直虎関連

大河ドラマ直虎 前後際断(ぜんごさいだん)とは?昊天(こうてん)が直虎に説いた深い禅語

投稿日:

大河ドラマ「おんな城主 直虎」
禅語【前後際断】とは

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第35話「蘇えりし者たち」で、気賀(堀川城)が徳川軍によって襲われ、龍雲丸は行方不明になってしまいます。

政次を失ったばかりの直虎は、龍雲丸を心配し龍潭寺の僧(南渓、傑山、昊天)と瀬戸方久を伴って気賀に向かいました。

気賀についてみると、そこはゴロゴロ死体が転がる、まさに地獄絵図のありさま。

直虎は言葉を失なって、気賀に城を築くことを容認した自分を責めようとします。

その時、昊天が直虎に向かって言った言葉が、「前後際断(ぜんごさいだん)」です。
今回は、この禅語「前後際断」について簡単に説明します。

 

 

出典:http://www.nikkeibp.co.jp/

スポンサーリンク

 

 

前後際断(ぜんごさいだん)とは

過去・未来が断ち切れていること。現在を過去や未来と対比させることを否定すること。

転じて、今、成すべきことに集中し、この一瞬を生きる。

そうすることで無心になって取り組める。その積み重ねこそが重要ということ。

 

ここまで聞くと「なるほど、でも、よく聞く話だな」と思います。

大河ドラマ直虎の中で、昊天は直虎に「過去の行いを悔やんでないで、今できることをしろ!」って言ってるんですね。

 

 

道元禅師の前後際断(ぜんごさいだん)

曹洞宗・道元禅師の『正法眼蔵』には、仏教では全てはつながりの中にあるとするが、ひとつひとつ際断(独立)していて、それをつなぐのが「縁」であると説いています。

 

つながっているとは言っても、現在は現在だけのもので常に0からのスタートが連続している。

春夏秋冬の四季はつながって移り変わっていくが、「春」が「夏」に変わったり、「秋」になったりするのではない。

縁によってつながっているが、春夏秋冬はそれぞれが独立して主役であって、その時、その時が存在していると説いています。

 

「!? 四季で例えられるとすごく納得しづらい・・・」

 

 

出典:http://soto-tokai.net/

スポンサーリンク

 

 

沢庵禅師の前後際断(ぜんごさいだん)

臨済宗・沢庵禅師が分かりやすい前後際断を説いています。

 

木は燃えると炭になる。炭はやがて灰となる。

これを際断すると、木は木、炭は炭、灰は灰である。炭はもともと木であったが、現在は木ではなく炭である。

木には木の特性があって用途もある、また炭にも炭の特性があって用途がある。これらは全て違うものである。

人もまた同じで、昔の自分、今の自分、未来の自分は決して同じではない。自然と時間が経ってしまうだけでも、人は変わっている。つまり少しの時間があれば、人生を変えることができる。でも、良いように変わったかどうかは、その時になってみないとわからない。だからこそ、今の自分を精一杯生きる。

 

どうですか?分かりやすいですよね?

おまけでバカボンドの沢庵さんの名言。

 

 

出典:http://renga.ti-da.net/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

直虎関係リスト

スポンサーリンク

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク

-直虎関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大河ドラマ直虎 太原雪斎(雪斎禅師)の生家・庵原(イハラ)氏とは?庵原朝昌を輩出した駿河の有力豪族

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 太原雪斎と庵原氏 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第24話「さよならだけが人生か?」で、新野三姉妹の三女・桜が嫁いだ庵原朝昌(イハラトモマサ)。 直虎は桜の縁談話を聞い …

大河ドラマ直虎【南渓】龍潭寺の南渓瑞聞は井伊直平の実子?養子?不義の子?最後の饅頭が南渓である理由

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 南渓和尚(南渓瑞聞) 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、初回から登場している南渓和尚(小林薫)。 この南渓和尚は、井伊家をずーと支えていく重要な人物なのですが、度重なる …

大河ドラマ直虎【龍雲丸まとめ】空に雲があったから?悲しい過去を抱える「自由」に縛られた男・龍雲丸

龍雲丸まとめ 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、柳楽優弥が演じる龍雲丸は一見、捉えどころのない怪しい人物でありつつも、徐々に直虎の人柄に惹かれ、盗賊団の頭から商人の町・気賀でも一目置かれる龍雲党のリー …

大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか子供ができないことか …

大河ドラマ「おんな城主直虎」ゆかりの地などのまとめ【あらすじ・ネタバレ・感想あり】

はじめに 平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」について楽しんで見るため、井伊直虎にまつわるゆかりある史跡や人物、大河ドラマ「おんな城主 直虎」のあらすじについてまとめています。 近年の戦国ゲーム人 …

スポンサーリンク