直虎関連

大河ドラマ直虎 明智自然は実在するか?明智光秀の子・自然(じねん)が信長の子・悦岫(えっしゅう)に?直之が信長からもらった天目茶碗の秘密!

投稿日:2017年12月12日 更新日:

大河ドラマ「おんな城主 直虎」
明智光秀の子【明智自然】

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第48話「信長、浜松に来たいってよ」で、井伊谷の井戸端に座り込んでいるところを直虎に保護される子供・自然(じねん)。

捨て子とも考えられた自然(じねん)は、のちに明智光秀の子であることが判明します。

 

 

出典:http://www.nhk.or.jp/

 

 

大河ドラマ直虎の最終盤で、明智光秀が徳川家康、井伊万千代、直虎を巻き込んだ本能寺の変の前後でキーパーソンとなるこの自然(じねん)。

まずは、戦国を揺るがす大事件の直前に突如、井伊谷に現れた「明智自然」が実在した人物なのか。

そして、本能寺の変後を描く大河ドラマ直虎の最終回で、僧となった自然(じねん)がもらった名前「悦岫(えっしゅう)」とは。

さらに、直之と六左衛門が織田信長からもらった「天目茶碗」の秘密。

考えに考え抜かれた大河ドラマ「おんな城主 直虎」の脚本の背景が、この記事で少し分かってもらえると幸いです。

 

 

信長からもらった

天目茶碗の秘密とは?

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

明智自然(あけちじねん)は実在したのか?

結論を先に言ってしまうと、あまりに資料が少ないため「分からない」というのが実情です。

そもそも明智光秀自体がかなり謎に包まれた人物。残っている系図は、どれも信頼性に乏しいようです。

しかし、せっかく調べたので「明智自然(あけちじねん)は実在した人物」と思わせるものを紹介します。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

「明智系図」

明智系図では、明智自然は光秀の子と記されています。

明智自然は仏門に入っていて、1581年の坂本城での茶会の後、出席した津田宗凡に小袖を与えました。

しかし、1582年、山崎の戦いで光秀が自害すると、明智自然は坂本城で自刃しました。 

 

 

『鈴木叢書』所収の「明智系図」

こちらの明智系図では、光秀には6男7女があったとされており、五男に自然の名があります。

前述と同じく、坂本城落城の際に死んだことになっています。

 

 

筒井定頼(?~1582)

明智(惟任)定頼、幼名は自然丸、十二郎。

明智光秀の次男で大和の筒井順慶の養子となった。

1582年に死亡。

 

 

3つの情報に共通するのは、明智光秀の子で名前は自然(じねん)、いずれも1582年に死んでいるということ。

これが、「明智自然(あけちじねん)は実在した人物かもしれない」と考えられる情報です。

 

 

自然(じねん)の父・明智光秀

出典:http://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

 

自然(じねん)が南渓からもらった名前「悦岫(えっしゅう)」とは?

前述までの自然(じねん)は本能寺の変後に死亡していますが、大河ドラマ「おんな城主 直虎」では少し違います。

ドラマの中では、最終的に自然(じねん)は「悦岫(えっしゅう)」の名をもらい龍潭寺の僧になっています。

調べてみると、龍潭寺には「悦岫永怡(えっしゅうえいい)」という住職が実在しています。

 

 

大河ドラマ直虎での自然(じねん)=悦岫(えっしゅう)

大河ドラマ直虎では、明智光秀は今川氏真を通じて徳川家康に信長殺害計画への協力を得るため、子の自然(じねん)を人質に置いていきました。

一悶着ありましたが、自然(じねん)は井伊谷で預かることになり、本能寺の変が発生して信長死亡。

しかし、明智光秀はすぐに羽柴秀吉によって討たれてしまいます。

計画に加担したと思われたくない家康の母・於大の方の命によって、万千代が自然(じねん)の身柄を引き取りに来ますが、自然(じねん)の身を案じた直虎は渡そうとしません。

さらに織田の者まで現れて、光秀の子と渡せと直虎に迫ります。

ここで直虎は、この子は信長の子であり、証拠として信長からもらった「天目茶碗」を見せて、織田勢を追い払いました。

於大の方は、相手が誰であろうと自然(じねん)を守ろうとする直虎に感じ入り、『信長の子・自然(じねん)』をよろしくお願いしますと去っていきました。

その後、命を助けられた自然(じねん)は、南渓から「何事にも縛られることなく自然に生きることを悦ぶ」という意味を持つ『悦岫(えっしゅう)』の名を与えられ、龍潭寺の僧となりました。

 

 

PHOTO BY 葦尊彦

 

 

史実での悦岫永怡(えっしゅうえいい)と天目茶碗

悦岫永怡(えっしゅうえいい)は、龍潭寺四世住職。1622年に死去。

ちなみに、二世住職が南渓瑞聞、三世住職が傑山宗俊、五世住職が昊天宗建。

五世住職『昊天』の名は、この悦岫永怡(えっしゅうえいい)から与えられた。

また、悦岫永怡(えっしゅうえいい)は織田信長の子であったとされ、信長から悦岫永怡に与えられた建蓋禾目天目茶碗が町指定文化財となっている。

 

 

驚くことは、悦岫永怡(えっしゅうえいい)が信長の子であったと龍潭寺HPに普通に書いてあること→http://www.ryotanji.com/annai/bunkazai.html

かなりビックリしました。

そして、実際?は信長から悦岫永怡(えっしゅうえいい)に与えられたようですが、大河ドラマ直虎の中で、中野直之と奥山六左衛門が信長からもらった「天目茶碗」が、本当にあったことも驚きました。

 

 

建蓋禾目天目茶碗

出典:http://www.ryotanji.com/

スポンサーリンク

 

 

最後に

大河ドラマ「おんな城主 直虎」では前述の、

 

① 自然(じねん) = 明智光秀の子

② 悦岫(えっしゅう) = 織田信長の子

③ 天目茶碗 = 信長からもらった

 

これら全てを混ぜ合わせて『自然(じねん)』の人物像が作られたと思われます。

 

ところで、悦岫から名前をもらった昊天さんは、本当は直虎よりずっと年下の人物だったのでは?という疑問は残りますが・・・まぁ井伊っか。ドラマだし(笑)。

 

スポンサーリンク

【直虎あらすじリスト】

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク

【直虎感想リスト】

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク

【直虎深堀りリスト】

スポンサーリンク

 

-直虎関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大河ドラマ直虎【都築氏】草履番の万千代に間違えられて怒った都築って何者?小五郎の肩を持ったのは都築秀綱?都築為政?

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 【都築氏】 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第40話「天正の草履番」で【都築(つづき)】と名乗る武士が登場します。 家康より命じられ草履番として万千代、万福らが初仕事に …

大河ドラマ直虎【菅沼定盈と信玄の死】野田城主・菅沼定盈と武田信玄の死因となった狙撃事件とは?

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 野田城主・菅沼定盈 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第32話「復活の火」で、浜名湖畔の国衆が今川への忠義が厚いことから徳川家康の遠江攻略は苦戦を強いられます。このため、 …

大河ドラマ直虎 近藤武助は実在の人物か?近藤康用との関係は?家康暗殺を謀った信康の小姓・近藤武助とは何者なのか

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 近藤武助は実在する? 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第44話「井伊谷のばら」で起きる家康暗殺未遂事件。 この家康の危機を救った手柄によって井伊万千代は知行1万石を賜り …

大河ドラマ直虎の徳政令とは?過去の徳政令の【笑い話】簡単にいうと借金帳消し?チャラ?いつ誰が何の目的で?

徳政令とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、井伊直虎が今川家からの徳政令の発令を2年間に亘り拒絶しますが、そもそも徳政令とは何だったのでしょうか? この徳政令、ホントに簡単に言ってしまえば「借金帳消 …

大河ドラマ直虎 百尺竿頭進一歩(百尺竿頭に一歩を進む)とは?窮地の直虎が覚悟を決め発した禅語

禅語 百尺竿頭進一歩 (百尺竿頭に一歩を進む) 大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、ホントにためになる禅語がたびたび登場しています。 今回紹介する「百尺竿頭進一歩」(百尺竿頭に一歩を進む)は、徳政令の …

スポンサーリンク