伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【宝蔵院胤栄】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【宝蔵院胤栄】です。

【宝蔵院胤栄】は宝蔵院の槍を天下に知らしめた伝説の僧、剣豪です。

では【宝蔵院胤栄】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

20150506114229

出典:http://managameigen.hatenablog.com/


スポンサーリンク


宝蔵院胤栄

名前:宝蔵院覚禅坊胤栄

流派:宝蔵院流

出身:大和国

年代:室町時代後期~戦国時代(1521~1607)

 

宝蔵院覚禅坊胤栄は、大永元年(1521)に興福寺の衆徒である中御門但馬胤永の次男として生まれた。

中御門氏は、天武天皇の第4皇子である舎利親王の後継といわれ、興福寺の衆徒の中でも僧兵を支える武門の家であった。

興福寺に入寺した胤栄は、武装警察権力を持つ興福寺の若衆徒である六法衆として武術の稽古を行っていた。

胤栄は、新道流の兵法を治めたといわれ、師は成田大膳太夫盛忠とも大西木春見ともいわれている。

胤栄は、猿沢の池で槍の修行中、池に映った槍が三日月と重なるところを見て十文字槍を考案したと伝えられている。

 

 

20130714132857d44

出典:http://toukidenkouryaku.blog.fc2.com/

スポンサーリンク


 

 

30歳で大法師となった胤栄は、「近畿第一」とされた柳生新左衛門宗厳と知友の仲となり、その後の永禄6年(1563)伊勢国司・北畠具教の紹介で、柳生宗厳と共に上泉伊勢守信綱の一行を迎え、新陰流を学ぶことになった。

また、永禄8年(1565)には柳生を訪れていた上泉伊勢守を宝蔵院に引き止め、直々に新陰流の教えを受けた。

この年の4月、柳生宗厳は上泉伊勢守より一国一人の印可を受け、続いて胤栄も、8月に九箇までの指南を許す印可を許された。

胤栄は、金春七郎、中村市右衛門、高田又兵衛吉次などの弟子を育成し、宝蔵院の槍術は世に広まることになった。

しかし、胤栄は晩年になると仏法と殺生の技を伝える矛盾に悩み、自分が収集していた武具を処分して後継の胤瞬に武芸修行を禁じた。

慶長12年(1607)8月26日、死去。享年87歳。

後継となった胤瞬は、胤栄によって禁じられていた槍術への思いが捨てられず、奥蔵院の僧に学んで槍術を再興することになる。

 

 

o0594031713331953527

出典:https://ameblo.jp/



スポンサーリンク



宝蔵院胤栄が、晩年に仏法と殺生の技を教えることに悩み、槍を捨てたとありますが、そもそもお寺に居るんだから、もっと早く気づいてもよかったんじゃないか?

気づくの遅すぎでしょ(笑)。

悩みながら鍛錬を重ねて、人を殺さないための武術を編み出した、悟りを開いた、という話はよくありますが、胤栄は相手を殺す技を徹底的に磨き続けてきたってことなんでしょうか。

そういうの逆にカッコイイと思います。


スポンサーリンク


 - 伝説の剣豪