西郷どん(せごどん)13話あらすじネタバレ関連記事「近衛忠煕・月照・大久保満寿・市来正之丞・長岡監物」についての記事で13話を深く知ろう!

      2018/05/23

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第13話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第13話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

13話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん13話あらすじ)感動!吉之助の忘れ物「大久保正助」月照と京都で運命の出会いを果たす第13話
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第13話「変わらない友」あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第13話「変わらない友」のあらすじ・ネタバレについて書

スポンサーリンク

 「家定」と「篤姫」夫婦

13話でついに将軍・徳川家定と篤姫が対面。これまで妻たちに先立たれてきた家定は「死」に対してかなり恐怖をもっているようで、篤姫が「丈夫」であるかどうか確認すると納得して去っていきました。もっと二人の掛け合いが見たかったけど、それはこれからのお楽しみかな。

下の記事では、徳川家定と篤姫の生涯について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)徳川家定 又吉直樹が演じる奇怪な将軍は篤姫(於一)と結婚して病気ですぐ死ぬかわいそうな男
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川家定 大河ドラマ西郷どんで、又吉直樹先生が演じるのが奇行が目立つ13代将軍・徳川家定。 大河ドラマの中では、島津斉彬が徳川家定のあ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)於一(おいち)北川景子が演じる篤姫は西郷が好きだった?将軍・家定の正室となり徳川家に身を捧げた斉彬の養女
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 於一(おいち)/篤姫・天璋院 大河ドラマ西郷どんで、北川景子が演じるのが於一こと、のちの篤姫。 養父・島津斉彬の御前で開かれた相撲大会

 「近衛忠煕」と「月照

久しぶりに薩摩へ帰る島津斉彬と西郷吉之助。その途中で京都に寄って公家・近衛忠煕と僧・月照さんと対面し「一橋慶喜を将軍にする」という天皇からの詔を依頼協力を願い出ました。

運命の出会いを果たした吉之助と月照は、こののち歴史の渦の中にどんどん引きこまれていきますが、下の記事では13話から登場した、いちおう篤姫の養父・近衛忠煕と月照について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん 近衛忠煕(このえただひろ)月照と共に斉彬に協力した公家は篤姫の養父となり安政の大獄で失脚する
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 近衛忠煕(このえただひろ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で登場する近衛忠煕は、西郷隆盛、坂本龍馬ら幕末の英雄たちに比べ、とてもマイナー

大河ドラマ西郷どん(せごどん)月照 尾上菊之助が演じる怪しい尊王攘夷派の僧は西郷と共に錦江湾で入水自殺を図る
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 月照 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、尾上菊之助が演じるのが少し怪しい雰囲気を漂わせる尊王攘夷派の僧・月照。 ドラマの中で、西郷吉之

 「大久保正助」と「早崎満寿」夫婦

薩摩に戻った西郷吉之助のもとに、突然届いたビックニュース。幼馴染の大久保正助(のちの利通)が結婚するってよ。嫁は大久保の上司・早崎さんトコの娘さん。

下の記事では、大久保利通の半生と利通を影ながら支えていたであろう賢妻・満寿について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)大久保利通①(大久保正助)糸にフラれた正助は、西郷の親友にしてライバル!囲碁を通じて島津久光に接近し出世を掴む
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大久保利通① 大河ドラマ西郷どんで、西郷隆盛の親友にして最大のライバルともいうべき、瑛太が演じる大久保正助(のちの大久保利通)。 のち

大久保満寿(ます)西郷どん(せごどん)でミムラが演じた大久保正助(利通)の妻は、陰で夫を支え続けた「薩摩おごじょ」
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大久保満寿 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第13話、謹慎させられ、岩山糸にはフラれ、あまりいいことのなかった大久保正助にやっとこさ春が

 

スポンサーリンク

 「西郷琴」と「市来正之丞」夫婦

相変わらず、クソ貧乏のの西郷家。吉之助が戻ってみるとさらに貧しさは増しているよう。そんな中、西郷家を支えていたのは長女の琴と、その夫である市来正之丞。

嫁の実家のために借金までしてくれる市来正之丞には、吉之助も頭が上がりません。下の記事では、吉之助の妹・琴と市来正之丞について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷琴(市来琴)カワイイ!兄・吉之助に呆れながらも尊敬し、悲しい運命を背負うことになった西郷家の長女
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷琴(市来琴) 大河ドラマ西郷どんで、西郷吉之助(隆盛)の妹として登場するのが、桜庭ななみが演じる西郷琴(市来琴)。 貧乏子だくさん

西郷どん(せごどん)13話あらすじネタバレ関連記事「近衛忠煕・月照・大久保満寿・市来正之丞・長岡監物」についての記事で13話を深く知ろう!
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第13話 あらすじ・ネタバレ・関連記事 ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第13話

 

熊本行きの理由 は「長岡監物」に会うこと

薩摩に届いた老中・阿部正弘の急死の報。協力者を突如失ってしまった島津斉彬は吉之助に再度、江戸行きを命じます。吉之助はこの時に大久保正助も連れて行きたいと嘆願しますが、結果は熊本までならOKという返事でした。吉之助と正助はすったもんだあって熱い友情が爆発し、二人で熊本に向かいます。

下の記事では、二人が熊本に行った理由「長岡監物に会うこと」の長岡監物という人物について紹介しています。

大河ドラマ西郷どん(せごどん)長岡監物(けんもつ)吉之助のおかげで大久保正助が熊本で会えることになった攘夷論者の家老
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 長岡監物(ながおかけんもつ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第13話で、3年ぶりに薩摩に帰って来た西郷吉之助は、大久保正助たちと久しぶ

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめました!これで「西郷どん(せごどん)」が分かる!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) あらすじ・ネタバレ・期待度 まとめのまとめ 西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・人物紹介・各用語説明など記事をまとめにまとめ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ