伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【中西忠兵衛】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【中西忠兵衛】です。

【中西忠兵衛】は竹刀剣法を定着させた江戸第一の中西道場の4代目、数々の幕末の剣豪の師匠でもある伝説の剣豪です。

では【中西忠兵衛】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://www.budo-u.ac.jp/club/kendo.html

スポンサーリンク

中西忠兵衛 

名前:中西忠兵衛子正

流派:中西派一刀流

出身:石見国?

年代:江戸時代後期(?~?)

 

江戸時代初期、剣術の試合は「真剣」または」「木刀」、刃が付いていない真剣「刃引」と呼ばれるもので行われていた。

そんなもので試合を行えば当然、死を招くケースも多々あり、剣で名を成そうとしても若くしてこの世を去ってしまう者も多かった。

このため、死んだり重傷を負ったりしないよう剣術の稽古は、自然に「形」が中心となって剣舞のようなものに変わってしまう。

しかし、それでは稽古にならないと工夫されたのが竹刀と防具で、これによって打合稽古が可能となった。

この打合による稽古を試合剣術といい、これは長沼四郎左衛門国郷の直心影流によって始められることとなった。

その後、鉄の面、胴を開発し、試合剣術を積極的に推進したのが中西派一刀流2代目の中西忠蔵子武で、ここに現在の竹刀剣道の原型が成立した。

 

 

スポンサーリンク

 

 

伊藤一刀斎に始まり、小野忠明に引き継がれた一刀流は、のちに宗家を継ぐに値しない者があったため、高弟であった中西忠太子定に移っていた。

2代目の忠蔵子武が竹刀剣術を取り入れたのは「刃引」による稽古を補うためだったと言われているが、どちらに重点を置くかで3代目・忠太子啓の代には派内に対立を起こしている。

その後、「竹刀」と「刃引」の比重を半々として両者の持つ役割と意味合いを明確に分け、統合することに成功したのが4代目・忠兵衛子正である。

そして、この忠兵衛子正によって竹刀稽古は剣術の基本として定着し、中西道場は多くの門弟を集めることになった。

 

忠兵衛子正は「容貌に威厳があり、剣技敏捷卓抜、腕力があって勇壮。性寛大にして酒を好み、常に大甕を置いて浩然の気を養う」と高弟の白井亨は『兵法未知志留辺』に書いている。

江戸第一をされた下谷錬塀小路の中西道場からは、忠太子啓の代に「三羽烏」と呼ばれた寺田宗有、高柳又四郎、白井亨が、忠兵衛子正の代には浅利又七郎、千葉周作など幕末の剣豪が羽ばたいていった。

 

 

スポンサーリンク

中西道場の源流は、あの「剣鬼」伊藤一刀斎の一刀流です。

おそらく相手を斬る、打倒すことで最強だと思われる一刀斎が起こした一刀流が、いつのまにか相手を殺すことのない竹刀剣術に変わっていったことは、なかなか面白い話だと思います。

中西忠兵衛子正のエピソードは全くありませんが、この人の功績は幕末の名だたる剣豪を育てた教育方針にあるのかと。

中西道場出身の剣豪たちは独立しても皆「一刀流」を名乗り、その源流である中西派一刀流の剣名を高めていきました。

きっと剣の腕、教育方法だけでなく人格も兼ね備えた立派な剣豪だったのでしょう。

 

バガボンドでの一刀斎の名言

出典:https://ameblo.jp/

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪