伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【師岡一羽】日本最強は誰?流派は?

      2018/03/11

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【師岡一羽】です。

【師岡一羽】は、中世における正統派剣術・香取神道流、鹿島新當流の両方を学んだ伝説の剣豪です。

では【師岡一羽】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://japaneseclass.jp/

スポンサーリンク

師岡一羽 

名前:師岡一羽常成

流派:一羽流

出身:常陸国

年代:戦国時代(1532~1593)

師岡一羽は、一羽斎、一巴斎、一波とも伝わるが、本名は常成である。

出自は美濃国の土岐氏一族の家系とされ、師岡常良の子として誕生した。

伝書では、香取神道流3代の飯篠盛近から師岡左京進(常良?)を経たのちに師岡一羽に繋がっていることから、一羽ははじめ香取神道流を学んだあとに塚原卜伝の弟子となって鹿島新當流を学び、のちに自分の流派「一羽流」を立てと考えられている。

一羽は、常陸国江戸崎城の土岐氏族の原氏に仕えたが、原氏は北条氏に属したために豊臣秀吉の小田原征伐で佐竹義重に攻められ敗れる。

すでに剣豪として有名だった一羽は、蘆名盛重に仕官をすすめられるが、それを固辞して兵法家として道場を開いた。

根岸兎角、岩間小熊之助、土子土呂助ら門人を育て、「一羽流」を広めたが、晩年にハンセン病になり死去した。

一羽の弟子達は「一羽流」以外に、「一波流」、「卜傳流」、「微塵流」、「鹿島神道流」などの様々な流名を名乗り、幕末に活躍した新撰組の近藤勇が使う「天然理心流」もその系統といわれている。

 

出典:https://japaneseclass.jp/

スポンサーリンク

「一羽流」の開祖として有名な剣豪ではあるが、特にエピソードは残っていない静かな剣豪。

この頃の剣豪にあちがちな「神様のおつげを得て必殺技がひらめき、自分の流派を立てた」というような胡散臭い自己アピールをしていないところが、逆に好感を持てます。

香取、鹿島の正統派を引き継ぎつつ、研鑽を重ねて自分の流派を立ちあげた真面目な剣術オタクといったところでしょうかw

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪