おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

大河ドラマ直虎23話あらすじ 龍雲丸がスカッと解決、乙女直虎と中野直之が家来を欲しがる第23話 6/11

      2017/06/11

はじめに

平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第23話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありますが、決して本編の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ではそのようなことはありません。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。


龍雲丸と龍雲党メンバーについて

大河ドラマ直虎 龍雲丸と龍雲党メンバー(モグラ、カジ、力也、ゴクウ)とは? 雲の如く自由に生きる個性的な者たち
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 龍雲丸と龍雲党 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、柳楽優弥が演じている龍雲丸は、直虎と知り合って協力したり、時にはぶつかったりしながら直


スポンサーリンク


第23話「盗賊は二度仏を盗む」6/11
NHK公式 あらすじ

龍雲丸(柳楽優弥)たちとの宴(うたげ)の翌朝、直虎(柴咲コウ)のもとに政次(高橋一生)と近藤康用(橋本じゅん)がやって来る。近藤の菩提寺から本尊が盗まれたというのだ。龍雲丸たちを犯人と疑う近藤は、直虎に身柄を引き渡すよう要求する。直虎は直之(矢本悠馬)に命じ、龍雲丸たちを逃がそうと画策する。一方、南渓(小林薫)はこの件について近藤と手打ちをするため、代わりの本尊を寄進しようと直虎に持ちかけるが…

NHK公式サイト 大河ドラマ「おんな城主 直虎」第23回「盗賊は二度仏を盗む」より抜粋

スポンサーリンク

第23話「盗賊は二度仏を盗む」6/11
ネタバレ注意

 龍雲丸たちのことが近藤康用にバレる

直虎が酔っ払い、龍雲丸に絡んだ翌日、小野屋敷に井伊谷3人衆の一人である近藤康用が訪れていた。

近藤は、菩提寺の本尊(仏像)が盗まれたという。

さらに近藤は、井伊では木を盗んだ賊を雇っている話を聞いたとカマをかけてきた。

小野政次はシラをきったが、近藤は確かな情報であると言うので、政次はすぐさま近藤に賊を引き渡すよう手配すると約束した。

 

そのころ、直虎は二日酔いに苦しんでいた。

昨日のことは全く覚えていない。

そんな直虎に奥山六左衛門は、龍雲丸に家来になれだの、隠し子はいないかだの絡んでいたことを話した。

自分の口走ったことに冷や汗をかく直虎。

すると、政次と近藤がやってきたとの報告を受ける。

直虎たちは「ヤバい・・バレた」と顔を見合わせ、龍雲丸たちに隠れるように連絡しようとした矢先、政次と近藤が現れた。

近藤は菩提寺の本尊が盗まれたことを告げ、山仕事をしている者たちを調べさせてくれと頼む。

直虎は、近藤が本尊が盗まれたことを口実に龍雲丸たちを捕らえようとしているウソだと直感して、ありえないと話だと言いきった。

しかし、話は盗みを働いた賊を井伊が雇っていることに飛び火して、直虎は問い詰められる。

直虎は必死にシラをきったが、ついにはボロを出してしまい、隠し通すことができなかった。

本尊の件はともかく、龍雲丸たちを雇っていることに弁解の余地がなくなった直虎は困り果てる。

すると、政次がこの場をまとめるべく、直虎に問う。

「恐れながら、近藤殿の訴えは理が通っておりまする。井伊はその者たちを引き渡すということでよろしゅうございますか?それともあくまで、その者をかくまいますか?」

この言葉に、直虎は迷った。

政次を信じるべきか否か。政次の表情からは分からない。

とうとう直虎は「分かった。引き渡そう。」と了承し、政次が近藤を案内して現場に向かうことになった。

そして、政次と近藤が出て行ってすぐ、直虎は中野直之に、先回りして、龍雲丸たちを逃がせと命令するのであった。

 

スポンサーリンク


 

龍雲丸は逃げ、直虎が謝罪しに行くことになる

直之が伐採現場にたどり着いたとき、すでに政次と近藤は到着していた。

直之は、間に合わなかったことに落胆したが、どうやら様子がおかしい。

龍雲丸たちの姿はどこにもなく、賊は一足先に逃げたようだと政次が説明していた。

納得がいっていない様子の近藤は、捜索を続けるべく、すぐさま家来たちに命令する。

これを見た直之は、慌ててその場を離れ、事の次第を直虎に報告した。

報告を受けた直虎は、ホッとしその場にヘタリ込むのであった。

 

数日後、直虎は六左衛門に伐採現場の様子を見に行かせた。

すると、現場では近藤の家来が見張っているが、龍雲丸たちは戻ってきていないという。

直之や六左衛門、瀬戸方久は『去る者は追わず』という雰囲気。

直虎が未練を抱えているのは自分だけかと思っていると、南渓から呼び出しを受ける。

直虎が龍潭寺に行ってみると、南渓から近藤の菩提寺に仏を寄進するよう提案された。

盗んでもいないのにこちらから頭を下げるのはゴメンだとばかりに反論する直虎。

しかし、南渓はこのへんで手打ちにした方がいい、頭を下げるのも当主の役目だと直虎を諭す。

そして、直虎はしぶしぶ近藤の菩提寺へ向かうことになるのであった。

 

スポンサーリンク


 

なんで仏像があるの?

直虎と南渓を迎えた近藤は嫌みタラタラ。

直虎は不機嫌だったが、南渓は愛想笑いで対応している。

南渓が菩提寺の盗まれた本尊は誰の作かと聞くと、この寺の和尚は『康久仏師作のお釈迦様』であると答えた。

南渓は、この寺のご本尊が留守というのは心もとなく、空の厨子に手を合わせなければならない僧たちも心痛めているのではないとかと心配したため、戻ってくるまでの間、井伊から代わりの本尊を寄進することを伝えた。

近藤はなおも嫌みたっぷりでボロカス言ってくる。

南渓の謝る姿に申し訳ないと思った直虎が、深く頭を下げて謝罪すると、近藤は急に改まり謝罪を受け入れた。

すると急に南渓が、寄進するにあたって大きさを図りたいので、盗まれた本尊が祀られていたところを見たいと言う。

和尚は了承して二人を案内した。

そして、本堂の厨子の扉を開くと、なんとそこには仏像がある。

なんで?と慌てふためく近藤と和尚。

南渓が仏像を手に取り、確認すると『康久仏師作』の銘を発見した。

状況が分からない近藤に、南渓は「ご本尊様が、己で戻ってこられたのでございますな!」と笑って言う。

青くなっている近藤は「さ・・さようにございますな。」と返すのが精一杯だった。

そして南渓は、近藤に仏が『もうここらで収めよ』と言っているのではないかと諭す。

しかし、南渓の目は『全てお見通しだぞ』と言わんばかりで凄みを帯びている。

これには近藤もシュンとしてしまった。

そして、南渓と直虎は本尊の前に座って井伊と近藤両家の繁栄を願ってお経を上げるのであった。

 

スポンサーリンク


 

龍雲丸の策

帰り道、南渓が直虎に事の次第を打ち明けた。

間一髪逃げた龍雲丸は、南渓のもとに忍び込んできて仏像を盗んでいないと言ってきたという。

そして龍雲丸が今回の策を言いだしたらしい。

その策とは

南渓が菩提寺に乗り込めば、近藤は必ず盗まれてもいない本尊をどこかに隠す。

それを龍雲丸は観察する。

そして、近藤と南渓が話をしている間に、龍雲丸が隠された本尊を盗み出し、元に戻す。

というものであった。

話を聞いた直虎は、盗人にしか考えつかない策だなと感心するやら、あきれるやら。

しかし、もう龍雲丸たちは戻ってこないだろうと、ため息をつく直虎。

すると、南渓が「おい、頭。どうするつもりじゃ」と言う。

その言葉に直虎が振り向くと、龍雲丸が座っていた。

なぜ?と驚く直虎に龍雲丸はプププと笑い出した。

龍雲丸もあの寺にいたのだ。

そして龍雲丸は、「戻ってくるつもりがなければ、こんな面倒くさいことはしない。それに疑いを晴らさないと自分たちがやっていないと言い張ってくれた直虎がウソをついたことになる。」と言う。

これを聞いて直虎はうれし涙を流すのであった。

 

スポンサーリンク


 

 もう家来にしちゃおう

数日後、直虎は六左衛門から逃げた者たちが全員戻ってきたとの報告を受けた。

すると、直之が龍雲丸たちの仕事が終ればどうするつもりかと聞いてくる。

直虎は、酔った勢いで「家来になれ」とは言ってしまったが、皆が反対すると思って言葉に詰まっていると、直之が興奮気味に言い放った。

「それがしは、あの者たちを井伊を守る家来衆にいたしとうごさいまする!」

これに方久も賛成する。

よく言うわと呆れる直虎。

唯一の気がかりは政次が賛成するかどうかであった。

すると、六左衛門が口を開く。

聞けば、政次と近藤が山に来る前に、龍雲丸たちに見知らぬ女が追っ手が来ると知らせてくれたらしい。

しかも、その人相を聞けば、どうやらその女は、なつらしい。

そして六左衛門は、もしかすると政次が裏で龍雲丸たちを逃がしてくれたのではないかと意見を述べた。

直之は、絶対にそれはないと言い張っていたが、直虎は心の中で六左衛門の言う通りなのだろうと確信していた。

 

そして、直虎は小野屋敷に行き、政次に龍雲丸たちを家来に取り立てる話があることを話す。

好きなようにすればいいと答える政次。

すると直虎は、政次がなつを使って龍雲丸たちを逃がそうとしたことを挙げ、本当は政次が誰よりも井伊のことを考えているのだから、この件については政次の言うことに従うと言った。

思いがけない直虎の言葉に驚いた政次だが、反対はしないが龍雲丸たちに利用されないよう気をつけるようにと忠告する。

直虎もこれを肝に命じるのであった。

 

スポンサーリンク


 

龍雲の如く

翌日、直虎は六左衛門を連れて、龍雲丸に話をするため山の小屋にやって来た。

直虎は龍雲丸に改まって伝える。

「そなた、井伊に仕える気はないか?もちろん、皆まとめてじゃ。」

龍雲丸は酔った勢いで直虎が発した言葉を思い出したが、直虎は真面目に言っている。

返答に困る龍雲丸に、直虎は銭を渡す時までに返事をするように言うと、足早に小屋を出た。

慌てて追いかけてきた六左衛門に、「あれは来ぬな!おそらく!来ぬわ!」と失望を振り払うように直虎は話すと、スタスタと速足で山を下っていった。

 

その夜、龍雲丸は一人考えていた。

武家の子であった龍雲丸の幼い時の苦い思い出がよみがえる。

すると、モグラが「お家を再興できるかもしれませんぜ」と話しかけてきた。

どうやら直虎との話を聞いていたらしい。

皆も直虎を認めているというモグラの勧めもあって、翌日、龍雲丸は皆を集めて直虎からの申し出を伝えた。

突然の話に全員が戸惑っていたが、結局、龍雲丸についていくだけだと全員の意見はまとまった。

 

しばらくして直虎は、六左衛門から龍雲丸が住む場所を聞いてきたと報告を受ける。

諦めかけていた直虎の気持ちは一気に晴れた。

それからというもの、高瀬からは「乙女のようじゃ」と言われるぐらい、直虎はウキウキ気分で準備にとりかかる。

 

いよいよ銭の受け渡しの日がやってきた。

新たな家来を召し抱えるにあたり、直之、六左衛門、政次までもが正装している。

方久は空に浮かぶ龍のような雲を見つけ、直虎もそれを見て興奮していた。

 

龍雲丸がやってきて銭の支払いを済ませ、直虎は改めて言った。

「返事は?」

直虎は、当然受けてもらえるものだと思っていた。

しかし、龍雲丸から出た言葉は「・・・断りまさぁ」であった。

これには、直虎だけではなく、ゴクウや力也たちまで驚いている。

理由を尋ねる直虎に、龍雲丸が言った。

「空に雲があったからでさ・・・」

全く意味不明である。

他の者もあっけにとられていたが、政次だけはプププと噴き出した。

家来が欲しかった直之は怒っている。

立ち去ろうとする龍雲丸に、直虎の気持ちを代弁するように六左衛門が説明を求めた。

すると龍雲丸は、「やっぱり柄じゃねぇと思うんでさぁ。んじゃ。」と言い残し去っていく。

そして、カジやモグラたちも慌てて追いかけていった。

直虎は呆然とその姿を見送るしかなかった。

 

スポンサーリンク


次回 第24話あらすじ↓

大河ドラマ直虎24話あらすじ 涙!たけさんとの別れが泣ける。庵原朝昌の忠義がカッコイイ第24話 6/18
はじめに 平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第24話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバ



大河ドラマ直虎【あらすじ・ネタバレ・期待度まとめ】第21話~第25話

大河ドラマ直虎【あらすじ・ネタバレ・期待度まとめ】第21話~第25話
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第21話~第25話 あらすじと期待度 はじめに 大河ドラマ「おんな城主 直虎」第18話ではついに、小野政次の直虎を守りたい気持ちも伝わりま



号泣必至!直虎を守る小野政次の筋書き

大河直虎 小野政次は裏切っていない?井伊家と直虎を守るための優しくも悲しい政次の筋書きとは?勝手に考えました。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、高橋一生が演じている小野政次ですが、当初は主人公の井伊直虎(柴咲コウ)、直虎の許嫁であった井伊直親の幼馴染として登場しており、井伊直親の死後は井伊


罪には罰を 直虎が龍雲丸に科そうとした罰がヒドすぎる!

大河ドラマ直虎「百叩き・労役・ノコギリ挽き」龍雲丸の罪に直虎が罰を検討。第19話【罪と罰】補足
「百叩き」「労役」「ノコギリ挽き」の刑 普段は登場人物や分かりにくい用語の説明を書かさせていただいてますが、今回は、大河ドラマ「おんな城城主 直虎」で盗みを働いた柳楽優弥


放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ直虎 第23話【感想】政次となつ、直虎と龍雲丸の関係が気になる。直之がカワイイ第23話 6/11
大河ドラマ「おんな城主直虎」 第23話「盗賊は二度仏を盗む」【感想】 この記事では大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第23話「盗賊は二度仏を盗む」の感想と、勝手にMVPを


スポンサーリンク
 

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク
 

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク


直虎関係リスト


スポンサーリンク

「直虎外伝 しの」

大河ドラマ「おんな城主 直虎」における【しの】だけの物語を勝手に作ってみました。

しの伝 第1話【しのと亀之丞】
大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 しの とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。 しのは、井伊

しの伝 第2話【再会と嫉妬】
大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

しの伝 第3話【喜びと悲しみ】
大河ドラマ直虎外伝 しの③ 貫地谷しほりが演じるめんどくさい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、周りから見ると非常に

しの伝 第4話【焦りと怒り】
大河ドラマ直虎外伝 しの④ こどもできる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第5話【憎悪と覚悟】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第6話【落胆と兆候】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑥ 貫地谷しほりが演じる直虎を嫌うしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

しの伝 第7話【芽生えと誕生】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が



スポンサーリンク

 - 直虎あらすじ