おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

大河ドラマ直虎18話あらすじ 神回?小野政次の優しさに泣ける!政次の策に直虎も気づいた第18話 5/7

      2017/05/07

はじめに

平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第18話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

特に今回のあらすじは先に分かってしまうと本編の感動が薄れてしまう可能性があります。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありますが、決して本編の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ではそのようなことはありません。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

001_size6

出展:http://mantan-web.jp/


スポンサーリンク


第18話「あるいは裏切りという名の鶴」5/7
NHK公式 あらすじ

直虎(柴咲コウ)が秘かに作らせていた「種子島」を奪った政次(高橋一生)は、今川への謀反の疑いを直虎にかけ、虎松(寺田心)の後見を降りるようせまる。観念した直虎は後見を譲ることを約束し、政次とともに駿府へ向かう。しかし方久(ムロツヨシ)は駿府の今川館へ先回りし、今川氏真(尾上松也)に「種子島」を売りつけることに成功。井伊が「種子島」を製造しようとしたのは謀反のためではなく今川に買ってもらうためだった、という理屈で直虎の窮地を救う。上機嫌の氏真の元に、縁戚である武田家の嫡男・義信が謀反の罪で幽閉されたという知らせが届く。

NHK公式サイト 大河ドラマ「おんな城主 直虎」第18回「あるいは裏切りという名の鶴」より抜粋

スポンサーリンク

第18話「あるいは裏切りという名の鶴」5/7
ネタバレ注意

方久の機転

種子島で何かしようとしていた直虎の謀反を疑い、小野政次は直虎に助けて欲しければ、後見を降りよと迫っていた。

直虎は「後見を降りる」と一筆したためると言ったが、信用できない政次は、駿府へ同行して今川氏真の目の前で宣言するよう強要する。

直虎もついに観念して、種子島を瀬戸方久に返却することを条件に了承するしかなかった。

こうして直虎は中野直之を連れて、政次と駿府へ出発することになった。

 

一方、種子島を取り返した方久は、未完成の種子島を見て「なんじゃ!まだできておらぬではないか!これでは元が取れぬ!」と鍛冶の五平に詰め寄っている。

五平は、最後のパーツがうまく作れないと説明すると、方久は何かを思いついたのか「銭の匂いがする」とものすごい勢いで館を飛び出していった。

 

翌日、直虎一行は駿府の今川館に到着した。

廊下を歩きながら直虎は、寿桂尼に会いたいと切りだすも、政次は寿桂尼が病で明日も分からぬ体であると伝える。

そんな話は聞いていないと詰め寄る直虎に、政次は「私も種子島のことは知らされておりませんが。」と返す。

ぐうの音も出なくなった直虎を会見の場に促したとき、正面から見慣れた顔の男が現れた。

木箱を担いだ方久である。

「ここで何をしている?」と問いかけると、方久は商売に決まっていると答える。

直虎と直之は眉をひそめたが、政次だけはハッとして顔色を変えた。

方久がドヤ顔で語りだす。

「先ほど、今川様に直虎様のお指図にて、種子島を五平ごと売り渡してまいりました!」

直虎と直之も、それがどういうことかすぐに理解した。

さらに方久は続ける。

「謀反を企んだ跡形など・・・・・そもそも!どこにも!ござらぬということにございます!」

このために方久は駿府まで夜通し馬を走らせていた。

直虎、直之、方久は手を取って大喜び。

もはや氏真に目通りする必要はどこにもない。

政次は直虎の笑顔をしばらく見つめていたが、やがて背を向けて一人で控室へ歩いていった。

直虎は、政次の背中を見ながら「おとなしく後見を降りられよ。それが井伊のため、そして御身のためだ。」という政次の言葉を思い出していた。

 

スポンサーリンク


 

不死身の寿桂尼

政次は単独で氏真に謁見することになった。

氏真は方久を面白い男だと褒め、直虎についてもかわいいところがあると上機嫌である。

すると、今川の家人が転がるように駆け込んできた。

政次は「では」と退室したが、襖ごしにその会話に耳を澄ませた。

「・・・先ほど知らせが参りまして・・・武田義信公が謀反のかどにて幽閉されました。」

氏真が息をのむのが分かった。驚いたのは政次も同様である。

武田義信は武田信玄の嫡男であり、妻は氏真の妹で、いわば義信は武田と今川の懸け橋だった。

これは今川にとって武田との縁が切れてしまうかもしれない重大事件である。

その時、今後は侍女が飛んでくる。

「太守様!大方(寿桂尼)様が!」

寿桂尼はここ2,3日が峠と言われている。氏真はすぐに寿桂尼の部屋に向かった。

氏真は寿桂尼の枕元に駆け寄り、寿桂尼の手を取って武田義信の幽閉の話を始め、「信玄に物申せるのはババ様しかいない。どうかお戻りくだされ!」と叫んだ。

すると、寿桂尼は薄く目を開き、「・・・武田が・・・なんじゃと・・・・」と話し出す。

一同が固唾を飲んで見守っていると、寿桂尼の両目がバチっと見開いた。

「何を、したと?」

 

スポンサーリンク


 

なつは分かっていた

無事に井伊谷に戻った直虎たちは、ささやかな酒宴をあげた。

方久は得意満面で一部始終を語りだす。

未完成の種子島を完成させ、大量生産して商売がしたい方久は、大都会であった駿府なら完成させることができる上に、大量生産のラインに乗せることができると思い、直虎の命で氏真にお願いに来たと駿府で嘘吹いてきたのだ。

氏真はノリノリで話に乗ってきたという。

自画自賛する方久に、直之は「このままでは元がとれぬから、井伊から今川に乗り換えただけの話ではないか。」と横槍を入れるが、方久は結果オーライ、今川で生産できるようになれば安く井伊に流すからと笑っていた。

こんなやりとりの最中、直虎はずっとうわの空だったが、「和尚に事の次第を知らせてくる。」と言うと立ち上がった。

 

直虎は南渓に、自分は他人の知恵に助けられてばかりで情けないと漏らす。

あまりに落ち込む直虎に南渓は、当主となる者はみんなこれを学んでいるようなものだと書物を渡した。

今まで直虎に薦めてこなかったのは、直虎の諦めの悪さと型にはまらない考え方を消してしまうと思ったからだと南渓は言う。

直虎は、政次もこれを読んでいたことを知ると、これを読めば政次の手の内が分かると思い、張り切って部屋を出て行った。

 

数日の間、直虎は寝食を忘れ、南渓に借りた書物を読みあさっていた。

しかし読めば読むほどイライラして嫌気がさしてくる。

そんな直虎を見て、直之は「あまり考えずに、気に入った言葉だけを拾うのが頭に入りやすい。」とアドバイスをくれた。

すると、祐椿尼となつがやってくる。

どうやら、なつは政次が疲れていることを心配しているらしい。

祐椿尼はすぐに去っていったが、直虎はなつに質問した。

「なつ、何故、小野の家に戻ったのじゃ?」

なつは、亡き直盛から申しつかった井伊家と小野家の懸け橋になる役目のためだと答える。

直虎は、政次があのころとは違い今は井伊家を乗っ取ろうとしていると苦言を呈すも、なつは「それならば、なおさらでございましょう。」と返してくる。

さらに小野家に戻った亥之助となつの身を心配してくる直虎に、なつは「義兄は優しい人でございます。」と話した。

政次を思いやるなつの思い込みに、直虎は呆れていた。

最後になつは、「直虎様。お立場として義兄と相いれぬことは致し方ござりませぬ。なれど、どうかそれが義兄の全てとは思わないでくださいませ。」と言い残し、政次の土産だという干菓子を置いて去っていった。

 

スポンサーリンク


 

敵を欺くには、まず味方から

その後、直虎は祐椿尼と話していた。

直虎はなつが政次を思いやる気持ちが理解できない。

祐椿尼がふと考え込んだのち、直虎に話した。

「ずっと不思議に思うておるのですが、但馬(政次)はなぜ、嫁をもらわぬのですかね? 乗っ取りというのは、自らの家を大きくしたい者がすることだと思うのです。但馬を見ていると、嫁ももらわず、子もつくらず、贅沢をしたいようにも見えず・・・どうも腑に落ちぬのです。但馬は、何故、あのように後見に執着するのでしょうか。」

直虎も確かにその通りだとは思ったが、南渓から借りた書物に再び目を通すことにした。

すると、ふと直虎の頭の中に、子供時代の出来事がよみがえる。

鶴丸(政次)が亀之丞(直親)を家までおぶって帰ったこと、体の弱い亀之丞に無理をさせるなと食ってかかってきたこと。

昔は優しいところもあったかもなとつぶやいて、直虎は気を取り直して書物を読みはじめた。

「・・・敵を欺くには、まず味方から」

「なるほど、政次をだまそうと思ったら、まずは直之たちからだませばいいのか。」

その瞬間、直虎の頭の中で何かがはじけ、色んな人の声が聞こえてくる。

なつの声:『どうかそれが義兄の全てとは思わないでくださいませ。

祐椿尼の声:『但馬は、何故、あのように後見に執着するのでしょうか。

政次の声:『また謀反を企んでおったのではございませんか?

政次の声が聞こえた瞬間、直虎は立ち上がっていた。

「まさか・・・・そんなことが?・・・」

 

スポンサーリンク


 

 直虎の確信

直虎は館から駆け出し、龍潭寺の南渓の部屋に飛びこんだ。

寝起きの南渓に直虎は問い詰める。

「われはずっと政次に欺かれておったのですか!? 和尚様はそれをご存じだったのですか!?」

南渓はまずは落ち着けと言うと、直虎に話の続きを促した。

「考えてみれば、政次のふるまいはおかしいのです。わざわざ讒言すると言いに来て、私に自ら後見を降りるように迫ったり・・・もし、単に追い落とすつもりなら、さっさと讒言しに行けばよい。このような回りくどいやり方をするのは・・・・私も虎松も首をはねられることなく、私を後見から降ろす。そのためでは・・・?・・ひょっとしたら・・・私はずっとだまされていて・・・あのときも政次は、直親を裏切ることで井伊を守ったのではないですか?・・・」

だとすれば政次は、どれほど葛藤し、苦しんだことであろうか。さらに直虎は続ける。

「政次は、自分が今川の犬であると見せかけることで・・・井伊からは毛虫のように嫌われることで・・・一人矢面に立ち、己の手で井伊を守ろうとしているのではないですか?」

だとすれば、自分はなんとヒドイ言葉を政次に浴びせてきたのか。

「和尚様!なんとかおっしゃってくださいませ!!」

この時、南渓は直親が言った「政次は井伊を守ったのだと思います。」という言葉を思い出していた。

そして、なつと同じ言葉が南渓の口からも出る。

「分からぬ。わしは政次ではないからの。じゃが、あれは優しい子じゃから・・・おぬしの言う通りかもしれぬ。」

さらに南渓は直虎に問う。

「もしに仮にそうだったとして、おぬしはどうするのじゃ? その思いにどう応えるのじゃ? 直虎よ。仲良しごっこでは、政次の積み上げてきた策は水の泡となるだけぞ。」

直虎は、政次の思いを無にしないよう努めるが、政次は一つ思い違いをしているので、それだけは伝えると答えた。

かつて政次が言った「おとなしく後見を降りられよ。それが井伊のため、そして御身のためだ。」の言葉は、今まったく違う意味を持って直虎の胸に突き刺さっていた。

 

スポンサーリンク


 

おとわ、鶴、仲良うせい

夕方になって、執務を終えた政次は、唯一息をつける場所、井戸端にやってきた。

政次は、井戸からくみ上げた水をやりつつ、橘の木に話しかける。

「武田が今川を切り落としにかかった・・・・あいつの夢枕にでも立ち、言うてくれんぬかの、亀。危なくなるゆえ、早く下がれと・・・・」

 

政次が背中に視線を感じ振り向くと、離れた場所に直虎が立っていた。

政次は場所を譲るべく背を向けて立ち去ろうとするが、走ってくる足音聞こえ、袖をつかまれた。

驚いた政次が振り向くと、直虎が思い詰めたような瞳で政次を見上げている。

「どうしたのか」と尋ねる政次に、直虎は「少し話そう」と言った。

しかし、それっきり直虎はモジモジしている。

見かねた政次が「今さら、嫁にもろうて欲しいと言われても願い下げですぞ。」と話しかけると、直虎は「はぁぁぁ!?」と不本意そうな顔をする。

「戯れ言です。」と政次がしれっと流すと、直虎は「相変わらず、いけ好かぬのぅ」と言って緊張が解けたように井戸端に座った。

 

政次が「お話とは・・・?」と問いかける。

すると、直虎は「敵も味方も欺くことで、守る」といきなり切りだす。

これには政次も息をのんだ。

さらに直虎は「そういう手があるのじゃな、兵法には。書物で読んだ。」と言う。

「ああ。それは結構なことで」と返す政次に、直虎は「もし、そなたがわれなら、どう井伊を守る?」と質問する。

直虎の意図が分からない政次はしばらく黙っていたが、やがて「・・・何故、それがしにさようなことを?」と逆に質問した。

これに直虎は、「誰よりも深く井伊を守る策を考えているのは、そなただからじゃ。」と答える。

これにはハッキリ政次の顔色が変わった。

直球すぎた自分の質問に直虎自身も焦り、慌てて取り繕う。

「だ、だって、そなたは井伊を手に入れることを考えてきたわけじゃ。手に入れれば、ここはそなたの土地。必然、ここを守らねばならぬ。そなたのことじゃ。つけいる隙もない緻密な、いやらしい策を練り上げているんじゃろ。ならば聞いてみたいと思うのは当たり前ではないか!そうであろう!」

直虎が話せば話すほどドツボにはまり、政次は自分の心中が見透かされてしまったことを確信した。

直虎も、それが分かり政次に言う。

「・・・政次。わらは己で選んだのじゃ。この身を直親のうつし身にすると。己で選んだ。己の手で井伊を守ると、われは己で決めたのじゃ。われが女子であるから守ってやらねばならぬとか、つらい思いをせずとも済むようになどと思っておるのなら、お門違い。無用の情けじゃ!・・・われをうまく使え。われもそなたをうまく使う。」

風で揺れる葉の音がサラサラと聞こえてくる。まるで幼い頃の直親が「おとわ・・・鶴・・・仲良うせよ・・・」と取りなしてくれたようだ。

やがて、政次が口を開く。

「・・・私ならば戦わぬ道を探ります。・・・戦に戦わずして勝つ。もしくは戦いに及ばずとも済むように死力を尽くす。卑怯者、臆病者と言われようとも断固として戦いませぬ。それが大国に挟まれた、小さな井伊が生き延びる唯一の道かと考えております。」

直虎は実に但馬らしいと感心した。

すると政次は、武田信玄が嫡男の義信を幽閉し、いずれは今川に牙をむいてくるとの情報を伝え、今後は武田、松平の動きに目を配るようにとアドバイスした。

直虎はとっさに瀬名の顔が浮かび、三河での苦い思い出がよみがえってきた。

 

直虎は翌日、南渓に政次との話を伝えて相談すると、常慶を通じて松平と繋がる策を講じた。

直親の窮地に手を差し伸べなかった松平であったが、今の直虎は過去の遺恨よりも、当主として覚悟の方を大事にしていた。

 

スポンサーリンク


次回 第19話あらすじ↓

大河ドラマ直虎19話あらすじ 龍雲丸脱走!直虎と氏真が激オコ!直親に隠し子?話題てんこもりの第19話 5/14
はじめに 平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第19話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバ



号泣必至!小野政次は裏切っていない?直虎を守る政次の筋書き

大河直虎 小野政次は裏切っていない?井伊家と直虎を守るための優しくも悲しい政次の筋書きとは?勝手に考えました。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、高橋一生が演じている小野政次ですが、当初は主人公の井伊直虎(柴咲コウ)、直虎の許嫁であった井伊直親の幼馴染として登場しており、井伊直親の死後は井伊


スポンサーリンク

放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ直虎 第18話【感想】感動!小野政次の気持ちに直虎が気がついた涙の第18話【画像多め】 5/7
大河ドラマ「おんな城主直虎」 第18話「あるいは裏切りという名の鶴」【感想】 この記事では、大河ドラマ「おんな城主 直虎」第18話「あるいは裏切りという名の鶴」の感想と



大河ドラマ「おんな城主 直虎」第16話~第20話までのあらすじ期待度まとめ

大河ドラマ直虎【あらすじ・ネタバレ・期待度まとめ】第16話~第20話
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第16話~第20話 あらすじと期待度 はじめに NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、第15回ぐらいまでの皆さんの評価ってどうなんでしょう


スポンサーリンク
 

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク
 

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク


直虎関係リスト


スポンサーリンク

「直虎外伝 しの」

大河ドラマ「おんな城主 直虎」における【しの】だけの物語を勝手に作ってみました。

しの伝 第1話【しのと亀之丞】
大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 しの とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。 しのは、井伊

しの伝 第2話【再会と嫉妬】
大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

しの伝 第3話【喜びと悲しみ】
大河ドラマ直虎外伝 しの③ 貫地谷しほりが演じるめんどくさい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、周りから見ると非常に

しの伝 第4話【焦りと怒り】
大河ドラマ直虎外伝 しの④ こどもできる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第5話【憎悪と覚悟】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第6話【落胆と兆候】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑥ 貫地谷しほりが演じる直虎を嫌うしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

しの伝 第7話【芽生えと誕生】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が



スポンサーリンク

 - 直虎あらすじ