いだてん|永井道明(みちあきら)とは?大河ドラマで杉本哲太が演じるスウェーデン体操の推進者

      2018/12/31

大河ドラマ【いだてん】
~東京オリムピック噺~

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」でスパルタな熱血教師として登場するのが杉本哲太が演じる『永井道明(ながいみちあきら)』です。

この『永井道明』は東京高等師範学校の学生寮の責任者でもあって、学生の金栗四三のことを厳しく指導していきます。

また、金栗四三が出場したストックホルム・オリンピック後、『永井道明』は嘉納治五郎と対立して一種の悪役のような存在にもなっていきます。

史実での頑固で保守的なイメージをそのままに大河ドラマ「いだてん」でも描かれていく『永井道明』。

この記事では、簡単ではありますが『永井道明』の生涯について紹介していきます。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スウェーデン体操と肋木(ろくぼく)とは?【動画あり】

スウェーデン体操と肋木(ろくぼく)|いだてん【動画あり】永井道明が残した体育館の遺物
大河ドラマ「いだてん」 スウェーデン体操と肋木(ろくぼく) 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で登場する杉本哲太が演じる「永井道明」が必死にな

スポンサーリンク

 

 

体操校長・永井道明

永井道明は、明治元年(1869年)に水戸藩士・永井衡敏の次男として生まれました。

永井家は水戸藩の藩校・弘道館の師範という由緒正しい家系でしたが、身分は小役人に過ぎず、永井道明は10人兄弟ということもあって生活は貧しいものでした。

幼少期、体の弱かった永井道明は茨城師範学校で兵式体操を学んで熱心に訓練。

その甲斐あって、永井道明は運動会で兵式体操の指揮を任されるほどになりました。

明治23年(1890年)、教師を育成していた東京高等師範学校に入学した永井道明は「日本初の体操教師」と言われる坪井玄道から指導を受けて「体育教師」の夢を膨らませていきます。

そして永井道明は卒業後、東京高等師範学校付属中学校の助教諭となりました。

一方、軍隊にも入隊した永井道明は「国民教育には完全な軍人を作ること」という考えを持ち始めます。

その後、永井道明は奈良県の畝傍中学校の校長、兵庫県の姫路中学校を歴任して「体操校長」と呼ばれ、自分の考えを徹底した教育を行っていましたが、一部の保護者からは反感も買っていました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スウェーデン体操と永井道明

日露戦争後、永井道明は日本人の体力不足を危惧し、体育の必要性を説いていきます。

そこに欧米で体育を学んだ川瀬元九郎らが「スウェーデン体操」を持ち帰ってきました。

また、これに対抗するように坪井玄道がヨーロッパのスポーツを紹介し、日本の体育教育は混乱していきます。

そんな中、永井道明は文部省から留学生として海外に派遣され、「スウェーデン体操」を研究しました。

帰国後、東京高等師範学校と東京女子高等師範学校の教授に就任した永井道明は、体育主任としても教育にあたりました。

 

出典:http://archives.cf.ocha.ac.jp/

 

 

この頃、東京高等師範学校の校長・嘉納治五郎はオリンピックに日本を参加させるため尽力していましたが、当時はスポーツは「遊び」という風潮がありました。

このため、嘉納治五郎は「大日本体育協会」を設立して会長に就任し、協会内に「日本オリンピック委員会」を組織します。

そして永井道明も「大日本体育協会」の総務理事に就任し、オリンピック参加に向けて尽力していきました。

 

一方、「家庭体操」を考案した永井道明は、大正天皇の御前で披露するなどして評価されていきました。

そして混乱していた日本の体育教育は永井道明が「スウェーデン体操」を支持したことによって統一され、大正2年(1913年)に日本初の「学校体操教授要目」が制定されました。

ここから永井道明は「スウェーデン体操」が取り入れられた「学校体操教授要目」を普及させるために奔走。

次第に「学校体操教授要目」は定着していきますが、一方で科学的な検証が行われて批判が起こり始めました。

東京高等師範学校でも「スウェーデン体操」派の永井道明と「普通体操・スポーツ」派の嘉納治五郎・可児徳らが対立。

結果的に負けた永井道明は、教授を辞任することになりました。

 

出典:https://www.news-postseven.com/

スポンサーリンク

 

 

とどめを刺された永井道明

その後、永井道明は大正11年(1922)に本郷中学校の副校長に就任し、学校全体を指導しながら体育の指導に力を入れました。

そして永井道明は「スウェーデン体操」派の巻き返しを図ろうと雑誌「日本体育」を発行します。

しかし、この頃になると「スポーツ」の存在は世間に認められるようになっていました。

このため「普通体操・スポーツ」派によって「学校体操教授要目」は改正され、「スウェーデン体操」は排除され、永井道明も体育界の中央から切り離されました。

 

その後、体育に対して功績も大きかった永井道明のため、全国の体育関係者が『永井体育館』を建設して寄贈。

永井道明は永井体育館を通じて体育に貢献し、昭和25年(1950年)に死去しました。享年83。

ちなみに永井道明が推進した「スウェーデン体操」は肋木(ろくぼく)という木製のハシゴのような物を使用し、現在でも多く体育館の残っています

 

出典:https://matome.naver.jp/

スウェーデン体操と肋木(ろくぼく)とは?【動画あり】

スウェーデン体操と肋木(ろくぼく)|いだてん【動画あり】永井道明が残した体育館の遺物
大河ドラマ「いだてん」 スウェーデン体操と肋木(ろくぼく) 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で登場する杉本哲太が演じる「永井道明」が必死にな

スポンサーリンク

 

特集‼

いだてん天狗倶楽部裏話|金栗四三の世界記録更新の疑惑を解明!犯人は誰?不正を徹底追及!
大河ドラマ「いだてん」 金栗四三の世界記録更新の秘密 大河ドラマ「いだてん」の初回と第5回において主人公である金栗四三がマラソンの世界記録を更新する場面が描かれています

 

 

 


スポンサーリンク

 - いだてん関連