おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

政次ロスに耐えろ!小野政次死後の「直虎36話以降」のあらすじを紹介(虎松→万千代→直政へ)

      2017/09/19

政次ロスに耐えろ!
小野政次死後(直虎36話以降)のあらすじ

大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、一番人気を誇った高橋一生が演じる小野政次は、第33回「嫌われ政次の一生」で直虎を守るという本懐を遂げて最期を迎えてしまいます。

ここから「政次ロス」に耐えられない人が、イセクラ以外にも多くなってくるはず。

また、政次の死の余韻が冷めてくる第36話以降に、イセクラの離脱が進めば、制作側も視聴率を気にし始めることでしょう。

でもね、ドラマとはいえ小野政次が命を懸けて守った直虎たち井伊家の今後の展開(第36話以降)は、絶対に目に焼き付けないといけないと思います。

だって小野政次も直虎たちのことを天国、いや「地獄」で見守っているはずだから(笑)。

そこで今回は、小野政次死後の井伊家について史実をもとに簡単に説明して、大河ドラマ直虎の第36話以降の見どころになりそうなところを紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

気賀が戦場に・・・堀川一揆(直虎第34話

井伊谷城を落とした後、徳川軍はすぐさま引馬城(のちの浜松城)を攻略しました。

しかし、家康の遠江侵攻に反抗する今川派の国衆や農民たちが、気賀の堀川城で一揆を起こします。

このとき、籠城した約2,000人の老若男女の村人たちのほとんどが討死し、生き残った約700人の者もことごとく斬首されました。

当時の住民の半数以上が犠牲となった悲惨な戦いのあと、南渓瑞聞らは彼らの供養をしたと伝わっています。

 

 

大河ドラマ直虎では、龍雲丸が築き、瀬戸方久が城代となった気賀の城・堀川城。

その堀川城を舞台に繰り広げられる凄惨な事件。

龍雲丸や瀬戸方久、龍雲党のメンバーがどのように巻き込まれ、そして助かるのか?死んでしまうのか?が見どころと言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

掛川開城・・・今川の滅亡(直虎第35話第36話?)

堀川一揆のあと、家康は遠江制圧のため、今川氏真がいる掛川城攻略に乗り出します。

しかし、掛川城は朝比奈泰朝がよく守り、次第に戦況は膠着。

家康は氏真と交渉し、開城させることに成功します。

そして、氏真は妻の実家・北条家を頼って落ち延びていきました。

その後、家康は同盟先である織田信長の要請で姉川の戦いに出陣し、浅井、朝倉連合軍を撃破します。

まもなくして、家康は岡崎城を信康に譲り、自分は引馬城を改修して浜松城を本拠としました。

 

 

史実では、直虎たちは城に戻ることはできず、龍潭寺近くにひっそり暮らしています。

大河ドラマ直虎では、あの蹴鞠小僧・氏真の滅亡が見どころですが、直虎たち井伊家の話に関してはパッとしない話になるのかもしれません。

むしろ、情けなかった家康が成長していく話になっていくのかも。

 

 

スポンサーリンク

 

 

井伊谷が焦土と化す・・・家康敗走(直虎第36話第37話?)

家康が浜松城を本拠とした2年後、将軍・足利義昭が反信長包囲網を敷き、これに応えた武田信玄が遠江、三河方面に侵攻してきます。

その際、信玄本隊とは別行動をとる山県昌景の軍勢によって井伊谷周辺は焼き払われ、井伊谷城は占拠されてしまいました。

この時、龍潭寺も焼失してしまいます。

その後、信玄は家康のいる浜松城を無視して三河に入ろうとします。

これに怒った家康は浜松城から出陣、信玄を追います。

まさにこれが信玄の策で、待ちうけられた家康は三方ヶ原で大敗北を喫して、命からがら浜松城に帰りました。

 

 

政次の死から3年ほど経過。

直虎たちはとくに大きなことはしていません。

しかし、大河ドラマ直虎では、山県昌景の井伊谷占領の際、どのように直虎たちが立ち回っていくのかがみどころ。

政次を見殺しにした家康のことを直虎が許していくのは、このへんかも。

 

 

スポンサーリンク

 

 

家康危機一髪・・・信玄死亡(直虎第37話?)

三方ヶ原の勝利のあと、武田軍は菅原定盈が守る三河の野田城を包囲します。

約一か月間の籠城戦のすえ野田城は開城しますが、この戦いで信玄の病状が悪化して、まもなく息を引き取ります。

信玄の死に息を吹き返した家康は、遠江から武田軍を一掃するだけでなく、駿河攻略や三河・長篠城の奪還を目指していきます。

 

 

突然の信玄死亡・・・。

信玄は死の直前、虎松が逃げている鳳来寺で病気平癒の祈願を行ったといわれていますから、大河ドラマ直虎の中で二人は会うことになるのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

菅田将暉登場・・・虎松仕官(直虎第38話第39話?)

信玄の死の翌年、井伊直親の十三回忌の法要に14歳になった虎松が鳳来寺より参列します。

立派な若者に成長した虎松を目の当たりにした井伊家の人たちは、家康に仕官させようと考えます。

そこで、家康が鷹狩りにでた際にさりげなく虎松と対面できるよう段取りが組まれました。

そして道端で虎松に出会った家康は、かつての井伊家を自分との因縁から、すぐさま虎松を召し抱えました。

 

 

ここでついに菅田将暉が登場!(するはず)

大河ドラマ直虎では、家康と虎松の対面シーンがコミカルな感じになるのか、泣かせるような感じになるのかが見どころ。

小野家の血を継ぐ亥之助も成長して家康から「万福」の名を与えられていますし、ここから虎松(万千代、のちの直政)が活躍する新しいステージへのターニングポイントとなるはず。

 

 

スポンサーリンク

 

 

井伊家の再興・・・万千代大活躍(直虎第39話第40話?)

家康に仕官した当初は、虎松は生母の再婚先である松下姓を名乗っていました。

そこで家康は、仕官するにあたり井伊姓に戻すよう虎松に命じ、自分の幼名にちなんで「万千代」の名と、300石を与えます。

その後、万千代は武田勝頼との高天神城の戦いで、家康の寝所に忍び込んできた間者を退治して3,000石に加増され、ついに念願の井伊谷を井伊家のもとに取り戻します。

 

 

このころの大河ドラマ直虎は、やはり虎松あらため万千代の活躍がみどころ。

命を懸けて守ろうとした井伊の人々、とくに小野政次の思いを考えると、井伊谷を回復した時の直虎の顔が早く見たいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

直虎の最期・・・直政へ?(第40話以降?)

直虎が万千代の成長を実感している一方で、母の祐椿尼が死去し、徳川では織田信長との同盟維持のため、正室の築山殿(瀬名)を殺害し、嫡男・信康を切腹させる事件が起こります。

その後、信長の天下統一間近に本能寺の変が起こり、家康と共に堺にいた万千代は「伊賀越え」を敢行して、なんとか帰還します。

井伊谷で万千代の無事を祈り続けていた直虎は、本能寺の変の約2か月半後に安らかに息を引き取りました。

 

徳川に起こる瀬名の不幸な死は、みどころの一つ。

家康の母・於大の方との確執がありそうな雰囲気がプンプン臭います。

しかし、このころの井伊家は、直虎よりも主役は完全に万千代という感じ。

直虎が死んだあとの井伊直政を大河で描かなければ、第50話までいかないと思うので、もしかすると序盤の材木泥棒や誘拐事件のような話が、何回か途中に放り込まれて回数稼ぎされそうな気もします。

龍雲丸のその後の話や、高瀬の結婚話も確実にどこかであるでしょうし。直政の家臣となる近藤康用の子・近藤秀用の話もあると思います。

とにかく、政次がいなくなっても、みどころはたくさんありそうなので「政次ロス」に、何とか耐えて「おんな城主 直虎」を応援しましょう!

 

 

スポンサーリンク

おふざけ画像【井伊の谷のナオトラ

大河ドラマ直虎 ~井伊の谷のナオトラ~ 【おふざけ画像】 
大河ドラマ直虎【おふざけ画像】井伊の谷のナオトラ はじめに 2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」、みなさんどうですか? 私的には、前回の「真田丸」より面白い

スポンサーリンク

政次の最期まとめ

大河直虎【政次の最期】政次の本懐とは?辞世の句は?政次の最期をあらすじからまとめました。※ネタバレ注意
この記事は、激しくネタバレしてますので注意して下さい。 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、ついに高橋一生演じる小野政次の最期の時がやってきます。 この記事では、とに

スポンサーリンク

直虎関係リスト


スポンサーリンク

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ


スポンサーリンク

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】


スポンサーリンク

 - 直虎あらすじ