直虎関連

大河ドラマ直虎【サボン】万千代が渡したサボンを瀬名が喜んだ理由は便秘に悩んでいたから?南蛮渡来の汚れ落としの貴重品サボンとは?

投稿日:

大河ドラマ「おんな城主 直虎」
サボン

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第43話「恩賞の彼方に」で、万千代は瀬戸方久からの献上品「サボン」を家康に差し出します。

この南蛮渡来の汚れ落としの献上品「サボン」は、その後万千代が岡崎へ行った際、瀬名の手に渡ることになります。

この「サボン」という言葉、「シャボン」と言ってしまうと簡単に物が想像できると思います。

「サボン」は、現代で言う石鹸のことです。

一般的に石鹸の用途は洗浄剤ですが、直虎たちの生きた戦国時代では、実は違う用途でも使われていたようです。

今回は、この「サボン=石鹸」について、少し紹介していきたいと思います。

 

 

出典:https://pure-la.net/

スポンサーリンク

 

 

歴史

石鹸は、古代から水だけで落ちにくい汚れに対し、粘土や灰汁、植物の油や種子などが利用されていました。

やがて動物の肉を焼いた際、滴り落ちた脂肪と薪の灰の混合物に雨が降り、アルカリによる油脂の鹸化が自然発生して石鹸が発見されたと言われています。

石鹸の「鹸」は「灰汁」や「アルカリ」を意味する言葉。

これを神への供物として羊を焼いた古代ローマの「サポーの丘」での出来事とし、soap の語源とされている。

 

石鹸は、ヨーロッパではゲルマン人とガリア人が用いていたが、その後廃れてしまいます。

しかし、製造方法がアラビア人に伝わっていて、生石灰を使う製造方法が広まっていきました。

そして8世紀になり、スペイン経由で再度、ヨーロッパに普及し定着していくことになりました。

 

 

出典:https://mag.sendenkaigi.com/

スポンサーリンク

 

 

日本伝来

昔の日本では、ムクロジの実や、アルカリ性の灰汁などを使って洗濯をしていました。

日本に初めて「サボン=石鹸」が入ってきたのは、16世紀の戦国時代。

種子島への鉄砲伝来と同じころポルトガル船によって持ち込まれました。

確認できる最古の文献は、1596年に石田三成が博多の豪商・神屋宗湛に送った礼状です。

このころの「サボン=石鹸」は相当な貴重品であったようで、庶民が気軽に買えるようなものではなく、手にすることのできたのは大名など上流階級の人間だけでした。

本来の目的の洗浄剤というよりは、便秘を治す下剤のような薬として使われたり、上流階級の香水の代わりとして使われたことのほうが多かったようです。

ポルトガルでは石鹸のことをシャボン(sabao)と言いますが、日本でも第二次世界大戦前くらいまでこの呼び名が使われていました。

 

大河ドラマ直虎では、薬の調合役である万千代が献上していることからも、「洗浄剤」としての用途ではなく「下剤」として使用したのかもしれません。

あくまでドラマだし、想像ですが・・・

で、瀬名は「サボン」をもらって大喜びしていますが、これは「汚れ落としの貴重品」だからではなく、実は便秘に悩んでいたからなのかもしれません(笑)。

そういえば夫(家康)の方は、ブリっと漏らしてましたね(笑)。

 

 

こっちは便秘なのに、

オメーは漏らしてんじゃねーよ‼

出典:https://www.instagram.com/

 

家康脱糞図

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

【直虎あらすじリスト】

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク

【直虎感想リスト】

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク

【直虎深堀りリスト】

スポンサーリンク

-直虎関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大河ドラマ直虎【ひめはぎ】万千代が家康に煎じた薬は「ひめはぎ」を原料にした滋養強壮薬「遠志(おんじ)」

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 ヒメハギ・オンジ 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第43話「恩賞の彼方に」で、長篠の戦いの論功行賞で疲れの溜まった徳川家康に、万千代が滋養強壮の薬として出すのが「ひめは …

大河ドラマ直虎【高天神城主・小笠原氏】今川から徳川に寝返り、のちに武田の猛攻を受けた遠江の要衝を守る名門氏族

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 高天神城主・小笠原氏 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第34話「隠し港の龍雲丸」で、井伊谷を通り抜けた徳川家康は曳馬城(のちの浜松城)に入り、酒井忠次、石川数正、本多忠 …

大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が消えない悲しい女性と …

大河ドラマ直虎 太原雪斎(雪斎禅師)の生家・庵原(イハラ)氏とは?庵原朝昌を輩出した駿河の有力豪族

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 太原雪斎と庵原氏 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第24話「さよならだけが人生か?」で、新野三姉妹の三女・桜が嫁いだ庵原朝昌(イハラトモマサ)。 直虎は桜の縁談話を聞い …

大河直虎【政次の最期】政次の本懐とは?辞世の句は?政次の最期をあらすじからまとめました。※ネタバレ注意

この記事は、激しくネタバレしてますので注意して下さい。   大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、ついに高橋一生演じる小野政次の最期の時がやってきます。 この記事では、とにかく政次の最期が早く知 …

スポンサーリンク