歴代天皇【第4代】懿徳天皇(いとく)特にエピソードも持たない葛城氏ゆかりの欠史8代の天皇の一人!

      2018/03/16

歴代天皇
【第4代】懿徳天皇

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

 

懿徳天皇

諡号:大日本彦耜友天皇(おおやまとひこすきとものすめらみこと)

生没:前553年~前477年

在位:前510年~前477年

 

父:安寧天皇

母:渟名底仲媛命(ぬなそこなかつひめのみこと)

(第2子)

 

懿徳天皇も父の安寧天皇と同じく「欠史8代」の一人で具体的なエピソードがない。

父の死後、44歳で即位した懿徳天皇は、在位34年で崩御したという。

母は安寧天皇の后で渟名底仲媛命で、同じ母から生まれた兄弟の息石耳命(おきそみみのみこと)の娘・天豊津媛命(あまとよつひめのみこと)を后に迎えていることからも、当時の有力豪族・葛城氏の影響をかなり受けた天皇であったことは間違いない。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

 - 歴代天皇