いだてん35話あらすじネタバレ関連記事「増野りく、小松勝、孫基禎、南昇竜」についての記事で35話を深く知ろう!

   

大河ドラマ「いだてん」第35
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ「いだてん」を楽しんでもらうため、いだてん第35話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

いだてんの予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

35話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

いだてん第35話あらすじネタバレ|東京オリンピック決定とハリマヤの金メダル!差別のベルリン・オリンピック
大河ドラマ「いだてん」 第35話「民族の祭典」あらすじネタバレ ここでは、平成31年~令和元年大河ドラマ「いだてん」第35話「民族の祭典」のあらすじ・ネタバレについて書

スポンサーリンク

 

増野りく」と「シマ

大河ドラマ「いだてん」の第35話では、金栗四三が現実化してきた東京オリンピック準備へ協力するため恩師・嘉納治五郎の要請に応えて久しぶりに上京します。

東京はかつて四三が知っていた東京ではなく、町は大きく様変わりし、関東大震災からの復興を果たしていました。

悲惨な災害から立ち直った東京に想いを馳せる四三。そして、このあと昔お世話になっていたハリマヤに顔を出した時に思わぬ顔を見つけます。

それが関東大震災で行方不明となっていた「シマ(増野シマ)」。

無事だったことに歓喜の声を上げる四三でしたが、実際は「シマ」本人ではなく、成長したシマの娘「増野りく」。

下の記事では、マラソンで時間の流れまで忘れちまったのか?とツッコミたくなる四三の勘違いを引き起こした「増野りく」と「シマ」についての関連記事を紹介しています。

いだてん|シマ生きてた?増野りく役で杉咲花が再登場!小松勝と結婚し五りんの母となるシマにうりふたつの「りくちゃん」
大河ドラマ「いだてん」 増野りく(杉咲花) 大河ドラマ「いだてん」で、関東大震災によって行方不明になってしまった増野シマ(杉咲花)。 その忘れ形見である娘「りくちゃん
いだてん|シマ(杉咲花)は実在の人物?三島家の女中・シマはその後女子スポーツ発展の先駆けに?
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三はオリンピック出場を決めたあと、杉咲花が演
いだてん|シマは関東大震災で死ぬの?行方不明のシマ(杉咲花)の残酷な運命のネタバレ!
大河ドラマ【いだてん】 シマが関東大震災で死ぬの? 大河ドラマ「いだてん」で、金栗四三が勤務する第二高女(通称:竹早)で共に教鞭をとっているシマちゃん先生(杉咲花)

 

五りんの父「小松勝

大河ドラマ「いだてん」の第35話で上京した金栗四三は、自分を慕いマラソンでオリンピック出場を目指している弟子の「小松勝」も連れてきていました。

金栗四三にとっては懐かしい人々と再会がありましたが、この「小松勝」には運命の出会いが待っています。

その相手が関東大震災で行方不明となっていたシマの娘・増野りく。

下の記事では、やがて五りんの父親となる「小松勝」について紹介しています。

五りんの父親は小松勝!母はシマの娘・りく?ネタバレ・判明した五りんの父親・小松勝は金栗四三の愛弟子だった!
大河ドラマ「いだてん」 五りんの父親・小松勝 大河ドラマ「いだてん」の最初からずーと引っ張ってきた神木隆之介が演じる「五りん」の父親の謎。 金栗四三編が終盤に近づ

 

スポンサーリンク

 

ハリマヤの主人「黒坂辛作

大河ドラマ「いだてん」の第35話、再上京した金栗四三は元々下宿先であったハリマヤ(播磨屋)を訪れると、そこはかつてあった町の足袋屋ではなく、工場を持つ立派な企業へと成長していました。

下の記事では、オリンピックに出場した四三が履いた「金栗シューズ」を売りに商売を広げていったハリマヤの店主「黒坂辛作」について紹介しています。

いだてん|播磨屋・黒坂辛作とは?大河ドラマでピエール瀧から三宅弘城に交代!「金栗足袋」と「カナグリ・シューズ」の生みの親
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三(かなくりしそう)の足元を支えていくのがピ

 

独裁者「ヒトラー

大河ドラマ「いだてん」の第35話で開幕するベルリン・オリンピックはかつて開催を危ぶまれていたことがありました。

当初、ドイツの独裁者「ヒトラー」はオリンピックを『ユダヤの茶番劇』と罵り、不要論を唱えていたからです。

しかし「ヒトラー」はその後に態度を急変させ、ベルリンオリンピックをナチス・ドイツの威信を示す格好の舞台として利用し、総力を挙げて取り組みました。

下の記事では、オリンピック期間中はユダヤ人の迫害を緩和し、国際社会にアピールした第二次世界大戦最大の悪役「ヒトラー」の生涯について紹介しています。

いだてん|ヒトラー|前畑秀子とゲネンゲルの戦いに姿を現すナチス・ドイツのフューラー(国家元首)の生涯とは
大河ドラマ「いだてん」 ヒトラー 大河ドラマ「いだてん」では、白黒の本人映像で紹介されているドイツのヒトラー。 嘉納治五郎、田畑政治が東京オリンピック開催を勝ち取った

 

アジア初のマラソンメダリスト「孫基禎南昇竜

大河ドラマ「いだてん」の第35話、開幕したベルリンオリンピックのラジオ実況を黒坂辛作のハリマヤで聞いていた金栗四三と小松勝は、マラソン競技が放送されると大熱狂することになります。

理由は日本選手としてマラソンに出場した「孫基禎」が優勝して金メダルを獲り、さらに同時に出場していた「南昇竜」も銅メダルを獲得したから。

しかし、この二人は4年前に併合された朝鮮半島出身の選手たち。

『君が代』が流れ、『日の丸』がはためく表彰台で「孫基禎」と「南昇竜」は何を思ったのか。

戦後最悪となった日韓関係を「孫基禎」と「南昇竜」はをあの世から何を思うのか。

下の記事では、アジア初のマラソンメダリストとなった「孫基禎」と「南昇竜」の生涯について紹介しています。

いだてん|孫基禎(そんきてい)|日韓関係に揺れるアジア初のマラソン金メダリスト!ハリマヤの足袋を履いた韓国のいだてんの生涯
大河ドラマ「いだてん」 孫基禎(そんきてい・ソンギジョン) ホワイト国除外、GSOMIA破棄など戦後最悪の日韓関係の中、大河ドラマ「いだてん」の第35話ではベルリン・オ
いだてん|南昇竜(なんしょうりゅう)|ハリマヤの足袋(金栗シューズ)を履いた韓国のいだてんの生涯
大河ドラマ「いだてん」 南昇竜(なんしょうりゅう・ナムスンニョン) 大河ドラマ「いだてん」の第35話で描かれるベルリン・オリンピックのマラソンで、孫基禎(そんきてい・ソ

 

スポンサーリンク

 

「いだてん」あらすじ

大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺

 

「いだてん」記事まとめ

2019大河ドラマ【いだてん】人物・キャスト・関連記事|金栗四三と田畑政治の物語を予習、復習して楽しもう!
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ この記事では、大河ドラマ「いだてん」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワードを

 

スポンサーリンク

 

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

 

スポンサーリンク

 - いだてん関連