伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【伊藤一刀斎】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【伊藤一刀斎】です。

【伊藤一刀斎】は一刀流の始祖にして生涯が謎に包まれた、正に伝説の剣豪です。

私は道場など開かずに、ただひたすら己の剣を極めて相手を倒し続けたこの人こそ、日本最強の剣豪なのではないかと思っています。

では【伊藤一刀斎】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://www.nobuwiki.org/

スポンサーリンク

 伊藤一刀斎

名前:伊藤一刀斎、伊東一刀斎

流派:一刀流

出身:伊豆国

年代:戦国時代~江戸時代初期(1550~?)

 

伊藤一刀斎は、天文19年(1550)に伊藤弥左衛門の子として伊豆大島で生まれたとされる。

幼名は前原弥五郎と称し、生まれつき身体能力に優れ、筋骨隆々、幼い頃から始末に負えない乱暴者であったという。

14歳の時、弥五郎は天下に名を残そうと一念発起して、泳いで大島を脱出。

伊豆に上陸してからは三島神社の床下に住み、天狗が島から舞い降りたとあたりの噂になっていた。

 

そんな折、弥五郎は三島に富田越後守重政の門弟・富田一放という男がいるということを聞きつけて勝負を挑んだ。

派手ないでたちの一放と、全身ボロを着た少年・弥五郎の対決は、飛び込んだ弥五郎の一撃であっという間に勝負がついた。

これを見ていた三島神社の祠官・織部は、弥五郎に感心し神社に伝わる刀を授けたという。

この刀は抜き身で縄に吊るしていたところ、縄が切れて落ち、下の酒瓶を真っ二つにしたという伝承が残る業物だった。

 

 

出典:https://renote.jp/

スポンサーリンク

 

 

客分となっていた弥五郎は、ある夜、賊数十人が織部邸を囲んだとき7人を斬り、さらに甕の後ろに隠れた賊を甕ごと真っ二つにしたという。

このため、織部からもらった刀は「甕割刀」と呼ばれ、代々一刀流宗家に引き継がれたといわれる。

その後、弥五郎は師を求めて江戸に出て、富田流門下の傑物・鐘捲自斎の門下に入った。

中条流の流れを汲む自斎のもとで弥五郎は小太刀、中太刀の術を学び、わずか5年で誰も敵わなくなってしまう。

「自斎からはもう学ぶものはない」と弥五郎が武者修行に出ようとすると、自斎は怒って弟子を懲らしめるべく試合を行った。

しかし、この師弟対決はあっけなく弥五郎が勝ってしまい、自斎もその実力を認めて極意「妙剣、絶妙剣、真剣、金翅鳥王剣、独妙剣」の5点を伝授することになった。

この時、一本も打ち込めず不思議がる自斎に対して、弥五郎は「我を打たんとする師の心が我が心にうつるのみ」と答えたといわれる。

 

 

出典:https://ixagno.blog.fc2.com/

スポンサーリンク

 

 

自斎のもとを離れた弥五郎は、山中に籠って修行を続け、いつしか「伊藤一刀斎」と名乗るようになった。

また、鐘捲自斎も使っていた「戸田一刀斎」の名も使っていたともいう。

 

諸国を廻っていた一刀斎が相模に滞在していた時、たまたま中国船が来航したことがあった。

中国船の一行には十官という功夫の使い手がいて、武術を披露し対戦相手を求めていた。

見たこともない術を使う中国人に恐れを抱き、誰も手を上げようとしない中で一刀斎は「扇一本で相手してやる」と言って見事に打ち負かす。

こうして一刀斎の名はうなぎのぼりに知れていった。

 

有名になればばるほど、名を上げようと挑戦者が現れるのがこの時代。

一刀斎に負けた者は、恨みを抱いて闇討ちをかけてくる相手もいた。

愛人を丸め込んで寝込みを襲ってきた男に対しても、一刀斎は相手の刀を奪い取り危機を脱する。

この時の技を「払捨刀」と名付けて研究を重ねるほど、一刀斎にとって「剣」は全てだった。

さらに鶴岡八幡宮に籠って修行していた時、夜に怪しい気配を感じた瞬間に刀でその気配を斬り、一刀流の奥義「夢想剣」を開眼。

その後も、自分の腕を磨くことだけを考えて生涯住居を構えず、旅籠に泊まっては「天下一剣術之名人伊藤一刀斎」と札を掲げた。

生涯の中で記録に残る真剣勝負は33回、凶敵を倒すこと57人、木刀で打ち伏せた相手は62人。

「一刀流」は弟子の小野忠明によって後世に伝えられていったが、一刀斎の最期は謎のまま伝説の中へと消えていった。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

スポンサーリンク

出世なんかどうでもいい伊藤一刀斎は、寝ても覚めても剣一筋。

そんな一刀斎の姿を漫画「バガボンド」は、本当にをうまく描いていると思います。

はじめて読んだときに、まさにイメージどおりの一刀斎でビックリしました。

「剣聖」と呼ばれるような上泉伊勢守や塚原卜伝なんかとは違って、「己の剣」のみに狂って生きる一刀斎は正に「剣鬼」という称号が相応しい。

一刀斎の晩年はよく分かっていませんが、ヨボヨボの爺さんになってもこの人なら戦っていたと思います。

だって、一刀斎ほど畳の上で死ぬことが似合わない人はいないでしょう?

名も知れない相手が、目の前にいるヨボヨボの爺さんが「一刀斎」だと分からずに倒してしまったというのが、個人的には一番しっくりくると思ってます。

それこそ、一刀斎が望んだ最期なんじゃないかなと。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪