いだてん|美川秀信(みかわひでのぶ)とは?大河ドラマで勝地涼が演じる金栗四三の親友

      2019/01/06

大河ドラマいだてん
~東京オリムピック噺~

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三(かなくりしそう)の親友として登場するのが勝地涼が演じる『美川秀信(みかわひでのぶ)』。

熊本の田舎町から上京した金栗四三にとって、同郷の美川秀信との友情は心の支えになっていたのかもしれません。

そして、この美川秀信と一緒に登った富士山登頂チャレンジが、金栗四三の「マラソンランナー」としてのきっかけを作ったとされています。

大河ドラマいだてんでは、勝地涼が「いかにも優等生」というような風貌で登場してきますが、あっという間に退場することになりそうなので序盤は目を離さないようにしないとね。前田敦子さん。

 

では、簡単ではありますが『美川秀信』について紹介していきます。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

金栗四三の親友となった美川秀信

美川秀信は、金栗四三の通う熊本県の玉名中学校の同級生。

教員育成の学校であった東京高等師範学校には熊本から4人の合格者を出しましたが、その内2人が美川秀信と金栗四三でした。

東京高等師範学校入学後、友情を育んだ2人は帰郷する際に富士山に寄り、登頂を計画します。

準備不十分のために登頂は途中で断念してしまいますが、金栗四三だけは登頂を諦めらめきれず、いずれ再挑戦することを誓いました。

 

東京高等師範学での美川秀信は「教員が大嫌い」と言い、勉強をしなかったので成績はガタ落ち。

2年生に上がる時、美川秀信は退学してしまいます。

金栗四三は親友・美川秀信の退学を嘆き、力になれなかったことを悔やんだといいます。

 

その後、金栗四三は一人で富士山登頂に挑んで成功。

このときの苦しさがマラソンに似ていると思った金栗四三は、後の富士山での高地トレーニングへと結びついていきました。

 

出典:https://mg.runtrip.jp/

スポンサーリンク

 

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

 - いだてん関連