伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【神谷伝心斎】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【神谷伝心斎】です。

【神谷伝心斎】は江戸時代において一大流派となった「直心陰流」の基礎を作った伝説の剣豪です。

では【神谷伝心斎】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

スポンサーリンク

 神谷伝心斎

名前:神谷伝心斎直光

流派:直心流

出身:?

年代:江戸時代初期(?~?)

 

神谷伝心斎の出身地、生没年はわかっていない。

幼い頃の名を丈右衛門といった。

伝心斎は武芸15流にわたって修行を行い、のちに真新陰流の小笠原源信斎の門弟となった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

当時は、宮本武蔵の名が知れ渡っていて、特に二刀流の噂で持ちきりだった。

伝心斎も武蔵に興味を示し独学で二刀流を研究、相対した場合の対処法を頭の中で繰り返していた。

その中で一つの結論を見つけた伝心斎は「武蔵とて打ち込めないことはない」と豪語する。

すると、これを聞いた師匠の源信斎は「けしからん」とばかりに伝心斎の慢心を諫めた。

しかし、伝心斎はいっこうに自論を曲げなかったため、源信斎は弟子をこらしるべく二刀流をもって立合に臨んだ。

伝心斎が隙を狙って打ち込んだが、自分の技でもないのに源信斎は二刀を巧みに操って受け止め、挟み込んで押さえにかかる。

だが、伝心斎にとってこれは全て織り込み済。

動きが取れなくなる前に二刀をはねのけ、体制を崩した師の顔面をしたたかに打った。

二人の間に微妙な空気が流れたが、さすがは師匠の源信斎。

伝心斎を素直に褒めて賞賛の言葉を送った。

これに安心したのか伝心斎は、その後は慢心することなく精進し、源信斎の真新陰流を極めた。

 

伝心斎が67歳となったとき、剣術の本義に気づくことがあって流派名と「直心流」に変える。

その本意とは「従来の勝負とは全て外道乱心の業であり、兵法の根元は仁義礼智の四徳に基づかない限り本物ではない。己を捨て、直心を以って進み、非心邪心を断たなければ自然にゆがむ」というもの。

その後、この直心流は高橋弾正左衛門重治が継いで「直心正統流」を名乗り、さらに山田光徳が「直心陰流」と名を変えた。

この「直心陰流」が幕末に大いに栄えて江戸四大道場の一つとなっていくのである。

 

出典:https://www.oricon.co.jp/

スポンサーリンク

師匠・源信斎もまさか負けるとは思っていなかったのでしょうね。

勝った伝心斎も「あっ・・・やべ・・・・どうしよ・・・」ってなって素直に喜べないしww。

そもそも、源信斎が二刀流をうまく使えたのかどうかは疑問が残ります。

出来もしないことやろうとして、実は慢心していたのは源信斎の方なのかもしれません。

それを身をもって弟子に教えたかったのかな?www

しかし、この二人の名前がややこしすぎる!

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪