歴代天皇【第7代】孝霊天皇(こうれい)欠史8代の一人で息子の吉備津彦命が桃太郎のモデルとなった天皇!

      2018/03/16

歴代天皇
【第7代】孝霊天皇

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

 

孝霊天皇

諡号:大日本根子彦太瓊天皇(おおやまとねこひこふとにのすめらみこと)

生没:前342年~前215年

在位:前290年~前215年

 

父:孝安天皇

母:押媛命(おしひめのみこと)

(第2子)

 

孝霊天皇は、「欠史8代」の一人で具体的なエピソードはない。

しかし、この孝霊天皇には有名な息子・彦五十挟芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)またの名を吉備津彦命(きびつひこのみこと)がいる。

彦五十挟芹彦命は、弟の稚武彦命(わかたけひこのみこと)と共に、犬飼武(いぬかいたける)、楽楽森彦(ささもりひこ)、名方古世(なかたのこせ)を連れて吉備など西海道を平定したことで知られる。

これがのちの「桃太郎」のモデルとなっており、「日本書紀」では10代崇神天皇の時代に、朝廷から派遣された四道将軍の一人に選ばれている。

また、弟の稚武彦命は吉備氏の祖になったとされている。

「古事記」と「日本書紀」では、活躍した時代がかなり違っているが、大和朝廷による西国平定を反映させた記録であることに違いはない。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 歴代天皇