いだてん関連

いだてん|清さん(せいさん)大河ドラマで峯田和伸が演じる四三と孝蔵を結び付ける人力車夫

投稿日:2018年12月24日 更新日:

大河ドラマ【いだてん】
~東京オリムピック噺~

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」では、金栗四三の話だけでなく、落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の若かりし日の姿・美濃部孝蔵(森山未來)の物語も多く描かれます。

その美濃部孝蔵の物語のキーパーソンとなっているのが峯田和伸が演じる浅草の人力車夫『清さん(せいさん)』。

『清さん』は実在の人物ではなく、架空の人物なのですが、大河ドラマの脚本を担当する宮藤官九郎は、古今亭志ん生の自伝で出てくる面白エピソードを集約して『清さん』を作ったと言っており、「お笑い」も担当する重要なキャラクターとなっています。

この記事では、大河ドラマ「いだてん」で一番人気が出そうな人物『清さん』について紹介していきます。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

清さん(せいさん)

清さんは大河ドラマ「いだてん」での設定上、

1.孝蔵とは腐れ縁で兄貴分として何かと面倒を見る。

2.人力車夫として東京中を走りまわって人と人を結ぶキーパーソン

と、なっています。

 

清さんは、東京高等師範学校に合格した金栗四三と美川秀信が上京した際、遊女の小梅と共に声をかけて初登場。

清さんは走ることには自信があるらしく、その後の「全国学生大競争会」では学生ランナーに紛れ込んで参加しています。

しかし、清さんは係員に引きずり出されてマラソン終了。

それをたまたま見ていた金栗四三は「みんなどこかに向かっているのか?」と首をかしげていると、清さんは「これはマラソンだ」と教え、金栗四三とマラソンの出会いの瞬間を演出しました。

 

そして約1年半後、練習を積んできた金栗四三が羽田で開かれたオリンピック予選会に参加。

またしても清さんは早稲田大学の学生に紛れて出場しますが、雨の中で行われたレースで薄着だった清さんは早々に脱落してしまいます。

しかし、そのあとも清さんは皆の激走を見届け、足袋が脱げそうな金栗四三に忠告するなどしています。

 

この予選会の日、清さんは人力車の仕事を美濃部孝蔵(のちの古今亭志ん生)に代わってもらっていました。

浅草に帰った清さんは、羽田土産を渡して仕事に戻ろうとしますが、孝蔵が「人力車は返すわけにはいかない」と言ってきます。

理由を聞くと、憧れの落語家・橘家円喬を乗せた時に弟子入りを志願し、「明日も頼むよ」と言われていたからでした。

孝蔵は円喬から「三遊亭朝太」の名前をもらうまで、半年ほど人力車夫として働いているので、その間は清さんは無職だったってことかな?

やがて清さんは播磨屋でオリンピック代表に選ばれた金栗四三と再会し、ストックホルムに似た石畳がある練習コースを教えてあげます。

人力車夫として東京中を走りまわっていた清さんだからこそのアドバイスでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

その後、清さんは落語家として初舞台に上がろうとする孝蔵に新しい着物と足袋をプレゼント。

「芸はしらねえぇが、せめて身なりぐれえはビシッとしてもらいてえからよ」

清さんが兄貴分としての存在感を示す場面となりますが、ここで孝蔵は予想もしなかったことをしでかします。

それは清さんからもらった着物を質に入れ、酒を飲んで酔っ払って高座(舞台)に上がったこと。

とんでもないクズ野郎です。

清さんも晴れ姿を見ようと寄席に来ていましたが、ロレツの回らない孝蔵の姿に呆れ顔。

しかし、清さんはそんな孝蔵に対して絶妙のタイミングでツッコミを入れ、客席は大爆笑となりました。

そんなことがあっても孝蔵を見捨てず、やがて修行のために東京を離れる孝蔵を、人力車に小梅を乗せて見送りに行く優しい清さん。

もはや、兄貴分というより保護者と言っても過言ではありません。

一方、オリンピックで惨敗し、雪辱を果たすため練習を行っていた金栗四三は、ベルリン・オリンピックの中止が決まってしまい引きこもり状態に。

そんな中、清さんは部屋に乗り込んで「元気出せよ!いだてん!気晴らしに走ろうぜ!」と声をかけ、金栗四三のことも心配しています。

 

その後、ヤクザ・徳重に囲われていた小梅は美川秀信と共に逃亡。

小梅は美川秀信をかばって不倫相手を孝蔵だと言ってしまい、そこに孝蔵が修行の旅から帰ってきたために大騒動に発展します。

このため、清さんは徳重と話をつけようと奔走。

体を張って孝蔵を逃がすなど、清さんは男気溢れる姿も見せてくれます。

 

このあと、清さんがどのように物語に絡んでくるのかは分かりませんが、この時点で金栗四三と美濃部孝蔵の二人の物語に関わっているのは清さんと小梅ぐらい。

人物設定にある「人力車夫として東京中を走りまわって人と人を結ぶキーパーソン」として、清さんは四三と孝蔵を結び付けていくのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

-いだてん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いだてん|副島道正(塚本晋也)東京オリンピック招致の立役者はやがて返上のキーマンに?日本人4人目のIOC委員・副島道正とは

大河ドラマ「いだてん」 副島道正 大河ドラマ「いだてん」で塚本晋也が演じるのが、岸清一の遺志を継いで日本人4人目のIOC委員となる副島道正。 明治時代に外務卿として活躍した副島種臣の息子であり、国際感 …

いだてん神回|感動の復興運動会!韋駄天とは?泣いて走って笑って金栗編、感動の最終回24話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第24話「種まく人」おさらい 関連記事 いだてん第24話あらすじネタバレ|神回!感動!シマの思い、清さんの思い、治五郎の思い、四三の思いに号泣必至!【金栗四三編最終回】 大河ド …

いだてん押川春浪|武井壮が大河ドラマで演じる天狗倶楽部のリーダーは冒険小説の先駆者

大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で登場する武井壮が演じる「天狗倶楽部」のリーダー『押川春浪(おしかわしゅんろう)』。 異様な …

いだてん|人見絹枝のその後と死因|ご幸福?24歳で亡くなる人見絹江と有森裕子の「8月2日」感動の物語

大河ドラマ「いだてん」 人見絹枝のその後と死因 1928年、アムステルダムオリンピックに日本女子選手として初出場した人見絹枝は、800m走決勝で2着となり日本人女性初のオリンピックメダリストとなりまし …

自転車節の歌詞|いだてんで綾瀬はるかが歌うカワイイ熊本自転車節の歌詞とその背景をご紹介!

大河ドラマ「いだてん」 熊本自転車節 大河ドラマ「いだてん」で主人公の金栗四三の幼馴染として登場し、のちに妻となる春野スヤ。 綾瀬はるかさんが演じる春野スヤには序盤からホッコリさせられますが、そのホッ …

スポンサーリンク