伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【大石進】日本最強は誰?流派は?

   

 

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【大石進】です。

【大石進】は長身から繰り出す左片手突きで、江戸の有名道場を次々と打ち破っていった伝説の剣豪です。

では【大石進】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

出典:http://yokozz.blog.fc2.com/

スポンサーリンク

大石進 

名前:大石進種次

流派:大石神影流

出身:筑後国

年代:江戸時代後期(1797~1863)

 

大石進は柳河藩士・大石太郎兵衛種行の長男として筑後国に生まれた。

幼い頃から祖父・種芳に新陰流または愛州影流及び大島流槍術などを学んだという。

父・種行は柳河藩の剣槍術師範役に加え、支藩である三池藩の師範役も兼ねていために、交際費がかさんで貧乏生活を強いられ、進も田畑を耕して家計を補っていたという。

しかし、そのためか進は正月恒例の御前試合に思わぬ惨敗を喫した。

これに発奮した進は以後、突き技を重点的に稽古し、左利きを利用した独自の左片手突きを編み出すことになった。



文政5年(1822)に進は神陰流の免許皆伝を受けて武者修行に出発。

まずは豊前国中津藩の長沼無双右衛門の道場を訪ねて試合を行った。

門弟たちとの試合から進の技を観察、用心していたはずであったが、無双右衛門は進の鋭い左片手突きを止めることができなかった。

進の竹刀は鉄面を突き破って、無双右衛門は眼球が飛び出すほどの大怪我を負ってしまったという。

その後も進は久留米で40人と立ち合って、一度も負けなかった。

 

 

出典:http://sukoyaka-net.com/

スポンサーリンク

 

 

文政8年(1825)、父が死去したため、進は跡を継いで柳河藩の剣槍師範役を担った。

この年に、傷の癒えた長沼無双右衛門が門人18人を連れて進の門下に加わり、その影響から九州各地から入門者が集まるようになったという。

 

天保3年(1832)、藩命によって江戸に出府した進は、3ヶ月間にわたって江戸中の名門道場に挑み、7尺(210cm)といわれる長身、5尺3寸の長竹刀から繰り出す左片手突きで、次々と猛者たちを倒していった。

この時、進に勝てたのは天真一刀流・白井亨だけで、千葉周作は進の突きを防ぐために樽のふたを竹刀の鍔に使用して引き分けに持ち込むのが精一杯であった。

 

翌天保4年(1833)、進はさらに、当時最強といわれた男谷信友と試合する。

初日は頭を左右に振る信友に、なぜか進の突きはかわされて敗北。

しかし、翌日に進は突きの狙い所をやや下げると、信友は避けることができなくなり勝利を収めることができた。

この進の技に信友は感心して諸方の師範や剣士の入門を斡旋したといわれる。

 

天保10年(1839)、一旦帰国していた進は再び江戸に出府。

すでに進の剣名は江戸中に轟いており、このとき旗本や藩士たちはこぞって入門したという。

また、幕府老中・水野忠邦の邸宅にも招かれ、島田虎之助らと技を競っている。

その後、子の種昌に家督を譲った進は、隠居して文久3年(1863)に67歳で没した。

 

出典:https://buyee.jp/item/

スポンサーリンク

江戸時代末期、道場での剣術が全盛期の時代に江戸を席巻した九州の怪物・大石進。

勝てたのは白井亨、引き分けは千葉周作だけという驚異的な戦歴。

まぁ千葉周作の戦術は卑怯かなとは思いますが・・・www

当時の道場主たちは「大石進」の名前を聞いただけで縮み上がったんでしょうね。

どんなにゴジラみたいなドでかい男がやってきても、江戸で道場開いているプライドから死んでも「試合しません」なんて言えないだろうし。

実際、大石進の来襲によって負けた江戸の道場は、門弟たちが去ってしまい大恐慌になったらしいwww

お金目当ての道場にとってはマジで迷惑な話っす。

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪