歴代天皇【第2代】綏靖天皇(すいぜい)人肉食?欠史8代の中で唯一即位までのエピソードを残す天皇!

      2018/03/16

歴代天皇
【第2代】綏靖天皇

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

 

綏靖天皇

諡号:神渟名川耳天皇(かむぬなかわみみのすめらみこと)

生没:前632年~前549年

在位:前581年~前549年

 

父:神武天皇

母:媛蹈韛五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)

(第3子)

 

綏靖天皇は、父・神武天皇の崩御後、長兄の手研耳命(たぎしみみのみこと)が皇太子の綏靖ら異母弟を殺して皇位を簒奪しようとしたため、討ち果して皇位を嗣いだ。

えびす様として有名な事代主神の娘・媛蹈韛五十鈴媛命を皇后として、葛城(かつらぎ)氏の拠点である葛城高丘宮に皇居を定めたこと以外、何も分かっていない。

しかし、中世に書かれた文書「神道集」によれば、綏靖天皇は人肉食の悪習を持っていて、一日に7人もの人間を食べたという。

恐れおののいた近臣たちは、「もうすぐ火の雨が降る」と言って綏靖天皇を岩屋に押し込め、幽閉してしまった。

「神道集」は偽書とされることが多いが、なぜこのような話が伝わっているかは不明。

綏靖天皇から第9代天皇までの8人の天皇は具体的なエピソードは何もなく、「欠史8代」と呼ばれて実在が常に疑問視されている。

 

神話でみる綏靖天皇即位

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

 - 歴代天皇