伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【桂小五郎】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【桂小五郎】です。

【桂小五郎】は幕末の京都で「逃げの小五郎」と呼ばれたものの、実は江戸では「剣」の方で超有名だった伝説の剣豪です。

では【桂小五郎】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://matome.naver.jp/

スポンサーリンク

桂小五郎 

名前:桂小五郎・木戸孝允

流派:神道無念流

出身:長門国

年代:江戸時代末期~明治(1833~1868)

 

明治維新の重鎮となった桂小五郎は、天保4年(1833年)に長門国萩で藩医・和田昌景の長男として生まれた。

小五郎は病弱で長生きしないと思われていたため、姉が婿養子を取って和田家を継ぎ、小五郎は7歳で桂家の養子に出された。

少年時代の小五郎は悪戯好きのヤンチャ坊主で、川を行き来する船を転覆させる遊びをしていた。

ある時、業を煮やした船頭から櫂で頭を叩かれたが、小五郎は額から血を流しながらも笑顔だったという。

 

10代になってからは、冷静沈着な頭の冴えを見せ、藩主・毛利敬親から2度にわたって褒賞を受けて藩からも注目され始める。

その後、吉田松陰に学び、「事をなすの才あり」と評された小五郎は、長州藩の剣術師範・内藤作兵衛の道場に入門。

嘉永元年(1848)に元服した際、実父に「元が武士でない以上、人一倍武士になるよう精進せよ」と言われて以降、小五郎は剣術修行に明け暮れて腕を上げ、実力を認められていった。

そして剣術修行を名目とする江戸留学が藩に許可された小五郎は、私費で江戸に上った。

江戸では三大道場の一つ、神道無念流の練兵館に入門し指南を受けると、1年後には免許皆伝となって塾頭を任せられる。

同時期に免許皆伝となった大村藩の渡辺昇とともに、練兵館の双璧と称えられるようになった小五郎は、塾頭を務めた5年の間に幕府講武所の総裁・男谷精一郎の直弟子を破り、大村藩などの江戸藩邸に招かれて剣術指導も行うなど剣豪・桂小五郎としてその名を天下に轟かせた。

6尺という大柄な小五郎が、上段に構えると「その静謐な気魄に周囲が圧倒された」という。

 

 

出典:https://bakumatsu.org/

スポンサーリンク

 

 

のちに藩命により帰国することになった小五郎は、途中の岩国で千葉門下だった宇野金太郎と試合を行っている。

金太郎は箸でハエを掴むという特技を持っていた剣豪で、修行者もこの道場だけは避けて通るといわれていた。

小五郎は金太郎との試合で、軽く籠手で一本を取ったものの、続く二本目では強烈な籠手を受け、腕がしびれて竹刀を持つことができなくなってしまう。

この試合は形式上は引き分けとされたが、小五郎は江戸でも味わったことのない剛剣をくらって、非常に悔しい思いをしたという。

 

また一説には、小五郎は江戸に居た安政5年(1858)に武市半平太や坂本龍馬と、桃井春蔵の士学館で試合を行ったとされている。

士学館が主催した様々な道場の猛者が集まる撃剣会で、小五郎は斎藤弥九郎の長男・新太郎とともに参加。

小五郎が登場するなり瞬く間に4人を抜くと、周りから「龍馬出ろ!」の声がかかる。

小五郎と龍馬の対決は10本勝負で行われ、互いに5本づつを取り合った。

延長の11本目は、小五郎が得意の上段から打ち込むところを、龍馬が低く沈んで双手突きを決めて勝利した。

武市半平太は、自分が小五郎に戦わなくて済んだことに安心し、龍馬の勝利にに大喜びして絵入りの手紙まで送ったという。

 

 

出典:http://アカセカまとめ攻略ch.com/

スポンサーリンク

若い頃は「剣豪」として名を馳せた桂小五郎は、幕末の京都では「逃げの小五郎」と呼ばれるほど斬り合いを好まず逃げ回った。

自分の剣に自信がなかったのか、戦いで命を失うことは「日本」のためにならないと思ったのか、小五郎本人にしか分かりませんが、のちに明治維新の立役者になることを考えると小五郎の選択は大正解だったと思います。

龍馬との対決の話は、武市半平太の手紙がニセモノらしく、龍馬を良く言うための作り話だといいます。

長州を引っ張ったリーダーなのに、龍馬の引き立て役にさせられる桂小五郎って何だかかわいそう・・・

この人を主役にした大河ドラマがあってもいいのに、なぜか人気ないというか、評価が低いんだよなぁ~。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪