伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【千葉周作】日本最強は誰?流派は? | おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【千葉周作】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【千葉周作】です。

【千葉周作】は幕末の重要人物たちが多く学んでいた北辰一刀流の創始者で、道場剣術に革命を興した伝説の剣豪です。

では【千葉周作】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:http://seesaawiki.jp/

スポンサーリンク

千葉周作 

名前:千葉周作

流派:北辰一刀流

出身:陸奥国

年代:江戸時代後期(1794~1855)

 

千葉周作は年(1794)父は千葉忠左衛門成胤の子として陸前国に生まれた。

周作5歳の頃、父は周作だけ連れて家出をし、宮城県栗原郡荒谷村の斗瑩稲荷神社境内に居を構えると、周作は地元の千葉吉之丞常成から北辰夢想流剣術を学ぶことになる。

その後、父と共に松戸に移った周作は馬医者を開業する傍ら、中西派一刀流の浅利又七郎義信に入門。

腕を認められた周作は、義信の師匠である中西子正の中西道場で教授を受けることとなった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

中西道場には「三羽烏」と呼ばれた高柳又四郎、寺田宗有、白井亨が在籍しており、新人だった周作には誰も見向きもしてくれない。

しかし、周作の才能は腐ることはなく、3年間の修行後、ついに免許皆伝を受けることになった。

すると免許祝いの試合に立合いたいと高柳又四郎が申し出てきた。

高柳又四郎は初心者であろうとも「自分の修行になるから」と容赦ない剣を振るい、教えてもらって上達した者は一人もいなかったという人物。

又四郎の得意技は、まず相手の動きを誘い、相手が打ち込んできた隙にカウンターを決めるというもので、相手の竹刀は、又四郎の竹刀にかすりもしないので「音無しの構え」として有名だった。

そんな又四郎の剣や、教育方法に周作は嫌悪感を持っていたともいわれる。

 

試合では双方が相手の動きを待ち続けた結果、又四郎の方がしびれを切らして誘いをかけてきた。

その瞬間、周作はすさまじい勢いで床を蹴ると、道場内に竹刀のぶつかり合う音と板の割れる音が響きわたり、周作の竹刀は又四郎の面を、又四郎の竹刀は周作の籠手を叩いた。

相打ちとなった試合であったが、「音無し」を自負していた又四郎の誇りは丸つぶれになり、逆に気合とともに周作が踏み割ってしまった床板は、中西道場に記念として掲げられたという。

 

 

出典:http://www.raizofan.net/

スポンサーリンク

 

 

その後、周作は浅利義信の婿となって浅利道場を継いだが、組太刀の変革を訴えて意見が対立し、妻を連れて独立を決意。

北辰夢想流と中西派一刀流を合法して「北辰一刀流」を創始し、流派を広めるべく武蔵・上野、信濃などを巡り、他流試合を行って門弟を増やしていった。

周作は生活のために道場破り的なことも行い、剣名を上げるために伊香保神社に奉納額を掲げようとしたときには、有力な門人を引き抜かれた地元の馬庭念流一門と対立し阻止されたりしている。

この騒動で北辰一刀流は名を上げたが、結果的に上野からは撤退することになり、文政5年(1822)に周作は江戸に戻って道場『玄武館』を建てて門人を迎えることにした。

周作の教える北辰一刀流の剣術は、非常に合理化され、竹刀や防具を使用して試合形式で腕を磨くものであり、昇段を簡略化、基準を明確化したために「他の道場なら3年かかるところを、1年で修得できる」とたちまち評判になる。

『剣術初心稽古心得』には「稽古前の食事は軽く。多く食べれば息合いが早く弱くなる」と簡単明瞭に説明し、また『剣術修行心得』では「気は早く 心は静かに 身は軽く 目は明らかに 業は激しく」など歌も添えるなど、楽しく剣術を覚えさせる工夫を行っていた。

また、諸藩の士のため宿舎も用意し、育てて藩にお返しするという姿勢を示したことで北辰一刀流は爆発的に門弟を増やし、「技の千葉(玄武館)、力の斎藤(練兵館)、位の桃井(士学館)」と評されて、江戸剣術の一大流派となった。

ちなみに周作の門下からは、清川八郎、山岡鉄舟、弟の千葉定吉の門下からは坂本龍馬などの幕末の重要人物を多数輩出している。

 

 

出典:http://toukidenquizbattle.replays.net/

スポンサーリンク

 

 

天保3年(1832)、江戸中の道場を次々に破って話題となっていた大石進が玄武館にもやってきた。

進の得意技は7尺(210cm)の長身、5尺3寸の長竹刀から繰り出される左片手突き。

話を聞いていた周作がとった対抗策は、突きを防ぐために樽のふたを竹刀の鍔に使用して盾のように扱うというもの。

引き分けに持ち込んだこの試合は、「特殊な武器には、特殊な武器で対応する」という周作の合理的な考えを象徴するものであった。

 

天保10年(1839)、周作は水戸藩主・徳川斉昭の招きを受けて剣術師範となり馬廻役として出仕し、次男・栄次郎、三男・道三郎もそれぞれ水戸藩の馬廻役となった。

このため北辰一刀流は水戸藩と深く繋がり、門弟の塚田孔平などは水戸弘道館で相澤正志斎、戸田銀次郎、藤田東湖らと親交して水戸天狗党の乱にかかわっていくことにもなる。

 

 

出典:http://greatman.merrymall.net/

スポンサーリンク

千葉周作は、これまでの神秘的な厳しい修行の中で、神がかり的に奥義を会得するという従来の方法を完全に否定し、剣術のマニュアル化によって剣術を身近なものにした「剣豪」の中の革命者。

ひたすら精神修行だと言われ、しごかれ、泣いてきた江戸の「ゆとり侍」に周作のやり方がウケないわけありませんwww

藩士たちのために宿舎を備えた道場を作るなど、経営者としての才能も発揮した周作は非常に頭のキレる人物だったのでしょう。

大石進への対抗策は、どこか卑怯なやり方のように感じてしましますが、「バカ長い竹刀がOKなら盾付き竹刀もOK!」と言われてしまえば反論しようもない。

道場経営者としては、負けなきゃいいんですよ。

この割り切った考え方ができた周作は、歴史の中で数多くいた「伝説の剣豪」の中でも異才を放っていると思います

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪