いだてん「走れ大地を」歌詞:斎藤龍くんのロサンゼルス・オリンピック応援歌を紹介!

   

大河ドラマ「いだてん」
応援歌「走れ大地を」

大河ドラマ「いだてん」の第28話、田畑政治(阿部サダヲ)はロサンゼルス・オリンピックの前哨戦として世界王者のアメリカ水泳チームを日本に招きます。

日米水泳対抗戦には策士と呼ばれた田畑政治の二つの狙いがあり、それはアメリカをアウェーである日本に招き、地の利を生かしてロサンゼルス・オリンピック前に自信喪失にさせつつ、興行として生のレースを国民に見せてスポーツへの関心を煽るというものでした。

この田畑政治の策は見事に当たり、アメリカをコテンパンにした日本水泳の盛り上がりは次第に日本国民へのスポーツ熱を高めていき、やがてロサンゼルス・オリンピック開幕を前に最高潮に達します。

そして公募されたオリンピック応援歌にはなんと4万8千通の応募が殺到し、その中から東京の中学生・斎藤龍くんの作品「走れ大地を」が選ばれました。

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

この斎藤龍くんの「走れ大地を」は、ロサンゼルス・オリンピック本番で田畑政治率いる日本水泳チームの大躍進を後押したことで日本国民の脳裏に深く刻まれ、名曲として語り継がれていくようになっていくのです。

下に映像を貼っておきますので、大河ドラマ「いだてん」を見ている皆さんは是非この「走れ大地を」を聞いてみて下さい。

 

歌詞はコチラ→「走れ大地を」の歌詞

 

ちなみに大河ドラマ「いだてん」で斎藤工さんが演じる水泳選手・高石勝男はロサンゼルス・オリンピックの時、キャプテンながら出場機会に恵まれませんでしたが、その後も日本水泳界に貢献し、葬儀では「走れ大地を」が演奏されてド派手に見送られています。出場できなかったオリンピックでの応援歌を贈ったのは、高石勝男の悔しさをくんだ関係者の気配りだったんでしょうね。

いだてん|高石勝男(斎藤工)の生涯とその後のド派手な葬儀についてご紹介!誰からも愛されたノンプレイングキャプテン
大河ドラマ「いだてん」 高石勝男(斉藤工) 大河ドラマ「いだてん」で斎藤工が演じるのが、日本水泳の第一人者だった高石勝男という人物。 登場当初、高石勝男は田畑政治から

 

スポンサーリンク

 

国際オリンピック派遣選手応援歌「走れ大地を」

作詞:斎藤龍  /  作・編曲:山田耕筰

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

 - いだてん関連