歴代天皇【第13代】成務天皇(せいむ)蘇我氏の始祖となる武内宿禰を登用して大和朝廷の全国支配の基礎を固めた天皇!

      2018/03/29

歴代天皇
【第13代】成務天皇

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

 

成務天皇

諡号:稚足彦天皇(わかたらしひこのすめらみこと)

生没:84年~190年

在位:131年~190年

 

父:景行天皇

母:八坂入媛命(やさかのいりひめのみこと)

(第4皇子)

スポンサーリンク

 

 

成務天皇は、様々なエピソードを残した父・景行天皇の時代に比べると極端に地味な天皇である。

このため、この成務天皇は皇統を整えるために創作された実在していない天皇であるとの見方もある。

成務天皇時代、『記紀』の中で特記されるのは「国」、「郡」、「県」、「邑」といって行政区画が定められたことと、その行政区画を管理する「国造」、「県主」、「稲置」などの担当官が定められたことである。

また、『先代旧事本紀』の中でも「国造」の半数は成務天皇時代に設置されたとしている。

これらの行政改革には、蘇我氏の始祖とされる武内宿禰(たえうちのすくね)が大臣として腕を振るっていたとされ、この成務天皇の時代に大和朝廷が全国支配の基礎固めがなされた。

成務天皇には嗣子がおらず、48年3月1日に兄・日本武尊(やまとたける)の子・足仲彦尊(あしなかつひこのみこと)を皇太子に立てて、60年6月に107歳で崩御したという。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 歴代天皇