大河ドラマ直虎39話あらすじ 虎松と亥之助が徳川へ仕官し、「井伊万千代」と「小野万福」と名乗る第39話 10/1

      2017/10/04

はじめに

平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第39話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありますが、決して本編の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ではそのようなことはありません。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

前回 第38話あらすじ↓

大河ドラマ直虎 38話「井伊を共に去りぬ」あらすじ

出典:http://www.nhk.or.jp/

 

スポンサーリンク

第39話「虎松の野望」10/1
NHK公式 あらすじ

龍潭寺で直親(三浦春馬)の十三回忌法要が執り行われ、直虎(柴咲コウ)は虎松(菅田将暉)と6年ぶりの再会を果たす。しの(貫地谷しほり)は虎松を松下の嫡男として徳川家に仕官させたいとの意向を伝える。しかし虎松は亥之助(井之脇海)とともに井伊の豊かな里を見てまわり、直虎の領主としての手腕に感嘆するとともに、秘かに井伊家の再興を決心する。そしてついに虎松が家康(阿部サダヲ)にお目見えする日がやって来る。

NHK公式サイト 大河ドラマ「おんな城主 直虎」第39回「虎松の野望」より抜粋

スポンサーリンク

 

第39話「虎松の野望」10/1
ネタバレ注意

 

虎松の隠した野望

1574年、井伊家は直親の十三回忌を執り行った。

そこには、しの、奥山六左衛門、なつ、小野亥之助とともに、14歳となった虎松の姿があった。

成長した虎松の姿に、直虎は井伊家再興を諦めよと言ったことを思いだしながら感慨深い目で見つめていた。

法事の後の宴の席で、直虎はしのから意外なことを聞かされる。

松下家のため、虎松は徳川に仕えたいと言っているというのだ。

それを聞いた直虎は、立派な男になったと感心していた。

また、なつもいずれ虎松と亥之助が徳川に仕えたならば、政次を弔うため井伊谷に戻ってくると言っている。

それが本望を語るなつに、直虎は政次の一生を思い出していた。

 

 

武田軍に焼かれた井伊谷の復興は目覚ましく、虎松は感動していた。

案内を任された中野直久が、この復興は領主の近藤ではなく、直虎が尽力したものであることを告げた。

すると、虎松は直虎に対し怒りが込み上げてくる。

「井伊家再興を諦めろと自分に言ったくせに」と。

そして虎松は決意した。

「そっちにその気がないならば、俺が取り戻してもう一度、井伊家の領地にしてやる」と。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

虎松の秘策

一方、徳川家康は領土を拡大しており、浜松を中心に家康が治め、岡崎城には瀬名とともに嫡男・信康を配置していた。

これに虎松が目をつける。

徳川に仕えるための家康との対面は、松下源太郎、松下常慶が協力してくれることになっている。

これでは松下家の「松下虎松」が徳川に仕えることになってしまうため、虎松は南渓に頼んで瀬名に手紙を託した。

手紙には、『自分は「井伊」の名前で徳川に仕えたいが、松下家には育ててもらった恩があるため自分からは言い出せない。できれば家康から「井伊」を名乗れと言ってくれませんか』と書かれていた。

手紙を読んだ家康は、手をまわして瀬名までも使ってくる虎松の策に感心した。

何も知らない常慶が家康と虎松の対面を願い出るたときには、すでに裏では取り立てることは決まっていた。

 

虎松、亥之助の対面の日が決まると、祐椿尼と直虎は二人が着る小袖を自分たちが縫うことを決めた。

虎松には虎と亀の刺繍、亥之助には亥(イノシシ)と鶴の刺繍のお守りもつけて。

そして二人は、これから始まる若い二人の将来を思い巡らせていた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

虎松の仕官、「万千代」へ

いよいよ対面の日。

常慶に促されて、虎松と亥之助は家康のもとに歩み出た。

そこで家康は常慶に向かって「虎松は、井伊の者として仕えたいと思っているはずだ」と切り出した。

家康に尋ねられた虎松も認めてしまった。

突然の出来事に常慶は驚き、「松下」としては承知できないと怒ったが、家康にうまくなだめられてしまう。

さらに、家康は、井伊家が万年続くよう虎松に「万千代」、亥之助に「万福」の名を与えた。

家康の幼名「竹千代」をもじった「万千代」の名に虎松は感激に心を震わせるのであった。

 

翌日、浜松城にあがった万千代は、徳川家の重臣たちに向かい「井伊万千代」、「小野万福」は徳川のために身命を賭して仕えることを誓った。

しかし、二人に与えれた役割は草履番であった。

近習、小姓として仕えという話だったと意義を申し立てる万千代たちであったが、その話は徳川を常に裏から支えた「松下家」として仕えた場合の話であると説明される。

万千代はハメられたと感じたが、悔しさを隠して「日本一の草履番を目指す」と言い放ち、その場をあとにするのであった。

 

 

スポンサーリンク

次回 第40話「天正の草履番」あらすじ

大河ドラマ直虎 第40話「天正の草履番」あらすじ

放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ直虎 39話【感想】

スポンサーリンク
 

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク
 

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク

直虎関係リスト


スポンサーリンク

 

 

 - 直虎あらすじ