伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【松林蝙也斎】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【松林蝙也斎】です。

【松林蝙也斎】は剣術好きの江戸幕府3代将軍・徳川家光が、その身のこなしに驚愕した伝説の剣豪です。

では【松林蝙也斎】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

スポンサーリンク

松林蝙也斎

名前:松林蝙也斎永吉

流派:夢想願流、願立流

出身:信濃国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1593~1667)

 

 

松林蝙也斎は、文禄2年(1593)に上杉氏家臣・松林永常の子として信濃国海津に生まれ、はじめ名と左馬之助といった。

のちに上杉家を出奔し、廻国修行の旅に出て剣術・槍術・薙刀術を学び、夢想願流を編み出したとされる。

その後、左馬之助は無雲と号して、親類の関東郡代・伊奈忠治の食客となり、その武勇が広く知られるようになる。

源義経が柳の葉を八断する故事に倣い、無雲が行うと柳の葉は水に落ちる間に十一に分断されたという。

また、小刀でハエの首を斬り落としたり、夜道で無雲を脅かそうとすると、一瞬で川向うに跳躍すると同時に刀を刀身だけ持っていったなどの逸話が残っている。

 

寛永20年(1643)に仙台藩主・伊達忠宗から子の光宗の剣術指南役として招かれて江戸に移った。

光宗の死後も仙台藩に残り、藩士に剣技を教授して無雲の剣名はさらに高まっていく。

そして慶安4年(1651年)、江戸城において将軍・徳川家光に夢想願流の剣技を披露する機会が設けられた。

この時、無雲は組太刀20番を立合ったほか、相手の太刀の棟に飛び乗り宙を舞うなどの奥義を披露。

無雲の袴の裾が何度も屋根のひさしに触れるのを見て、家光は「まるで蝙蝠の如し」とその技量を讃えたという。

これ以後、無雲は蝙也斎と号して、さらに仙台藩に夢想願流を広めていった。

蝙也斎は師の直前まで道場で千回素振りしながら、門人に稽古を付けていたという。

 

 

出典:http://flightsim.at.webry.info/

スポンサーリンク

家光の前で、コウモリのように飛び回ったのは蝙也斎が60歳近くなってからの話。

名前を蝙也斎と変えたところをみると、後世に誰かが作った話ではなくて、自分で誇張して伝説にしちゃったパターンかな。

まるで蝙蝠のようだから、蝙也斎と名乗るというネーミングセンスw

よほど将軍様に褒められたことが嬉しかったのでしょうね。

でも、コウモリの印象から、どうも陰険なイメージしか伝わってこないところが残念だなぁ~

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪