直虎関連

大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。

投稿日:2017年2月24日 更新日:

大河ドラマ「おんな城主 直虎」
しの とは

大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。

しのは、井伊直親との間に虎松(のちの井伊直政)をもうけ、直親の死後、井伊直虎(柴崎コウ)と共に、井伊家を存続させるため虎松を守る重要な役割を果たしますが、大河ドラマ直虎の序盤での しのは、非常に嫉妬深く、次郎法師/井伊直虎に敵意むき出しのめんどくさい女性として描かれています。

大河ドラマ直虎の主役・直虎だけではなく、脇役の嫉妬深い しのの物語や心境を勝手に考えてみたいと思います。

テキトーに考えてますので、時代背景とかドラマの内容と違ってたらすいません。先にご容赦ください。

 

無題2

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

【しの伝①】しのと亀之丞

しのは、井伊家の分家である奥山家・奥山朝利の長女として誕生した。

 

父・奥山朝利

ダウンロード

出典:http://minowa1059.wiki.fc2.com/

 

奥山家は井伊家臣の中でも筆頭の家柄であり、井伊家の重臣であった父のもとでなんの不自由もなく育ってきた。俗に言う「箱入り娘」だ。

物心がついた頃、しのは井伊谷には自分以上の「箱入り娘」がいることを父から聞いた。

井伊家当主の井伊直盛の姫・おとわ様だ。

しのは、自分以上に大事にされている姫がいることが悔しかった。

(負けたくない・・・)

そんな気持ちが芽生え、鼓などの色々な稽古に励んだが、学べば学ぶほど井伊家と奥山家との家格の違いを知って、

(自分を凌ぐ姫ならば、それはそれはかわいいお姫様なのだろう)

と自分に言い聞かせて諦めることにした。

 

成長したしのは、おとわの姿を初めて見て大きなショックを受けた。

しのが想像していた姫とは違い、男の子2人を引き連れた泥だらけの姫だったからだ。

(あれが・・・姫?)

そんな しのに、おとわは「一緒に遊ばんか?」と声を掛けてきたこともあったが、しのはおとわのことが苦手だった。

誘ってくる おとわの後ろには、いつも井伊一族の井伊直満の子・亀之丞、井伊家臣の小野政直の子・鶴丸がいた。

 

スクリーンショット_010617_090159_PM

出典:http://chulapan.com/

 

龍譚寺で顔を合わせているので、知らない仲ではなかったが、いつも亀之丞と鶴丸はおとわに引き連れられていたため、しのと2人はたまに会話を交わす程度の付き合いだった。

(あんなの姫じゃない・・・)

そんな気持ちが心のどこかにあった しのはいつも おとわの誘いを理由をつけて断っていた。

しの:「今日は、気分がすぐれませんので・・・」

ある日、いつもの如くおとわの誘いを断り、「つまらんの~」と去っていく おとわの姿を見送ると、しののもとに亀之丞が近づいてきて、

亀之丞:「俺は体が弱いからよく分かる、本当に体調が悪い者は、自分から気分がすぐれていないとは言わないものじゃ。おとわには黙っておくから、今度はもう少しまともなウソも用意しておいたほうがいいぞ。」

とアドバイスしていった。

しのは、これを聞いて顔を赤らめ、

(なによ。あなたに何がわかるのよ。井伊の本家って嫌な奴ばっかり。)

心の中でこうつぶやくと同時に、胸に小さな痛みが走っていた。

こうして しのはこれ以来、恥ずかしくて亀之丞と会話をすることもしなかった。

 

しの:「なぜ、おとわ様は体の弱い亀之丞様をあんなに連れ回すのでしょうか?あれでは亀之丞様がかわいそうではありませんか?」

しのは、こんな質問を父にしたこともあったが、この頃の しのの気持ちは亀之丞の心配よりも(おとわ様が悪い。姫のくせに。)という怒りの感情のほうが大きかったのかもしれない。

そんな父は「亀之丞は直満殿のお子で、おとわ様の婿となる男じゃ。もっと強くなってもらわないと困る。おとわ様に振り回されておるほうがちょうどいいわい。」と笑っていた。

しのは、亀之丞のことはおとわ様に振り回される情けない男だと思っていたが、なぜか亀之丞がおとわの婿となることにはいい気はしなかった。

こうやって おとわや亀之丞への気持ちを表には出さずに、しのは幼少期を過ごしていた。

 

スポンサーリンク

 

ある日、父が「えらいことになった」と大きな声を上げて帰ってきた。

むずかしい話は良くわからなかったが、父は「小野のせいで直満殿がムホンの罪で今川に殺された。」と話してくれた。

さらに、父は「子の亀之丞も危ない。殺されるかもしれない。」と続けた。

(亀之丞かわいそう・・・)

心配するのと同時に、しのの胸にまた小さな痛みが走り、いてもたってもいられなくなったが、幼い しのに何もできることはなく、ただ状況を父から聞かされるだけだった。

その後、亀之丞は行方不明となって、生きているのか死んでいるのか分からないと聞かされた。

さらに、おとわも駿府に行かなければいけないらしい。

(井伊家はどうなるんだろう? 私は奥山家でホントに良かったかも。)

しのは内心ホッとしていたが、亀之丞のことを考えると理由は分からないが、なぜか涙が溢れていた。

結局、おとわは井伊谷に帰ってきたが、今度は井伊家のために出家するらしいと聞いた。

(姫じゃなくなるんだ・・・ニヤリ)

しのは、おとわの境遇に同情しつつも、心のどこかで笑っている自分がいることに驚いていた。

 

おとわ様の出家

C3537oXVUAAOFJq

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

 

第2話【しの伝②】再会と嫉妬 へ つづく

大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

スポンサーリンク

「直虎外伝 しの」

大河ドラマ「おんな城主 直虎」における【しの】だけの物語を勝手に作ってみました。

しの伝 第1話【しのと亀之丞】
大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 しの とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。 しのは、井伊

しの伝 第2話【再会と嫉妬】
大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

しの伝 第3話【喜びと悲しみ】
大河ドラマ直虎外伝 しの③ 貫地谷しほりが演じるめんどくさい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、周りから見ると非常に

しの伝 第4話【焦りと怒り】
大河ドラマ直虎外伝 しの④ こどもできる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第5話【憎悪と覚悟】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第6話【落胆と兆候】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑥ 貫地谷しほりが演じる直虎を嫌うしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

しの伝 第7話【芽生えと誕生】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

スポンサーリンク

直虎関係リスト

スポンサーリンク

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク
 

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク

 

-直虎関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大河ドラマ直虎【明智光秀】子の自然(じねん)を人質に出し、氏真と家康を誘って信長殺害イベント『本能寺の変』を計画!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 明智光秀   大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第45話「魔王のいけにえ」から登場する明智光秀。 本能寺の変を起こした戦国時代の重要人物・明智光秀は、これまで大 …

大河ドラマ直虎【水野忠重】家康の叔父で高天神城攻めの際、織田の武将として徳川に指図した水野忠重とは

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 水野忠重 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第47話「決戦は高天神」で登場する徳川勢に指図する織田の武将。 この男の名は「水野忠重」。水野忠重は徳川家康の叔父にあたり、徳 …

大河ドラマ直虎 武田信虎とは?武田信玄による父・信虎追放事件とは? 子の義信だけではない親も切り捨てる非情な信玄の過去

武田信虎と信虎追放事件 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、今川氏真(尾上松也)は武田信玄の嫡子・義信幽閉事件に驚愕し、死にかけの大ババ様・寿桂尼を頼ります。 不死身の寿桂尼は氏真の問いかけに復活し、武 …

大河ドラマ直虎 龍雲丸と龍雲党メンバー(モグラ、カジ、力也、ゴクウ)とは? 雲の如く自由に生きる個性的な者たち

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 龍雲丸と龍雲党 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、柳楽優弥が演じている龍雲丸は、直虎と知り合って協力したり、時にはぶつかったりしながら直虎を支えていく人物になっていきま …

大河ドラマ直虎【茶屋四郎次郎】京都の呉服師・茶屋四郎次郎は本能寺の変時に徳川家康を助けた「神君伊賀越」の立役者

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 茶屋四郎次郎 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第49話「本能寺が変」で、家康の命を受けた万千代のお願いで、直虎たちは京都で茶屋四郎次郎という商人に会うことになります。 …

スポンサーリンク