いだてん|四三の背中に桔梗の紋!麒麟がくるへのエール?日系人を熱狂させた水泳陣の活躍を描く第31話をおさらい

   

大河ドラマ「いだてん」
第31話「トップ・オブ・ザ・ワールド」おさらい

 

スポンサーリンク

 

 

日本人の誇り!

大河ドラマ「いだてん」の第31話「トップ・オブ・ザ・ワールド」どうでしたか?

この時代に苦労されていた日系人にスポーツを通じて日本人としての誇りを取り戻させた素晴らしい内容でした。

いや~ホント日本人で良かった!ありがとう前畑秀子、ありがとう田畑政治。

さらにツルさん(鶴田義行)の金メダルも素晴らしい!

苦悩しながら努力してきた人が報われる瞬間は実に爽快でした。

では、田畑政治率いる水泳陣の大活躍が描かれた第31話をおさらいしていきます。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

前回からロサンゼルス・オリンピックで活躍を見せてくれた男子水泳陣。

今回は女子水泳の期待の星・前畑秀子が出陣!

プレッシャーに押しつぶされそうな中、まーちゃん(田畑政治)イジリで緊張がほぐれた前畑秀子はデッドヒートを繰り広げて日本女子水泳初の銀メダルを獲得する。

1位のデニスとの差はわずか10分の1秒だったそう。

この前畑秀子のレースは実感放送によって日本に伝えられ、日本人を熱狂させていました。

 

前畑秀子(上白石萌歌)の生涯

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

その熱狂の中、ひときわ興奮していたのが久しぶりに登場した金栗四三。

すっかり、池部家の若旦那みたいな雰囲気でしたが、やっぱりスポーツには過剰反応しちゃうんですね。

金栗四三は女子スポーツの発展に尽力していたし、シマや人見絹枝らのこともあるから当然と言えば当然か。

ところで、金栗四三の着ている羽織に付いている家門って「桔梗」?

これって来年の大河ドラマ「麒麟がくる」の明智光秀へのエールなのかな?

本当に池部家の家紋が「桔梗」だったのか、真偽のほどはよく分かりませんが、直前大河や次回大河へのエールってのはよくあることですよね。

「いだてん」でも前回「西郷どん」の伊藤博文役を継続出場させていたし。

よく見ると、ツルさん(鶴田義行)の枕もとにも「敬天愛人」の文字が・・・・

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

さて、男子水泳陣はこの前畑秀子の活躍に負けじと発奮し、背泳ぎでメダルを独占。

さらに若手選手・小池の練習台とされていたベテラン・鶴田義行がまさかの金メダル。

努力している人は報われる、奇跡が起こるというスポーツの一番いいところを見せてくれましたね。

出場が叶わずに苦悩していたキャプテン・高石勝男の分まで泳いでくれたような、感動のメダルでした。

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

その後、閉会式のプールでは田畑政治も一緒に日本泳法の実演を行う。

観客たちが盛り上がる中、水書で「Xth OLYMPIAD」が書きあがると、各国の選手やあのアメリカの監督・キッパスも飛び込んでキャッキャッしてました(笑)。

いいね~この感じ。これがスポーツの力!思わず笑顔になれる。

田畑政治の「あーあ。帰りたくねーなー」の一言が全てを語ってくれている気がした。

見てる方がこんなに楽しいなら、やってる方はもっともっと楽しかったんだろうな。

「一種目も失うな」を命題に掲げていた田畑政治も、終わってみると「たわ事だよ」とやりきった感が全開だった。

あの「一種目も失うな」の張り紙の下に隠れていたクーベルタンのオリンピック憲章みたいな言葉、ちょっと感動してしまったよ。

 

出典:https://www.instagram.com/

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

楽しかったオリンピックも終了し、日本選手団の帰国の日。

見送りにきた観衆にバスを取り囲まれ、日系人からお礼を言われる田畑政治。

白人から差別されてきた境遇が、このオリンピックの日本人の活躍、特に日本水泳陣の活躍によって見直されているとのこと。

ちょっと何言ってるか分かんない風の老人、レストランで冷ややかな目を送って来た女店員(ナオミ)も「俺は(私は)日本人だー!」と叫ぶ姿が印象的でした。

そんな光景を見てテンションブぶち上げだったのか、嘉納治五郎は「東京にオリンピックが来たら皆さんを招待します」とムチャクチャな発言で盛り上がりを助長。

やっぱり、最後は全部もってっちゃうのね。嘉納先生(笑)。

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

帰国後、田畑政治は全種目制覇ができなかったことを悔やんでましたが、この人にもあんな弱い部分があったんですね。

大横田の腹が弱いことを知っていながら、肉を食わせて体調を崩させたことは総監督である自分の責任だと。

いつもイケイケの田畑政治。

そんな男の弱い姿を見せられたからギャップ萌えしちゃったのかな?

お見合い相手でもある同僚の酒井菊枝(麻生久美子)さんが何だかいい感じになってます。

これで二人が急接近?次回はいきなり結婚?

そして五りんの父親がりんついに登場?

来週も見逃せねぇ。

 

五りんの父親が判明!

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「いだてん」
次回 第32話「独裁者」
【あらすじ】と【期待度】について

 

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

 

 - いだてんおさらい