いだてん関連

いだてん押川春浪|武井壮が大河ドラマで演じる天狗倶楽部のリーダーは冒険小説の先駆者

投稿日:2018年12月24日 更新日:

大河ドラマ【いだてん】
~東京オリムピック噺~

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で登場する武井壮が演じる「天狗倶楽部」のリーダー『押川春浪(おしかわしゅんろう)』。

異様な格好の吉岡信敬、真面目そうな中川臨川らメンバーは皆、この『押川春浪』のことを慕って「天狗倶楽部」に参加してきた者でした。

『押川春浪』は主人公の金栗四三とは大きな接点はありませんが、2人とも同じ時代を生き、スポーツを愛したという共通点があり、『押川春浪』の方はスポーツだけでなく、文学の方でも異彩を放って後世に名を残す存在となっていきました。

 

では簡単ではありますが、天狗倶楽部のリーダーで冒険小説家・『押川春浪』について紹介していきます。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

どヤンキー?天才?押川春浪

押川春浪は愛媛県松山市で、キリスト教牧師の押川方義の子として1876年(明治9年)に生まれました。本名は方存(まさあり)。

のちに一家は仙台に移り、押川春浪は小学校卒業後に単身で上京して明治学院に入学しました。

ここで野球と出会った押川春浪は、その魅力にすっかり取り憑かれてしまい、2年続けて落第してしまいます。

怒った父は押川春浪を仙台に呼び戻し、自身が創設した東北学院に編入させましたが、ここでも押川春浪は気に入らない同級生の頭に火をつけるという事件を起こして札幌農学校へ送られました。

その後も押川春浪の乱暴は止まらず、札幌でも騒ぎを起こして退学し、続いて芝の水産講習所に入りますが、ここも退学してしまいます。

そして押川春浪は父が親しかった大隈重信によって創立された東京専門学校専修英語科に入学しました。

 

乱暴ばかりが目立ちますが、意外にも押川春浪は小説家を目指していました。

在学中の1900年(明治33年)、押川春浪は『海底軍艦』を執筆すると認められ、出版までされて人気を得ることになります。

翌年には再版も出されて、その後も押川春浪は次々と冒険小説を発表していきました。

東京専門学校卒業後の1904年(明治37年)、日露戦争が始まると雑誌『日露戦争写真画報』が刊行され、押川春浪は編集者として就職します。

同誌は戦後に『写真画報』に変わりますが、それと同時に押川春浪は編集長に抜擢されました。

そこで押川春浪は小説を掲載して人気を得ると、1908年(明治41年)に『冒険世界』を主筆して自分以外の多くの冒険小説を掲載し、ブームを作り出しました。

そしてこの『冒険世界』では元々、大好きだった野球などスポーツについても取り上げていきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

天狗倶楽部

その後、押川春浪はスポーツ社交団体「天狗倶楽部」を結成し、仲間を集めて野球のみならず、相撲、テニスなどもあらゆるスポーツを楽しみました。

また、総合グランドの必要性にも着目し、「天狗倶楽部」のNO.2である中沢臨川と共に羽田運動場建設にも関わっていきます。

さらに押川春浪は司法大臣・尾崎行雄を会長とする「日本運動倶楽部」も設立し、様々な競技会を開催していきました。

 

そして1911年(明治44年)、大日本体育協会と共催でストックホルムオリンピックの予選大会を開催。

東京高等師範学校の金栗四三と「天狗倶楽部」のメンバーの三島弥彦を日本初のオリンピック選手として送り出しました。

 

同年、新渡戸稲造らによる「野球害毒論」が起こると、押川春浪は反論を掲載し演説会を開くなど徹底的に反発します。

しかし、押川春浪は『冒険世界』での反論掲載を巡って出版社上層部と対立し、退社となってしまいました。

 

1912年(大正元年)、『武侠世界』を発刊した押川春浪は『冒険世界』のメンバーを引き抜いて売上を伸ばします。

この『武侠世界』では「天狗倶楽部」関係の記事も多く掲載されました。

しかし、1914年(大正3年)、押川春浪は長年の暴飲がたたってか、脳膜炎によって自宅で急死してしまいました。享年39。

そしてリーダーを失った「天狗倶楽部」は、主要メンバーが相次いで抜けて自然消滅となっていきます。

 

出典:https://twitter.com/

天狗倶楽部とは?|いだてん|TNGを胸に野球をする熱いエリートの男臭い私的スポーツ団体
大河ドラマ「いだてん」 天狗倶楽部(TNG)とは? 『テング、テング、テンテング、テテンノグー!奮え、奮え、天狗』 これは胸に「TNG」の文字をつけ「天狗倶楽部」と呼

 

スポンサーリンク

 

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

 

スポンサーリンク

 

-いだてん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラザロ選手|いだてん|実在したラザロの死因とは?金栗四三と共に語り継がれる悲劇のランナー

大河ドラマ「いだてん」 フランシスコ・ラザロ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で日本初のオリンピック選手としてストックホルム・オリンピックのマラソンに出場する主人公・金栗四 …

いだてん|アニー(大森安仁子)大河ドラマでシャーロットが演じる大森兵蔵を愛した純愛と社会福祉の女傑

大河ドラマいだてん ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で大森兵蔵(おおもりひょうぞう)の妻として登場するのがシャーロット・ケイト・フォックスが演じる『 …

いだてん三島弥彦の三島家まとめ(和歌子・弥太郎・シマ)大河ドラマに登場する三島家の記事を紹介

大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ この記事では、大河ドラマ「いだてん」に登場する三島弥彦の家族(三島和歌子、三島弥太郎、シマ)について史実をもとに紹介した記事を一覧にしています。 ここに …

いだてん|播磨屋・黒坂辛作とは?大河ドラマでピエール瀧から三宅弘城に交代!「金栗足袋」と「カナグリ・シューズ」の生みの親

大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三(かなくりしそう)の足元を支えていくのがピエール瀧が演じる播磨屋の『黒坂辛 …

いだてん天狗倶楽部裏話|金栗四三の世界記録更新の疑惑を解明!犯人は誰?不正を徹底追及!

大河ドラマ「いだてん」 金栗四三の世界記録更新の秘密 大河ドラマ「いだてん」の初回と第5回において主人公である金栗四三がマラソンの世界記録を更新する場面が描かれていますが、この世界記録更新には疑惑とい …

スポンサーリンク