伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【夢想権之助】日本最強は誰?流派は?

   

はじめに

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を流派などを含めて紹介していきます。

日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【夢想権之助】です。

【夢想権之助】は宮本武蔵を破ったと伝わる棒術を創始した、お調子者の伝説の剣豪です。

では【夢想権之助】について流派や出身地も含め簡単に説明します。

 

 

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/

スポンサーリンク

夢想権之助 

名前:夢想権之助

流派:神道夢想流

出身:?

年代:戦国時代~江戸時代初期(?~?)

 

夢想権之助は天正~慶長の頃の人物とされているが、その生没年及び氏素性は一切明らかになっていない。

常陸国真壁城主・真壁暗夜軒の家臣・桜井大隅守吉勝に師事して神道流(新當流)の奥義を受け、さらに鹿島神流の「一の太刀」の極意も授かったとされている。

その後、江戸に出た権之助は他流試合を盛んに行い、一度も不覚をとることはなかったという。

いつしか権之助はに金字で「兵法天下一夢想権之助」と書いて、門弟8人を連れ諸国を巡るようになった。

しかし、この権之助は諸国を巡る武者修行の中で、宮本武蔵に出会ってしまった。

相手が武蔵だと分かった権之助は「私は武蔵殿の御父上・新免無二斎殿と以前お手合わせを願った者です。武蔵殿は新しい技を工夫したと聞きましたので是非お手合わせ願いたい」と丁寧な言葉であるが挑発を行った。

武蔵は断ったが、あまりにも自信たっぷりの権之助がうるさいので、ついに試合を了承。

権之助は筋金入りの木刀を振り回して挑み、武蔵が軽くあしらっていると、権之助の木刀が武蔵の体をかすった。

これに権之助が大はしゃぎして「勝った」と騒ぐと、あまりにも調子に乗りすぎだと武蔵がキレた。

「真の当たりとはこのようなものではない」と言うと、武蔵は権之助を打ち据えてしまった。

 

 

出典:http://258quan.blogspot.jp/

スポンサーリンク

 

 

これ以来、権之助は武蔵の剣を破るべく、心を入れ替えてひたすら修行に打ち込み武術の研鑽を重ねていった。

そして筑前宝満山の宝満菩薩に祈願参詣し、武芸の成就を願った時、夢の中で神童が現れて「丸木をもって水月を知れ」との御神託を受けたという。

その後、権之助は修行に修行を積み重ね、武蔵と再戦してついに破ったと伝えれてている。

 

その後、権之助は自らが創始して武蔵を破った棒術を以って、筑前福岡藩・黒田家に召し抱えられた。

福岡藩に代々伝承された権之助の棒術は、やがて「男業」と呼ばれる足軽武術に組み込まれ「黒田の杖」として恐れられたという。

 

 

出典:http://loveplus.at.webry.info/

スポンサーリンク

ド派手な格好で大口を叩くお調子者だけど、なぜか憎めないのが夢想権之助。

さすがにやりすぎたのか、武蔵をキレさせて見事にボコられてしまったけど、まだ良かったほうだよ。

これがギラギラしてる時の若い武蔵だったら確実に殺されてた。

そんな権之助も、その後はちゃんと心を入れ替えて修行に励んだところがカワイイところ。

根は真面目な奴なんですよ。きっとw

スポンサーリンク

 - 伝説の剣豪