いだてん|ヤジ将軍・吉岡信敬とは?大河ドラマで満島真之介が演じる天狗倶楽部の中心人物

      2019/01/09

大河ドラマ【いだてん】
~東京オリムピック噺~

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で登場する押川春浪(武井壮)が率いる「天狗倶楽部」の中でひときわ目立っている人物がいます。

長髪に長いヒゲ、そして大きな声。彼こそ満島真之助が演じる『吉岡信敬(よしおかしんけい・よしおかのぶよし)』。

主人公の金栗四三と相反するような外見を持つ『吉岡信敬』は脇役とは思えない強烈なキャラで物語を盛り上げていきます。

さらに、この『吉岡信敬』は史実においても「ヤジ将軍」と呼ばれるほど個性的な人物でした。

長い日本の歴史上でも、ここまで「口だけ」で名を残した人物もなかなか少ないと思います。

 

では、簡単ではありますが天狗倶楽部の中核メンバー、『ヤジ将軍・吉岡信敬』の生涯について紹介していきます。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

 

ヤジ将軍・吉岡信敬

吉岡信敬は明治18年(1885年)に元長州藩士・吉岡湖一郎の三男として生まれました。

父が早世したため吉岡家は恵まれた家庭ではなかったようで、吉岡信敬の幼少期については一切分かっていませんが、小学生の頃にはすでに東京の小石川に住んでいました。

この頃、小石川少年グループは隣町グループと対立しており、吉岡信敬は相手をバカにして罠まで誘い込む役目を任されていました。

さんざんにヤジる吉岡信敬に怒った相手が追いかけてくると、待ち受けていた味方が一斉に投石して撃退。

こうしてヤジ将軍・吉岡信敬の基礎は作られていきました。

 

明治31年(1898年)、早稲田中学校に入学した吉岡信敬は野球部に入部しましたが、野球センスがなく、ヤジることに目覚めてしまいます。

早稲田中学の試合だけでなく、早稲田大学の試合にまで出かけてヤジを飛ばした吉岡信敬は、中学4年生の頃にはボロボロの制服を着て髭を生やし、すでに有名人となっていました。

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

 

明治38年(1905年)、早稲田大学と慶應義塾大学の野球部対校戦「早慶戦」が3試合制となりました。

1試合目、早稲田は敗れたため、早稲田大学の寄宿生たちは2試合目から応援に行くことを約束します。

この時、野球部長の安部磯雄は学校旗を振るようお願いしましたが、誰も旗の振り方が分からなかったため、野球部と親しかった教え子の吉岡信敬にお願いすることになりました。

こうして早稲田大学に日本初の応援隊(のちの早稲田大学応援部)が発足。

予科生ながら吉岡信敬は大学生を差し置いて応援隊長に就任し、試合ではヤジを飛ばしまくって「虎鬚彌次将軍(とらひげやじしょうぐん)」とあだ名されるようになりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ヤジ将軍・吉岡信敬が全国区へ

昭和39年(1964年)、「早慶戦」は1勝1敗で3回戦を迎え、両校の応援合戦はヒートアップしていました。

1回戦から観客席の陣取りで揉めていた応援団は、3回戦での場所について数日前から話し合いを行います。

ここで吉岡信敬は慶應義塾大学の応援隊に対し、「応援隊の指揮官が6頭の馬に乗り、剣を携えて、1万人の応援隊で慶應義塾のグラウンドに乗り込む!」と威嚇しました。

すると、慶應義塾大学の応援隊も「前日からバリケードを張って、寝ずの番で阻止してやる!」と言い返します。

揉めに揉めた話し合いは、両校の学長が事態の収拾に乗り出すところまで発展し、結果的に「早慶戦」の3回戦は中止となってしまいました。

当初は試合の延期ぐらいで済むと思われていたが、慶應義塾大学は早稲田大学との全てのスポーツ交流を禁止して長期化。

その後、野球の「早慶戦」は19年間も開催されることはありませんでした。

 

一方、吉岡信敬は『馬に乗って剣を抜いて応援に駆けつけた』という大げさな噂が流れ、全国の学生に「ヤジ将軍・吉岡信敬」の名前が広まっていきました。

このため、雑誌の人気投票「痛快男子十傑」の「一般学生の部」で吉岡信敬は1位となり、運動選手でもないのにスポーツ誌の人気投票「運動家十傑」でもランクイン。

また、吉岡信敬は「ヤジ将軍」と呼ばれていたことから、軍人の乃木希典将軍・葦原金次郎将軍とともに明治の3代将軍に数えられました。

 

出典:https://thetv.jp/

スポンサーリンク

 

 

 

天狗倶楽部とその後の吉岡信敬

昭和40年(1965年)、日本初の有料の野球試合が行われた際、吉岡信敬は「有料」ということに反対の立場だったので試合には行こうとはしませんでした。

しかし、吉岡信敬は仲間の窪田空穂と話している内に、じっとしていられなくなってグラウンドへ向かいます。

すると、グラウンドでは3000人の観客が好き勝手に座っていました。

いつも場内整理をしている吉岡信敬はこれを許すことが出来ず、観客席の前にバットと持って立ち、場外へ出ることを指示します。

これを見ていた窪田空穂は、いくら吉岡信敬とはいえ、金を払った客が場外に出るはずがないと思っていました。

しかし、客はゾロゾロと場外に出て、吉岡信敬の指示で再び入場。

観客たちは入場料金別にキチンと座り直して、そのまま試合を観戦しました。

 

明治42年(1909年)、押川春浪と早稲田大学の学生を中心にスポーツ団体「天狗倶楽部」が発足し、吉岡信敬も参加します。

吉岡信敬は風貌から強そうに見えますが、喧嘩や運動は得意ではなく、いわゆる口だけの男でした。

ある日、「天狗倶楽部」は相撲の対抗戦で勝つために、吉岡信敬を引っ込めて代役に三島弥彦を呼びます。

こののち三島弥彦も「天狗倶楽部」に参加し、ストックホルムオリンピック出発の際は、吉岡信敬が「天狗倶楽部」を代表して花束を贈りました。

 

その後、吉岡信敬は早稲田大学を中退し、読売新聞に入りました。

「天狗倶楽部」の方は押川春浪の急死後に、吉岡信敬ら主要メンバーが抜けて自然消滅していきます。

やがて読売新聞も辞めた吉岡信敬は出版社に勤めたといわれますが、昭和15年(1940年)に55歳で死去するまでの人生の詳細は分かっていません。

 

出典:https://twitter.com/

天狗倶楽部とは?|いだてん|TNGを胸に野球をする熱いエリートの男臭い私的スポーツ団体
大河ドラマ「いだてん」 天狗倶楽部(TNG)とは? 『テング、テング、テンテング、テテンノグー!奮え、奮え、天狗』 これは胸に「TNG」の文字をつけ「天狗倶楽部」と呼

 

スポンサーリンク

 

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事


 

スポンサーリンク

 

 - いだてん関連