伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【逸見長英】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【逸見長英】です。

【逸見長英】は秩父の名流を世に轟かせた甲斐武田氏の一族の末裔、するどい突き技で道場の名誉を守った伝説の剣豪です。

では【逸見長英】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://2ch.vet/

スポンサーリンク

逸見長英 

名前:逸見太四郎長英、逸見小源太

流派:甲源一刀流

出身:武蔵国

年代:江戸時代後期~明治(1818~1881)

 

甲源一刀流の名は、甲斐源氏に由来している。

逸見氏は甲斐国の守護大名・武田氏とは同族であり、代々甲斐国に住んでいたが、16代・逸見義綱が信玄の父である武田信虎と合わず、武蔵国に移り住んだといわれている。

江戸時代、逸見氏は農業の傍ら家伝の兵法を伝え、25代・逸見太四郎義年が、桜井五助長政から溝口派一刀流を学んで、家伝の兵法と統合して甲源一刀流を興した。

義年は道場「燿武館」を建てて門人を迎えたが、門人の大部分が農民のため、早朝からの朝稽古が中心となり、門人らは朝稽古を終えてから自宅に戻り農作業をしたという。

甲源一刀流の極意は「草の露が結ぶとき、落ちるときの、人の目に留まらないその一瞬を見極めること」とされ、長剣、小太刀あわせて25の形があった。

刃を水平に寝かせて相手の肋骨の間を貫く突き技を持つ実践的な剣法であったが、同時に「剣術は心術なり」という教育的側面を持っていた。

 

 

出典:http://bunkashisan.ne.jp/

スポンサーリンク

 

 

義年の弟子・比留間与八は甲源一刀流の達人として知られ、比留間家の道場は門弟数千人を迎えて甲源一刀流の隆盛に大いに貢献した。

比留間家は、12代将軍・徳川家慶の前で剣技を披露して甲源一刀流の名を高めたともいわれる。

 

逸見小源太は3世・義豊の長男として生まれた。

曾祖父の義年は小源太の誕生を喜び、この名を付けたという。

父が早世してしまったため、小源太は叔父の4世・義隆に鍛えられて5世を襲名。

身長6尺1寸という堂々たる体格、天賦の剣才を持っていた小源太は流祖・義年の再来と称され、太四郎長英を名乗る。

 

この長英は、1836年(天保7年)に神道無念流の大川平兵衛と流儀の存亡をかけた他流試合を行っている。

相手の平兵衛は川越藩の剣術師範を務め、自ら道場を経営していたが、この地方で隆盛を誇っていた甲源一刀流を叩き潰そうと計画していた。

「燿武館」に乗り込んだ平兵衛は、4世・義隆との試合を所望したが、受けてたったのは義隆ではなく若干19歳の長英だった。

試合開始前、長英は「当流には胴打ちがあるので、胴を付けてください」と言うと、平兵衛は「無用!」と吐き捨てる。

すると両者にらみ合いののち、長英の鋭い突きが胴に決まり、平兵衛は血を吐いて倒れた。

こうして「燿武館」の名誉は守られ、若武者の長英の名と共に甲源一刀流はますます有名になっていった。

 

 

出典:http://www.town.ogano.lg.jp/

スポンサーリンク

秩父の山奥に伝えられた甲源一刀流は、おそらく幕末においても田舎剣法と揶揄されたことでしょう。

しかし、神道無念流との試合で19歳の若武者が見せた田舎剣法の意地は、世に甲源一刀流の名を轟かせ、現在にも残る流派となっています。

江戸の大きな道場で稽古すれば強くなるわけでもなく、ましてや武士だけが剣術に秀でているわけではない。

まさに「剣術は心術なり!」

なめきっていた大川平兵衛は、後世まで敗者として自分の名が残るとは思いもしなかったでしょうね。

そしてこれからも敗者として伝えられていく。

お気の毒としかいいようがない。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪