いだてん|小梅(橋本愛)は実在の人物?花魁・遊女の小梅と美川秀信の気になる恋愛

      2019/01/01

大河ドラマ【いだてん】
~東京オリムピック噺~

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三は上京することになり、様々な人物と関わっていくことになりますが、その中に橋本愛が演じる遊女『小梅』がいます。

この大河ドラマのほとんどはキャラクターは実在する人物で固められていますが、ではこの『小梅』は実在の人物だったのでしょうか?

結果から言いますと『小梅』は実在した人物ではなく、この大河ドラマ用に作られた架空のキャラクター。

しかし、『小梅』は浅草でたくさんいた遊女の代表格として、当時の時代の雰囲気を伝えてくれる重要なキャラクターとなっています。

ひたすら走ることにしか興味のない金栗四三と、この『小梅』はあまり関わることはありませんが、準主役のような美濃部孝蔵(森山未來)や四三の同級生でもあった美川秀信(勝地涼)とは深く関わっていくことになります。

また、直前の大河ドラマ「西郷どん」で不器用な愛情表現しかできない西郷隆盛の最初の妻・須賀を好演していた橋本愛の新しい姿にも注目です。

では、橋本愛が演じる架空の人物『小梅』について紹介していきます。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

小梅

小梅は大河ドラマ「いだてん」での設定上、

1.東京名所『凌雲閣(浅草12階)』辺りで客を引く遊女。

2.故郷は金栗四三、美川秀信らと同じ熊本。

3.押しが強くきっぷいい姉御肌。

4.ニート暮らしの美濃部孝蔵とは町で声を掛け合う仲で、人力車夫の清さんとも親しい。

と、なっています。

「遊女」と言えば悲しく暗いイメージがつきものですが、この小梅はそうではないらしく、前向きに生きるカッコいい女性として描かれます。

大河ドラマ「いだてん」では、金栗四三と美川秀信が上京した時に小梅は「遊んでかない?」と声をかけ、その後再会すると美川秀信が小梅に入れ込んでしまうことに。

一方、落語家を目指す美濃部孝蔵とは共に這い上がろうとする境遇からか同士のような関係になっており、小梅は人力車夫の清さんと一緒に世話をやいてあげる面倒見のいいところを見せます。

美川秀信との恋愛は多く描かれることはありませんが、どうやらこの小梅は浮気グセがあるらしく、いつの間にか徳重というヤクザに買われて囲われることになっています。

しかし、小梅は美川秀信との関係も続けていて徳重にバレてしまい、その際、美川秀信のことをかばって孝蔵が浮気相手だと言ってしまったことから周囲に多大な迷惑をかける事件に発展していきます。

大河ドラマでは金栗四三と春野スヤの純愛と呼べる恋愛、結婚生活も見ものですが、この小梅と美川秀信の関係も見どころの一つとなるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

 - いだてん関連