその一つ一つが現実性のあるようなものばかり。

これまでの「神社に籠って夢の中で奥義を得た」のような、安っぽいウリ文句を必要としない品格までも備えた「剣豪」。

この寺田宗有が、どう見ても江戸時代における「伝説の剣豪」だと思います。

いや、もはや「剣豪」という言葉さえこの人の前では失礼に当たるかも・・・

 

贔屓目になってるかもしれませんが、私はこの寺田宗有を上泉伊勢守信綱と並ぶ「剣聖」と呼びたいと思います。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪