いだてん|大隈重信(平泉泉)大河ドラマに連続登場した明治の英雄は「天狗倶楽部」の巣窟・早稲田大学の創始者

      2019/01/06

大河ドラマ【いだてん】
~東京オリムピック噺~

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で登場する平泉成が演じる『大隈重信』。

この『大隈重信』は、前年の大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛らと共に留守政府の一員として描かれていましたので、2年連続での登場となります。

しかし、今回の「いだてん」の舞台は明治末期。

この頃になると日本の近代化は一気に進み、前年のサムライたちによる血生臭い戦の雰囲気はまるでありませんし、『大隈重信』にもサムライの面影もなく、もはやただのおじいちゃんw。

おそらくほとんど『大隈重信』の登場シーンはないかとは思いますが、この記事では連続登場記念で『大隈重信』の生涯について超簡単に紹介していきます。

 

出典:http://artists.whdno.com/

スポンサーリンク

 

大隈重信

大隈重信は天保9年(1838)に佐賀藩士の大隈信保の長男として生まれ、幼い頃から英語をはじめとする様々な学問を学んでいました。

成長した大隈重信は幕末に尊王派として活動しますが、藩から謹慎処分を言い渡され、何の活躍もないまま明治維新を迎えてしまいます。

明治新政府樹立後、キリスト教徒を弾圧する事件が起こると、大隈重信は事件に怒ったイギリス公使・パークスとの交渉相手に抜擢されます。

ここで大隈重信はパークスを完全に黙らせることに成功し、評価を高めて政府の中心へと一気に食い込んでいきました。

政府から重用され始めた大隈重信は日本の近代化のために尽力し、大蔵卿に就任。

しかし、伊藤博文らの薩長勢と対立すると、大隈重信は明治14年(1881)に辞表を提出させられました。

 

 

「西郷どん」での大隈重信

[出典:ameno 出典:=""]

スポンサーリンク

 

 

下野した大隈重信は政党を結成する傍ら、東京専門学校(現早稲田大学)を開設し教育にも力を入れていきます。

その後、大隈重信は外務大臣として政府に戻りますが、テロリストの襲撃で右脚を切断する重傷を負って辞職。

それでも再び政府に返り咲いた大隈重信は、明治31年(1898)に薩長藩閥以外から初めての内閣総理大臣となりました。

明治40年(1907)、政界を引退した大隈重信は早稲田大学総長への就任。

アメリカの大リーグ選抜チームと早稲田大学野球部の試合の際には、大隈重信が日本で初めて始球式を行いました。

この時、大隈重信の投球は大暴投でしたが、気を使った早稲田大学の1番打者がわざと空振りをしたため、その後の始球式では打者は空振りをすることが慣例となっていきました。

当時、早稲田大学には野球好きが集まっており、早稲田出身の押川春浪はスポーツ社交団体「天狗倶楽部」を結成して野球を楽しんでいました。

その後、大隈重信は政界に再復帰して内閣を組織しますが、次第に国民の支持を失って総辞職し、大正11年(1922)に胆石症で死去しました。享年85。

 

出典:https://www.sankei.com/

もっと大隈重信を↓

大隈重信|西郷どん(せごどん)西郷隆盛に嫌われた尾上寛之演じる大政治家は野球の始球式の慣例を作った男
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大隈重信 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で明治新政府が樹立したあと、尾上寛之演じる大隈重信が登場します。 大隈重信は早稲田大学の創始者

もっと天狗倶楽部を↓

天狗倶楽部とは?|いだてん|TNGを胸に野球をする熱いエリートの男臭い私的スポーツ団体
大河ドラマ「いだてん」 天狗倶楽部(TNG)とは? 『テング、テング、テンテング、テテンノグー!奮え、奮え、天狗』 これは胸に「TNG」の文字をつけ「天狗倶楽部」と呼

 

スポンサーリンク

 

 

特集‼

いだてん天狗倶楽部裏話|金栗四三の世界記録更新の疑惑を解明!犯人は誰?不正を徹底追及!
大河ドラマ「いだてん」 金栗四三の世界記録更新の秘密 大河ドラマ「いだてん」の初回と第5回において主人公である金栗四三がマラソンの世界記録を更新する場面が描かれています

 

 

 


 

スポンサーリンク

 

 - いだてん関連